第63回有馬記念(GI)の勝ち馬-ブラストワンピース(2015.4.2)-

Result

ブラストワンピース 牡 鹿毛 2015.4.2生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・大竹正博厩舎

ブラストワンピース(2015.4.2)の4代血統表

ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:0.00
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
ツルマルワンピース
鹿毛 2008.3.5
仔受胎時活性値:1.50
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
ツルマルグラマー
鹿毛 1999.3.13
仔受胎時活性値:2.00
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.50
サンデーサイレンス 1986.3.25
ミルレーサー 1983.5.20
エラティス
栗毛 1990.2.13
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
★El Gran Senor
鹿毛 1981.4.21
種付け時活性値:0.00
Summer Review
栗毛 1979.2.1
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5>

ブラストワンピース(2015.4.2)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
★ハービンジャー
(Danzig系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
フジキセキ
(Halo系)
★El Gran Senor
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
キングカメハメハ
(Sex Appeal)
6.00 or 4.00大叔父アルナスライン
(No. 9-c)
初仔

*

2018年の第63回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
18ブラストワンピース牡355池添 謙一2:32.235.7534
[+4]
大竹 正博3
212レイデオロ牡457C.ルメール2:32.2クビ35.4490
[+8]
藤沢 和雄1
315シュヴァルグラン牡657H.ボウマン2:32.41 1/435.5470
[+2]
友道 康夫9
411ミッキーロケット牡557O.マーフィー2:32.71 1/236.6472
[-2]
音無 秀孝8
514キセキ牡457川田 将雅2:32.83/437.5506
[+2]
中竹 和也2

2018年の第63回有馬記念。ただ1頭の3歳馬だったブラストワンピース、2015年生まれ世代の「強さ」を見せ付ける結果となりました。鞍上の池添謙一騎手はドリームジャーニー(2004.2.24)&オルフェーヴル(2008.5.14)兄弟による第54回、第56回第58回に続いて史上最多となる有馬記念4勝目。管理される大竹正博調教師は2009年の開業後10年目での悲願のGI初勝利。第12回のカブトシロー(1962.3.24)、第24回のグリーングラス(1973.4.5)と有馬記念2勝の名手だった大崎昭一氏のご子息、有馬記念が初GIとなったのも、不思議な縁だったのかもしれません。

今年2018年のJRA重賞は第35回ホープフルS(GI)を残していますが、「シルクレーシングの勝負服で始まり、シルクレーシングの勝負服で終わる」という感もあります。セダブリランテス(2014.1.12)、プリモシーン(2015.4.2)アーモンドアイ(2015.3.10)の正月重賞3勝から始まり、アーモンドアイの「牝馬3冠+ジャパンカップ」制覇、そしてブラストワンピースによる有馬記念。「水色、赤玉霰、袖赤一本輪」の勝負服が躍動した1年でした。名前を出した馬はいずれも関東馬ですが、概ねノーザンファーム+ノーザンファーム天栄の合わせ技に、美浦トレセンで最終調整という黄金パターンなのでしょう。また、ノーザンファーム天栄と美浦トレセンは、今は懐かしくなった磁場に関する中島国治氏の記述を考慮するならば、経度がほぼ同一であり、所在地という観点からも、関東馬の外厩としてピカイチの存在ですね。

#参考。ノーザンファーム天栄の経度:東経140度29分、美浦トレセンの経度:東経140度30分。

池添騎手が「GIを獲れる馬」と公言してはばからなかった、ブラストワンピース。外国人騎手によるGI勝利の旋風を止めたのは、強烈な突風の力を信じ続けた池添騎手と、その期待に応えたブラストワンピース。2019年もブラストワンピースと池添騎手のコンビで、GIの大舞台でさらなる活躍を見せてくれることを楽しみにしています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、ゴール直後「シルクジャスティス!!」って叫んだらしいわ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

同じシルクの勝負服で「古馬混合重賞1着から挑んだ菊花賞を1番人気で敗退。そしてGI初勝利が有馬記念」は確かに似ていますが。

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、「0の理論的には、ブラストワンピースもシルクジャスティスも父が8歳時交配のミニモの遺伝馬」とも言っていた。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ニッチな血統理論のファンらしい言ですね……。