第64回東京大賞典(GI)の勝ち馬-オメガパフューム(2015.4.6)-

Result

オメガパフューム 牡 芦毛 2015.4.6生 千歳・社台ファーム生産 馬主・原禮子氏 栗東・安田翔伍厩舎

オメガパフューム(2015.4.6)の4代血統表
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:0.25
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
Damascus 1964.4.14
Aphonia 1962.4.19
Hey Dolly A.
芦毛 1974.3.2
Ambehaving 1954.2.27
Swift Deal 1969.3.19
オメガフレグランス
鹿毛 2007.5.22
仔受胎時活性値:1.75
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev 1977.5.2
Reluctant Guest 1986.2.21
ビューティーメイク
鹿毛 1989.3.21
仔受胎時活性値:0.25
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.25
▲Roberto 1969.3.16
Desert Vixen 1970.4.19
セイリングビユーテイ
鹿毛 1976.3.30
仔受胎時活性値:1.00
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:1.50
Sweetdric
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Hail to Reason5×5>

オメガパフューム(2015.4.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スウェプトオーヴァーボード
(Mr. Prospector系)
ゴールドアリュール
(Halo系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nearctic)
4.50 祖母がOP特別勝ち馬
(No. 14-c)
2番仔
(2連産目)

*

2018年の第64回東京大賞典(GI。大井ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5オメガパフューム 牡3 55 M.デムーロ 2:05.9    38.5 448
[-4]
安田翔伍 3
2 13ゴールドドリーム 牡5 57 C.ルメール 2:06.0 3/4 38.9 514
[-11]
平田修 1
3 2ケイティブレイブ 牡5 57 福永祐一 2:06.3 1.1/2 39.4 514
[-14]
杉山晴紀 2
4 7サウンドトゥルー せん8 57 御神本訓史 2:06.6 1.1/2 38.8 478
[+2]
佐藤裕太 4
5 6エイコーン 牡3 55 岩田康誠 2:06.6 ハナ 39.7 459
[-3]
吉田直弘 5

2018年の第64回東京大賞典。年末の日本の国際GIの掉尾を飾るのは、有馬記念(GI)でもなく、ホープフルS(GI)でもなく、東京大賞典。その第64回を制したのは、強い強い3歳勢の一角、オメガパフューム。鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、前日に行われた第70回ホープフルSのサートゥルナーリア(2016.3.21)に続いて連日のGI勝利となりました。そしてまた、管理される安田翔伍調教師は、開業初年度からGI勝利を収められました。オメガパフュームは、安田師に調教師としての初勝利、重賞初勝利、そしてGI初勝利をプレゼントした馬となりました。オメガパフューム、安田師にとって、生涯忘れることの出来ない名馬でしょう。

さて、毎年毎年「今年の3歳馬は強い」と言われますが、今年2018年の3歳である2015年生まれ世代は、11月以降の牡牝混合古馬GIを、ことごとく勝ち切ってしまいました。

  1. 第35回マイルチャンピオンシップ(GI)
    ステルヴィオ(2015.1.15)
  2. 第38回ジャパンカップ(GI)
    アーモンドアイ(2015.3.10)
  3. 第19回チャンピオンズカップ(GI)
    ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)
  4. 第63回有馬記念(GI)
    ブラストワンピース(2015.4.2)
  5. 第64回東京大賞典(GI)
    オメガパフューム(2015.4.6)

1頭だけではなく、どの馬もこの馬も、出て来る馬みな、本当に強い。空前の強力世代の活躍を目の当たりに出来たのは、競馬者として、幸せだったのでしょう。オメガパフューム、ルヴァンスレーヴに追い付け追い越せとばかりに、強力世代の中核を担う存在として、さらなる活躍を期待したいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。