第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬。

ソウルスターリング 牝 青鹿毛 2014.2.13生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 美浦・藤沢和雄厩舎

ソウルスターリング(2014.2.13)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:1.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
スタセリタ
鹿毛 2006.4.17
仔受胎時活性値:1.75
Monsun
黒鹿毛 1990.3.4
種付け時活性値:1.75
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976.5.17
Dschingis Khan 1961
Konigskronung 1965
Mosella
鹿毛 1985.3.25
Surumu 1974.2.26
Monasia 1979
Soignee
鹿毛 2002.3.3
仔受胎時活性値:0.75
Dashing Blade
鹿毛 1987.3.1
種付け時活性値:1.50
Elegant Air 1981.4.8
Sharp Castan 1977.4.23
Suivez
鹿毛 1990.1.20
仔受胎時活性値:0.75
Fioravanti
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.50
Sea Symphony
鹿毛 1980.2.14
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

ソウルスターリング(2014.2.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Sadler’s Wells系)
Monsun
(Blandford系)
Dashing Blade
(Mill Reef系)
Fioravanti
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Monsun 3.50 母がGI6勝の名牝
(No.16-c)
2番仔
(2連産目)

*

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2ソウルスターリング 牝2 54 C.ルメール 1:34.0   34.8 472
[-8]
藤沢和雄 1
2 18リスグラシュー 牝2 54 戸崎圭太 1:34.2 1 1/4 34.5 434
[+6]
矢作芳人 2
3 4レーヌミノル 牝2 54 蛯名正義 1:34.5 1 3/4 35.2 462
[-4]
本田優 3
4 1ディーパワンサ 牝2 54 A.シュタルケ 1:34.8 2 35.3 432
[0]
松下武士 5
5 17ヴゼットジョリー 牝2 54 和田竜二 1:34.9 1/2 35.2 460
[-10]
中内田充正 6

2016年の第68回阪神ジュベナイルフィリーズを制したのは、1番人気のソウルスターリングとクリストフ・ルメール騎手。1枠2番から好発を決めると、道中は内枠を利してじっと3~4番手で我慢。直線を向いても追い出しを我慢してから抜け出しに掛かると、後はおいでおいでの楽勝。出負けしたものの豪脚を発揮して追い込んで来たリスグラシュー(2014.1.18)と戸崎圭太騎手に、決勝点では1と4分の1馬身差を着けていました。

ソウルスターリング、新馬、アイビーS(OP)、そして阪神ジュベナイルフィリーズと3戦3勝。普通の年ならば間違いなくJRA賞最優秀2歳牝馬ですが、来週、もう1頭のFrankel牝駒が男馬に挑みますので、その結果によっては……、ですね^_^;

ソウルスターリングの鞍上であるクリストフ・ルメール騎手は、昨年2015年のメジャーエンブレム(2013.3.26)に続いての連覇達成。またソウルスターリングの母スタセリタでも仏オークス(GI)、ヴェルメイユ賞(仏GI)、サンタラリ賞(仏GI)とGI3勝を挙げており、母仔2代でGI勝ちを収められたという結果でした。

*

さて、ソウルスターリングの最優性先祖である母父Monsunは現役時代に12勝を挙げ、その主な勝ち鞍にオイロパ賞(独GI)2回、アラルポカル(独GI)、ゲルリンク賞(独GII)2回、ハンザ賞(独GII)、ヘルティー大賞(独GII)、シュタイゲンベルガーホテル賞(独GIII)と重賞7勝があり、独ダービー(GI)では日本でもおなじみのランド(1990.1.23)の2着でした。なお、Monsunとランドは、共に独国の大調教師ハインツ・イエンチ師の管理馬でした。

競走馬としても活躍したMonsunでしたが、真価が発揮されたのは、種牡馬となってからでした。その主な代表産駒には

  1. Shirocco(2001.4.10)
    →ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、コロネーションC(英GI)、独ダービー、ジョッキークラブ大賞(伊GI)ほか
  2. スタセリタ(2006.4.17)
    →仏オークス、ヴェルメイユ賞、サンタラリ賞、ビヴァリーD.S(米GI)、フラワーボウルS(米GI)、ジャンロマネ賞(仏GI)ほか。上述のとおり、ソウルスターリングの母
  3. ノヴェリスト(2009.3.10)
    →”キング・ジョージ”(英GI)、サンクルー大賞(仏GI)、バーデン大賞(独GI)、ジョッキークラブ大賞ほか。”キング・ジョージ”はアスコット芝12ハロンを2分24秒60の大レコード勝ち。輸入種牡馬で産駒は2017年デビュー
  4. Manduro(2002.3.9)
    →プリンスオブウェールズS(英GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、イスパーン賞(仏GI)ほか
  5. Maxios(2008.4.5)
    →ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、イスパーン賞ほか
  6. Estimate(2009.4.4)
    →アスコットゴールドC(英GI)ほか。エリザベス女王の持ち馬として知られています
  7. Samum(1997.3.21)
    →独ダービー、バーデン大賞(独GI)ほか
  8. Salve Regina(1999.3.1)
    →独オークス(GI)、独ダービー2着ほか。Samumの全妹
  9. Schiaparelli(2003.3.25)
    →独ダービー、オイロパ賞、ジョッキークラブ大賞2回、ドイツ賞(独GI)ほか。Samum&Salve Reginaの全弟
  10. Fiorente(2008.2.26)
    →メルボルンC(豪GI)-2013年-、オーストラリアンC(豪GI)、メルボルンC2着-2012年-ほか。母父ピルサドスキー(1992.4.23)
  11. Protectionist(2010.3.21)
    →メルボルンC-2014年-、ベルリン大賞(独GI)ほか
  12. Almandin(2010.3.27)
    →メルボルンC-2016年-ほか

等を始めとして数多の活躍馬を送り込んでいます。↑のリストで示した最後の3頭、Fiorente、Protectionist、Almandinに見られるように、近年は「メルボルンC御用達血統」の感もあり、2012年から今年2016年までの5年間は、父か母父にMonsunを持つ馬が連対しています。↑のリストに現れない2015年の連対馬は、父グレイトジャーニー(2001.5.10)で話題になった仏国産馬Max Dynamite(2010.4.23)で、母父がMonsunでした。

ソウルスターリング。母父Monsun、祖母父Dashing Bladeとなると、独国色の強い母方の血統です。ボトムラインもそのまま独国色が強く、独国牝系の特徴である「馬名の頭文字のアルファベットが同じになる」ということでは、Schwarze Kutte(1920)からソウルスターリング(Soul Stirring)まで、12代続けて馬名の頭文字「S」で始まっています。スタセリタまで続けられたSラインを崩さず、ソウルスターリングに継承された。社台レースホースさん、このあたり、サスガの見識です。

*

青鹿毛の流星は目元涼やか、落ち着き払ったその物腰は、サスガに「良家の令嬢」と思わされます。

いずれ激突するであろう、もう1頭のFrankel牝駒との戦いも、今から楽しみ。

ソウルスターリング、その馬名意味のとおり「魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して」、来年を待ちたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。