第61回有馬記念(GI)の勝ち馬。

サトノダイヤモンド 牡 鹿毛 2013.1.30生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・里見治氏 栗東・池江泰寿厩舎

サトノダイヤモンド(2013.1.30)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
▲Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
マルペンサ(ARG)
鹿毛 2006.9.10
仔受胎時活性値:1.375
Orpen(USA)
鹿毛 1996.5.20
種付け時活性値:0.375
Lure
鹿毛 1989.5.14
Danzig 1977.2.12
Endear 1982.3.26
Bonita Francita
鹿毛 1987.5.10
Devil’s Bag 1981.2.19
Raise the Standard 1978.3.31
Marsella(ARG)
黒鹿毛 1997.10.21
仔受胎時活性値:2.00
サザンヘイロー(USA)
鹿毛 1983.2.9
種付け時活性値:1.375
Halo 1969.2.7
Northern Sea 1974.3.13
Riviere(ARG)
栗毛 1978
仔受胎時活性値:0.50
Logical(USA)
鹿毛 1972.4.6
種付け時活性値:1.375
Talonada(ARG)
栗毛 1958
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Halo3×5×4、Northern Dancer5×5×5>

サトノダイヤモンド(2013.1.30)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Orpen
(Danzig系)
サザンヘイロー
(Halo系)
Logical
(Buckpasser系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サザンヘイロー
(Northern Sea)
4.625 母が亜国GI3勝
(No.1-w)
初仔

*

第61回有馬記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11サトノダイヤモンド 牡3 55 C.ルメール 2:32.6    35.5 502
[+4]
池江泰寿 1
2 1キタサンブラック 牡4 57 武豊 2:32.6 クビ 35.8 536
[0]
清水久詞 2
3 2ゴールドアクター 牡5 57 吉田隼人 2:32.7 1/2 35.7 498
[-6]
中川公成 3
4 4ヤマカツエース 牡4 57 池添謙一 2:32.9 1 1/4 35.1 508
[+4]
池添兼雄 8
5 8ミッキークイーン 牝4 55 浜中俊 2:33.0 クビ 35.8 434
[-8]
池江泰寿 7

2016年の第61回有馬記念。終わってみれば、1番人気から3番人気までが、人気のそのままに1着から3着までを占めた、という結果になりました。唯1頭の3歳馬だったサトノダイヤモンド、レベルが高いと言われ続けた世代の最強馬として、古馬初対戦となるこの大一番で、その矜持を見せ付けてくれました。「相手はキタサンブラックと武豊騎手」と見越して、向こう正面で早めにプレッシャーを掛けに行ったクリストフ・ルメール騎手の好騎乗もサスガでした。

そうして、里見治オーナーは、この12月に香港ヴァーズ(GI)朝日杯フューチュリティS(GI)、有馬記念とGI3勝の固め勝ち。これまでの憑き物を落としたのはサトノダイヤモンドによる第77回菊花賞(GI)でしたが、その後の勢いは凄いですね^_^;

レース後にルメール騎手から「凱旋門賞」の言葉も発せられましたが、日本競馬の悲願を果たしてくれるのは、もしかしたら、サトノダイヤモンドなのかも知れません。大柄の鹿毛の馬体よろしく、額に輝く星ひとつ。若きダイヤモンドが放つ光の向かう先に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。