第66回川崎記念(JpnI)の勝ち馬

オールブラッシュ 牡 黒鹿毛 2012.3.7生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・村山明厩舎

オールブラッシュ(2012.3.7)の4代血統表
ウォーエンブレム
青鹿毛 1999.2.20
種付け時活性値:1.00
Our Emblem
黒鹿毛 1991.3.7
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Personal Ensign
鹿毛 1984.4.27
Private Account 1976.4.26
Grecian Banner 1974.4.26
Sweetest Lady
鹿毛 1990.2.8
Lord At War
栗毛 1980.10.1
General 1974
Luna de Miel 1974
Sweetest Roman
鹿毛 1977.4.4
The Pruner 1967.4.12
I Also 1969.5.21
ブラッシングプリンセス
栗毛 1996.2.17
仔受胎時活性値:1.75

Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
種付け時活性値:0.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Real Crafty Lady
栗毛 1975.4.2
In Reality 1964.3.1
Princess Roycraft 1967.1.25
Princess Laika
栗毛 1980.3.14
仔受胎時活性値:1.75
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.25
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Cool Mood
栗毛 1966.4.7
仔受胎時活性値:1.25
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
種付け時活性値:1.00
Happy Mood
栗毛 1951
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×3>

オールブラッシュ(2012.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ウォーエンブレム
(Mr. Prospector系)
★Crafty Prospector
(Mr. Prospector系)
Blushing Groom
(Red God系)
Northern Dancer
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blushing Groom
(ブラッシングプリンセス)
6.25 半兄が米GIII勝ち馬
(No. 2-n)
13番仔
(13連産目)

*

第66回川崎記念(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 9オールブラッシュ 牡5 57 C.ルメール 2:14.6    38.2 485
[-7]
村山明 5
2 12サウンドトゥルー せん7 57 大野拓弥 2:15.2 3 38.2 475
[0]
高木登 1
3 4コスモカナディアン 牡4 56 柴田大知 2:15.4 1.1/2 38.6 477
[-1]
金成貴史 6
4 7ミツバ 牡5 57 横山典弘 2:15.5 クビ 38.9 465
[-3]
加用正 3
5 8ケイティブレイブ 牡4 56 武豊 2:15.5 ハナ 38.7 491
[-10]
目野哲也 2

2017年の第66回川崎記念。制したのはオールブラッシュとクリストフ・ルメール騎手。オールブラッシュの馬名の意味は「皆が赤面する。他馬が降参するような馬になるように」ということ。オールブラッシュの祖母父Blushing Groomが「赤面する花婿」、母ブラッシングプリンセスが「赤面する姫」と来て、オールブラッシュと相成りました。

オールブラッシュ、昨年10月の京都ダート1800mの1000万条件戦、11月の京都ダート1800mの観月橋S(準OP)と2連勝で挑んできたのが、川崎ダート2100mのJpnIの大舞台。そうしてフタを開けてみれば、終始逃げから先頭を譲らず、最後は昨年のJRA賞最優秀ダートホースに輝いたサウンドトゥルー(2010.5.15)に3馬身差の快勝。オールブラッシュ、馬名の意味のとおり「他馬が降参するような馬」になった瞬間でした。

オールブラッシュの父はウォーエンブレム。この異能の米2冠馬は、日本で種牡馬として供された9年間で213頭に種付けされ、121頭の産駒が生産されました。最後の2012年は2頭に種付けされて産駒が0頭ですから、実際には2011年に19頭種付けされて2012年に生産された13頭がラストクロップとなり、13頭のうちの1頭がオールブラッシュです。ウォーエンブレムは秋華賞(GI)馬ブラックエンブレム(2005.1.22)、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の勝ち馬ローブティサージュ(2010.1.28)と牝馬のGI馬2頭を送り出していましたが、オールブラッシュが初めての牡馬のジーワン馬となりました。

オールブラッシュ、繁殖に行っての難しさは父が体現しましたが、それでもその異能の血を次代に伝えて欲しいと、今から願っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。