第68回朝日杯フューチュリティS(GI)の勝ち馬。

サトノアレス 牡 黒鹿毛 2014.2.25生 千歳・社台ファーム生産 馬主・里見治氏 美浦・藤沢和雄厩舎

サトノアレス(2014.2.25)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
サトノアマゾネス
鹿毛 2004.3.15
仔受胎時活性値:0.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:0.25
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Prawn Cocktail
鹿毛 1992.6.25
仔受胎時活性値:0.75
Artichoke
鹿毛 1981.3.17
種付け時活性値:0.50
Jacinto 1962
Ivory Tower 1960.4.29
Crimson Saint
栗毛 1969.3.15
仔受胎時活性値:1.50
Crimson Satan
栗毛 1959.5.4
種付け時活性値:0.25
Bolero Rose
栗毛 1958.3.18
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Natalma(♀)5×5(母方)>

サトノアレス(2014.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
デインヒル
(Danzig系)
Artichoke
(Bold Ruler系)
Crimson Satan
(Black Toney系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ディープインパクト 3.00 大伯父ロイヤルアカデミー
(No.8-c)
3番仔
(不受胎+流産後)

*

第68回朝日杯フューチュリティステークス(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 17サトノアレス 牡2 55 四位洋文 1:35.4    34.1 500
[+4]
藤沢和雄 6
2 10モンドキャンノ 牡2 55 M.バルザローナ 1:35.5 1/2 34.0 472
[0]
安田隆行 7
3 4ボンセルヴィーソ 牡2 55 松山弘平 1:35.8 2 35.2 462
[-6]
池添学 12
4 13ミスエルテ 牝2 54 川田将雅 1:35.8 アタマ 34.7 454
[-4]
池江泰寿 1
5 18トラスト 牡2 55 柴田大知 1:36.1 2 35.4 466
[-2]
中村均 8

2016年の第68回朝日杯フューチュリティS。終わってみれば、前週のソウルスターリング(2014.2.13)に続いて、2週連続で藤沢和雄厩舎の所属馬が阪神芝1600mの2歳GIを勝利しました。サトノアレス、阪神芝マイル戦では不利とされる外枠もなんのその、4角から抜け出して来る時の脚が際立っていました。最後、京王杯2歳S(GII)の勝ち馬モンドキャンノ(2014.2.8)が鋭く追い込んで来ましたが、決勝点ではしっかり2分の1馬身差を着けていました。

名伯楽・藤沢和雄調教師はJRAGI通算24勝となり、グレード制導入後のGI勝利数において、調教師として単独首位。鞍上の四位洋文騎手はモンドキャンノの父キンシャサノキセキ(2003.9.24)による、2010年の高松宮記念(GI)以来6年ぶりのJRAGI勝利でした。そしてまた、里見治オーナー。サトノダイヤモンド(2013.1.30)の菊花賞(GI)勝ちで憑き物が落ちたのか、サトノクラウン(2012.3.10)の香港ヴァーズ、そしてサトノアレスの朝日杯フューチュリティSと、今秋GI3勝目。勢いがあるところには逆らわないのが勝負事ならば、来週も、ですね^_^;

私が競馬を見始めた頃は青年調教師だった藤沢師も、気が付けば、65歳を迎えられています。多くの名馬を手掛けられた師も、定年までに「ダービートレーナー」の称号を得られたいことでしょう。バブルガムフェロー(1993.4.11)、シンボリクリスエス(1999.1.21)、ゼンノロブロイ(2000.3.27)。強い馬でも骨折で出られなかったり、僅差で敗れたり……。

中々に難しいのが生き物の戦い。けれどそれでも、サトノアレス。「ギリシャ神話の戦の神」を名前に戴く素質馬が、2017年5月28日の日曜日に、また再び戦の神に微笑まれることを期待したいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。