第68回川崎記念(JpnI)の勝ち馬-ミツバ(2012.3.28)-

Result

ミツバ 牡 鹿毛 2012.3.28生 日高・タバタファーム生産 馬主・(株)協栄 栗東・加用正厩舎

ミツバ(2012.3.28)の4代血統表
カネヒキリ
栗毛 2002.2.26
種付け時活性値:0.25

フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961
Marston’s Mill 1975.5.31
ライフアウトゼア
栗毛 1992.2.1
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Silver Valley
栗毛 1979.3.30
Mr. Prospector 1970.1.28
Seven Valleys 1972.4.5
セントクリスマス
鹿毛 2001.3.1
仔受胎時活性値:0.50
コマンダーインチーフ
鹿毛 1990.5.18
種付け時活性値:0.50
ダンシングブレーヴ
鹿毛 1983.5.11
Lyphard 1969.5.10
Navajo Princess 1974.3.31
Slightly Dangerous
鹿毛 1979.4.8
▲Roberto 1969.3.16
Where You Lead 1970.4.23
ゴールデンジャック
栗毛 1991.3.31
仔受胎時活性値:0.25
アフリート
栗毛 1984.4.10
種付け時活性値:1.50
Mr. Prospector 1970.1.28
Polite Lady 1977.3.13
コマーズ
鹿毛 1983.4.6
仔受胎時活性値:1.75
Danzig
鹿毛 1977.2.12
種付け時活性値:1.25
ミドルマーチ
鹿毛 1977.4.8
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Hail to Reason5×5、Northern Dancer5×5×5、Raise a Native5×5×5>

ミツバ(2012.3.28)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
カネヒキリ
(Halo系)
コマンダーインチーフ
(Lyphard系)
アフリート
(Mr. Prospector系)
Danzig
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
アフリート
(Gold Digger)
3.75祖母がGII2勝馬
(No. 1-e)
4番仔
(不受胎後)

*

2019年の第68回川崎記念(JpnI。川崎・ダート2100m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
16ミツバ牡757和田竜二2:15.039.1477
[-1]
加用正3
22ケイティブレイブ牡657福永祐一2:15.52.1/239.9513
[-1]
杉山晴紀1
38オールブラッシュ牡757田辺裕信2:15.5アタマ40.1496
[+2]
村山明2
45アポロケンタッキー牡757戸崎圭太2:15.81.1/239.9572
[-2]
山内研二4
54コパノチャーリー牡757森泰斗2:17.8大差42.0518
[-4]
村山明6

2019年の第68回川崎記念。前年王者のケイティブレイブ(2013.5.11)、前々年王者のオールブラッシュ(2012.3.7)。直線、その2頭の間を縫って抜け出して来たのが、ミツバ。1番人気馬と2番人気馬を蹴散らして、鞍上の和田竜二騎手の気迫に応えて、ミツバ。満7歳の初戦、通算43戦の11勝目が、加用正調教師いわく「感無量」のJpnI初制覇でした。ミツバ、その馬名意味は「植物名。本馬誕生日より連想」ということ。改めて、覚えやすい(^^)

では、以下にミツバの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

コマーズ 1983.4.6 1勝
|ジャビラバ 1989.1.27 1勝
||ネクストタイム 1995.3.31 不出走
|||ナムラタイタン 2006.5.20 21勝 武蔵野S(GIII)ほか
|ゴールデンジャック 1991.3.31 4勝 4歳牝馬特別・東(GII) 4歳牝馬特別・西(GII)ほか
||サイドワインダー 1998.4.2 8勝 京都金杯(GIII) 京阪杯(GIII) 関屋記念(GIII)ほか
||セントクリスマス 2001.3.1 8勝
|||ミツバ 2012.3.28 (本馬) 川崎記念(JpnI) マーキュリーC(JpnIII)2回ほか
||プリンセスジャック 2010.3.9 3勝 ききょうS(OP) 桜花賞(GI)3着
|スターリングローズ 1997.3.20 14勝 JBCスプリント(統一GI) かしわ記念(統一GII) プロキオンS(GIII)2回 シリウスS(GIII) 兵庫ゴールドT(統一GIII)ほか

ミツバの牝系は1号族e分枝系。祖母ゴールデンジャック、伯父サイドワインダー、大叔父スターリングローズ、同牝系馬にナムラタイタン。近親に活躍馬が揃う、活力充分な牝系です。中でも、ゴールデンジャック。同牝馬は種牡馬アフリートが日本に導入する前の持込馬として活躍しました。1994年の中京芝1200mで行われた桜花賞トライアルは、ゴールデンジャック自身の初重賞と共に、四位洋文騎手の重賞初勝利でもありました。ミツバの近親の活躍馬は北橋修二厩舎の馬が多いためか、四位騎手か福永祐一騎手が騎乗されていた印象も強いですね。ミツバも、デビュー戦とデビュー2戦目、そして川崎記念の前走名古屋グランプリ(JpnII)では福永騎手が騎乗されていました。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ミツバの川崎記念制覇は、その父カネヒキリとの父仔制覇でもありました。

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人は、昨日のサンデーサイレンスさんの記事も含めて、父仔4代の記事を書けて、感無量やったらしい。

【川崎記念レース後コメント】ミツバ和田竜二騎手ら | 競馬ニュース - netkeiba.com
今年最初のGI級(JpnI)競走、第68回川崎記念(ダート2100m)は、川崎競馬場(晴・良)で11頭が出走して行われ、先行グループを見ながら5番手の内に構えた3番人気ミツバ(JRA栗東・加用正厩舎、… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。