第61回大阪杯(GI)の勝ち馬

キタサンブラック 牡 鹿毛 2012.3.10生 日高・ヤナガワ牧場生産 馬主・(有)大野商事 栗東・清水久詞厩舎

キタサンブラック(2012.3.10)の4代血統表
ブラックタイド
黒鹿毛 2001.3.29
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
シュガーハート
鹿毛 2005.3.6
仔受胎時活性値:1.50
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.75
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジェリカ 1970.3.29
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト 1971.3.15
クリアアンバー 1967.5.8
オトメゴコロ
栗毛 1990.4.18
仔受胎時活性値:1.50
ジャッジアンジェルーチ
栗毛 1983.2.22
種付け時活性値:1.50
Honest Pleasure 1973.3.28
Victorian Queen 1971.3.24
ティズリー
鹿毛 1981.4.27
仔受胎時活性値:2.00
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.75
Tizna(CHI)
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:0.625

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×4、Northern Dancer5×5×5>

キタサンブラック(2012.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ブラックタイド
(Halo系)
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
ジャッジアンジェルーチ
(Bold Ruler系)
◆Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サクラバクシンオー
(スターハイネス)
5.625 4代母はチリ産で米GI3勝
(No.9-g)
3番仔
(2連産目)

*

第61回大阪杯(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 5キタサンブラック 牡5 57 武豊 1:58.9   34.3 540
[+4]
清水久詞 1
2 4ステファノス 牡6 57 川田将雅 1:59.0 3/4 34.2 482
[-4]
藤原英昭 7
3 13ヤマカツエース 牡5 57 池添謙一 1:59.1 1/2 33.8 514
[-2]
池添兼雄 4
4 14マカヒキ 牡4 57 C.ルメール 1:59.3 1 1/2 33.9 502
[0]
友道康夫 2
5 12アンビシャス 牡5 57 福永祐一 1:59.3 アタマ 33.6 470
[+4]
音無秀孝 5

2017年の第61回大阪杯。GI昇格初回を制したのは、2016年のJRA賞年度代表馬キタサンブラック。先行3番手から横綱競馬を見せて、ほかの13頭を蹴散らしてしまいました。

キタサンブラック、本当に強い。芝3000mの第76回菊花賞(GI)芝3200mの第153回天皇賞・春(GI)芝2400mの第36回ジャパンカップ(GI)、そして芝2000mの第61回大阪杯と、距離の異なるカテゴリーで強さを見せた結果、距離万能の名馬の地位を確固たるものとしたのではないでしょうか。

そうして、4週間後。2017年4月30日の日曜日、自身の連覇がかかる第155回天皇賞・春におけるサトノダイヤモンド(2013.1.30)との再戦が非常に楽しみになりました。

強者どうしの白熱した戦いを期待したいと、今から願います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。