第66回”キング・ジョージ”(英GI)の勝ち馬。

Highland Reel 牡 鹿毛 2012.2.21生 愛国・Hveger Syndicate生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Highland Reel(2012.2.21)の4代血統表
Galileo(IRE)
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.25

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
アーバンシー
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr.Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Hveger(AUS)
鹿毛 2001.11.18
仔受胎時活性値:0.625
デインヒル(USA)
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.625
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Circles of Gold(AUS)
栗毛 1991.11.21
仔受胎時活性値:0.25
Marscay(AUS)
栗毛 1979.10.20
種付け時活性値:0.75
Biscay 1965
Heart of Market 1967.3.12
Olympic Aim(NZ)
栗毛 1983.10.15
仔受胎時活性値:1.75
Zamazaan(FR)
栗毛 1965.4.7
種付け時活性値:0.375
Gold Vink(NZ)
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Natalma(♀)4×5×5、Buckpasser5×5>

Highland Reel(2012.2.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Marscay
(Star Kingdom系)
Zamazaan
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デインヒル 4.625 or 2.625 伯父Elvstroem
(No.22-b)
4番仔?
(2連産目?)

*

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(G1)の結果(JRA)

7頭立てとなった第66回の”キング・ジョージ”を制したのは、逃げ戦法で1番人気に応えたHighland Reel。3歳代表のWings of Desire(2013.2.20)、女王陛下のDartmouth(2012.3.13)を抑えての勝利を以て、2015年のセクレタリアトS(米GI)、香港ヴァーズ(GI)に続いてのGI3勝目と相成りました。またGalileo産駒の”キング・ジョージ”制覇は、2011年のNathaniel(2008.4.24)以来5年ぶり2頭目のことでした。

では、以下にHighland Reelのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Olympic Aim 1983.10.15 4勝
|Circles of Gold 1991.11.21 6勝 AJCオーストラリアンオークス(豪GI) アドリアンノックスS(豪GIII) クーンギーH(豪GIII)ほか
||Lady Circles 1999.10.15 0勝
|||King Raedwald 2006.11.1 4勝 ARCチャンピオンシップS(豪GII)3着
|||Decircles 2008.11.8 現役 スタンディッシュH(豪GIII) サイアーズプロデュースS(豪GII)2着 C.S.ヘイズS(豪GIII)2着 スタンディッシュH3着
||Elvstroem 2000.11.14 10勝 ドバイデューティフリー(UAEGI) ヴィクトリアダービー(豪GI) コーフィールドC(豪GI) アンダーウッドS(豪GI) C.F.オーアS(豪GI) セントジョージS(豪GII) ターンブルS(豪GII) MRCシャノンズクラシック(豪GII) コーフィールドギニーズプレリュード(豪GIII)ほか
||Hveger 2001.11.18 1勝 サウスオーストラリアンオークス(豪GII)2着 オーストララシアンオークス(豪GI)3着
|||Valdemoro 2006.9.27 2勝 クラウンオークス(豪GI)2着 バイナリースタッドS(豪GI)2着 ナチュラリズムS(豪GIII)3着
|||Highland Reel 2012.2.21 (本馬) "キング・ジョージ"(英GI) 香港ヴァーズ(GI) セクレタリアトS(米GI) ヴィンテージS(英GII) ゴードンS(英GIII)ほか
|||Idaho 2013.3.14 現役 グレートヴォルティジュールS(英GII) 愛ダービー(GI)2着 バリサックスS(愛GIII)2着 英ダービー(GI)3着 ダービートライアルS(愛GIII)3着
||Haradasun 2003.11.28 7勝 クイーンアンS(英GI) ジョージライダーS(豪GI) AJCドンカスターH(豪GI)ほか

近親に豪州の名馬が見えますね。伯父Elvstroemは1400mから2500mまでのGIを5勝、叔父Haradasunはボクサーであるファイティング原田さんの「原田さん」から馬名を付けられたことでも知られています。近親に豪州の名馬が見えるというのが、そのままHighland Reelの配合の特徴にもなり、祖母父Marscay、曾祖母父Zamazaanという南半球産馬に見られる血統を持ち合わせているところが、遠隔地交配による組み合わせの希少性を発生させています。

Highland Reelは、この”キング・ジョージ”の後はインターナショナルS(英GI)に出走して、昨年2015年の”キング・ジョージ”の勝ち馬Postponed(2011.4.4)から1と4分の1馬身差の2着でした。Postponedは昨年の”キング・ジョージ”以降、フォワ賞(仏GII)、ドバイシティオブゴールド(UAEGII)、ドバイシーマクラシック(UAEGI)、コロネーションC(英GI)、そしてインターナショナルSと目下6連勝中です。Postponedは”キング・ジョージ”の勝利が跳躍台になったようにも感じますが、今年2016年の勝ち馬Highland Reelも負けじと続いて欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。