第69回”キング・ジョージ”(英GI)の勝ち馬-Enable(2014.2.12)+α-

Result

Enable(エネイブル) 牝 鹿毛 2014.2.12生 英国・Juddmonte Farms Ltd生産 馬主・K Abdullah 英国・John Gosden厩舎

Enable(2014.2.12)の4代血統表
Nathaniel
鹿毛 2008.4.24
種付け時活性値:1.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Magnificient Style
黒鹿毛 1993.3.21
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Mia Karina
黒鹿毛 1983.3.21
Icecapade 1969.4.4
Basin 1972.2.29
Concentric
鹿毛 2004.4.3
仔受胎時活性値:0.25
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Apogee
鹿毛 1990.2.8
仔受胎時活性値:1.25
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:1.50
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Bourbon Girl
鹿毛 1984.2.9
仔受胎時活性値:1.25
★イルドブルボン
黒鹿毛 1975.5.23
種付け時活性値:0.00
Fleet Girl
栗毛 1975.4.1
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Sadler’ Wells3×2>

Enable(2014.2.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Nathaniel
(Sadler’s Wells系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
★イルドブルボン
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sadler’s Wells
(Concentric)
4.75 従兄Flintshire
(No. 4-m)
5番仔?
(5連産目?)

*

2019年の第69回”キング・ジョージ”(英GI。アスコット芝11F211y)の結果(上位6頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 11Enable 牝5 59 Frankie Dettori 2:32.42 John Gosden 1
2 9 Crystal Ocean 牡5 60.3 James Doyle クビ Sir Michael Stoute 2
3 4Waldgeist 牡5 60.3 Pierre-Charles Boudot 1 3/4 A Fabre 5
4 5 Salouen 牡5 60.3 Jim Crowley 7 Sylvester Kirk 11
5 10 Hunting Horn 牡4 60.3 Seamie Heffernan クビ A P O’Brien 8
6 6シュヴァルグラン 牡7 60.3 Oisin Murphy 3 1/2 友道 康夫 7

2019年の第69回”キング・ジョージ”。11頭立てのレースを制したのは、2010年代後半を飾る女傑Enable。Enable自身2017年の第67回以来、Dahlia(1970.3.25)、Swain(1992.2.12)に続く史上3頭目の”キング・ジョージ”2勝目を遂げた訳ですが、Dahliaは1973年の第23回と1974年の第24回、Swainは1997年の第47回と1998年の第48回と「連年」による勝利でした。Enable、史上初の「隔年」によるキング・ジョージ2勝目は、同じ2014年生まれ世代のCrystal Ocean(2014.2.8)とのデッドヒートを「クビ」だけ制してのGI9勝目。そんなEnableのGI勝利を改めて確認すると、

2000m超級のレースばかりでGI9勝、恐るべしはEnable。さて、鞍上のランフランコ・デットーリ騎手は、1995年の第45回のラムタラ(1992.2.2)、1998年の第48回のSwain、1999年の第49回のDaylami(1994.4.20)、2004年の第54回のDoyen(2000.4.22)、2017年の第67回のEnableに続いて”キング・ジョージ”6勝目。そして、この2ヶ月間で欧州GI9勝という固め勝ち。恐るべしはフランキー。また管理されるジョン・ゴスデン調教師は2011年の第61回のNathaniel、2014年の第64回のTaghrooda(2011.1.27)、2017年の第67回のEnableに続く”キング・ジョージ”4勝目。それぞれに、サスガです。

*

本稿では、今回の”キング・ジョージ”により2年連続2着となった、今年2019年のプリンスオブウェールズS(英GI)勝ち馬も紹介しておきます。 

Crystal Ocean(クリスタルオーシャン) 牡 鹿毛 2014.2.8生 英国・Southcourt Stud生産 馬主・Sir Evelyn De Rothschild 英国・Sir Michael Stoute厩舎

Crystal Ocean(2014.2.8)の4代血統表
Sea The Stars
鹿毛 2006.4.6
種付け時活性値:1.75
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
Danzig 1977.2.12
Foreign Courier 1979.4.11
Park Appeal
黒鹿毛 1982.4.9
Ahonoora 1975.4.12
Balidaress 1973.4.22
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Crystal Star
栗毛 2000.3.29
仔受胎時活性値:1.25
Mark of Esteem
鹿毛 1993.3.26
種付け時活性値:1.50
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Homage
鹿毛 1989.4.4
Ajdal 1984.4.2
Home Love 1976.3.12
Crystal Cavern
栗毛 1992.2.10
仔受胎時活性値:1.75
Be My Guest
栗毛 1974.4.12
種付け時活性値:0.25
Northern Dancer 1961.5.27
What a Treat 1962.5.22
Krisalya
鹿毛 1986.2.28
仔受胎時活性値:1.25
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.25
Sassalya
鹿毛 1973
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4×5>

Crystal Ocean(2014.2.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Sea The Stars
(Danzig系)
Mark of Esteem
(Mill Reef系)
Be My Guest
(Northern Dancer系)
Kris
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sea The Stars 5.25 半兄が加GI勝ち馬
(No. 7-a)
7番仔?

*

2019年の第126回プリンスオブウェールズS(英GI。アスコット芝9F212y)の結果(上位6頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Crystal Ocean 牡5 57.2 Frankie Dettori 2:10.25 Sir Michael Stoute 2
2 1 Magical 牝4 55.8 Ryan Moore 1 1/4 A P O’Brien 1
3 8 Waldgeist 牡5 57.2 Pierre-Charles Boudot 3 1/4 A Fabre 3
4 7 Hunting Horn 牡4 57.2 Donnacha O’Brien 2 A P O’Brien 6
5 5Sea of Class 牝4 55.8 James Doyle 2 1/4 William Haggas 4
6 3ディアドラ 牝5 55.8 武 豊 4 1/2 橋田 満 7

2019年の第126回プリンスオブウェールズS。デットーリ騎手の2019年春季から夏季の欧州GI無双、其の弐。Crystal Oceanにとっては、英グループレース7勝目が、悲願のGI初制覇でした。このプリンスオブウェールズSの勝利により、Crystal Oceanは2019年のワールドベストホースランキングのトップとなるレーティング「127」を獲得しました。

*

閑話休題。恐るべき勝負強さを見せたEnable。果たして、前馬未到の「凱旋門賞3連覇」は成されるのでしょうか。Enable、2010年代後半を飾る女傑の進路に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。