第69回全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬-ノーヴァレンダ(2016.2.9)-

Result

ノーヴァレンダ 牡 黒鹿毛 2016.2.9生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・斉藤崇史厩舎

ノーヴァレンダ(2016.2.9)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
★ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレツトインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959.5.4
Consentida 1962.4.6
モンプティクール
芦毛 2003.5.31
仔受胎時活性値:1.00
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.00
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
ゲートドクール
鹿毛 1987.4.8
仔受胎時活性値:1.75
Lomond
鹿毛 1980.2.3
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer 1961.5.27
My Charmer 1969.3.25
Gay Apparel
黒鹿毛 1975.3.27
仔受胎時活性値:0.75
Up Spirits
鹿毛 1961.2.25
種付け時活性値:1.25
Brief Attire
鹿毛 1962.4.7
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4、Turn-to5×5>

ノーヴァレンダ(2016.2.9)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ダイワメジャー
(Halo系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
Lomond
(Northern Dancer系)
Up Spirits
(Turn-to系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ダイワメジャー4.50伯母リトルオードリー
(No. 4-r)
7番仔
(7連産目)

*

2018年の第69回全日本2歳優駿(JpnI。川崎・ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
112ノーヴァレンダ牡255北村友一1:42.840.0526
[-8]
斉藤崇史5
25デルマルーヴル牡255M.デムーロ1:42.8アタマ39.4493
[+2]
戸田博文2
311ガルヴィハーラ牡255C.ルメール1:43.11.1/240.1491
[-5]
萩原清1
42メイクハッピー牝254C.デムーロ1:43.7340.7471
[-5]
新開幸一4
513ウィンターフェル牡255森泰斗1:43.81/240.6513
[+7]
林和弘6

2018年の第69回全日本2歳優駿(JpnI)。道中先行2番手から4角では先頭。直線、同じ勝負服のガルヴィハーラ(2016.3.18)との内外の叩き合いを制すると、最後はデルマルーヴル(2016.3.19)との一騎打ち。決勝点、僅かに「アタマ」だけ先んじたのは、ノーヴァレンダ。その馬名意味「新しい伝説(ポルトガル語)。伝説になるような活躍を願って」の第一歩を果たした、ノーヴァレンダ。鞍上の北村友一騎手、管理される斉藤崇史調教師にもジーワン初勝利をプレゼントしました。また、ノーヴァレンダの父ダイワメジャーは、第70回朝日杯フューチュリティS(GI)を制したアドマイヤマーズ(2016.3.16)に続いて、2歳ジーワン勝ち馬を送り込みました。

では、以下にノーヴァレンダのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ゲートドクール 1987.4.8 2勝
|ココパシオン 1992.3.2 4勝 シェーヌ賞(仏GIII) ドルメロ賞(伊GIII)3着ほか
||セクシーココナッツ 2001.2.15 1勝
|||プレノタート 2009.3.2 3勝 フィリーズレビュー(GII)3着
|||ザラストロ 2010.2.14 2勝 新潟2歳S(GIII)
||ココナッツパンチ 2004.3.29 1勝 目黒記念(JpnII)2着 弥生賞(JpnII)2着
|リトルオードリー 1993.3.15 4歳牝馬特別(GII) 優駿牝馬(GI)3着ほか
|リュバンドール 1994.4.28 2勝
||バイモユリ 2001.4.16 1勝
|||ボンセルヴィーソ 2014.3.8 デイリー杯2歳S(GII)2着 ファルコンS(GIII)2着ほか
|モンプティクール 2003.5.31 3勝
||ブランシェクール 2013.2.19 4勝 レディスプレリュード(JpnII)2着 TCK女王盃(JpnIII)2着
||ノーヴァレンダ 2016.2.9 (本馬) 全日本2歳優駿(JpnI)

ノーヴァレンダの牝系は祖母ゲートドクールを日本の基礎繁殖とする4号族r分枝系。懐かしいのはノーヴァレンダの伯母リトルオードリー。その父グルームダンサー(1984.3.23)が満8歳時の0交配を受けた同馬は、4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)を勝ち、第57回優駿牝馬ではエアグルーヴ(1993.4.6)の3着でした。ノーヴァレンダの近親は2歳から3歳にかけての重賞での活躍が目立ちますが、ノーヴァレンダの全姉ブランシェクールは、5歳時の今年2018年にダートグレード競走で2着2回と、古馬になってからの成長も見せています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ノーヴァレンダの近親馬ココナッツパンチの目黒記念2着は、3歳時に出走した折の2着なんですよね。

マイシンザン
マイシンザン

デビュー4戦目、斤量51kgで走って、ポップロック(2001.3.19)とタイム差なしの2着、か。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

目黒記念は東京優駿(GI)の同日に行われる重賞として定着しましたが、ココナッツパンチと同い年の東京優駿勝ち馬と言えば、、、。

マイシンザン
マイシンザン

言わずと知れた、ウオッカ(2004.4.4)やね。