第60回宝塚記念(GI)の勝ち馬-リスグラシュー(2014.1.18)-

Result

リスグラシュー 牝 黒鹿毛 2014.1.18生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・矢作芳人厩舎

リスグラシュー(2014.1.18)の4代血統表
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.15
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ビューパーダンス
黒鹿毛 1983.2.26
Lyphard 1969.5.10
My Bupers 1967.6.1
リリサイド
鹿毛 2007.2.23
仔受胎時活性値:1.50
American Post
黒鹿毛 2001.2.3
種付け時活性値:1.25
Bering
栗毛 1983.3.20
▲Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Wells Fargo
鹿毛 1996.4.14
Sadler’s Wells 1981.4.11
Cruising Height 1987.3.29
Miller’s Lily
鹿毛 1988.5.10
仔受胎時活性値:0.50
ミラーズメイト
黒鹿毛 1982.3.28
種付け時活性値:1.25
Mill Reef 1968.2.23
Primatie 1975.4.23
Lymara
鹿毛 1978.2.16
仔受胎時活性値:0.25
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.00
Maradadi
鹿毛 1969.4.17
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5×4、Northern Dancer5×5×5>

リスグラシュー(2014.1.18)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ハーツクライ
(Halo系)
American Post
(Sea-Bird系)
ミラーズメイト
(Mill Reef系)
★Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
American Post
(リリサイド)
4.25Robin of Navanと同牝系
(No. 1-l)
3番仔+
(3連産目+)

*

2019年の第60回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
112リスグラシュー牝556D.レーン2:10.82-2-2-235.2460
[+2]
矢作 芳人3
21キセキ牡558川田 将雅2:11.331-1-1-135.8506
[-2]
角居 勝彦1
311スワーヴリチャード牡558M.デムーロ2:11.624-4-3-335.7524
[前計不]
庄野 靖志6
44アルアイン牡558北村 友一2:11.923-2-3-336.1520
[-4]
池江 泰寿5
52レイデオロ牡558C.ルメール2:12.13/46-6-5-536.0482
[前計不]
藤沢 和雄2

2019年の第60回宝塚記念。12頭立てのサマーグランプリ、12頭中紅一点のリスグラシューが、大外12番枠からの発進で、道中先行2番手から直線で抜け出すと3馬身差の快勝。終わってみれば、2014生まれ世代のGIホースたちが掲示板を独占。ひとつ下の2015年生まれ世代は超強力ですが、2014生まれ世代の強さも特筆されます。そんな強い馬たちが揃った中で見せた牝馬リスグラシューの完勝ぶり。いつでもどこでも頑張るリスグラシュー、牡牝混合GIの勝ち馬となって臨む次走以降も、ただただ楽しみですね。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

宝塚記念の牝馬による制覇は、第7回のエイトクラウン(1962.4.21)さん、第46回のスイープトウショウ(2001.5.9)、第57回のマリアライト(2011.2.19)に続いて4頭目の快挙。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

牝馬の勝ち馬第1号のエイトクラウンさんは、第16回のナオキ(1969.4.25)さんとの母仔2代制覇も遂げています。

マイシンザン
マイシンザン

これは2019年現在でも唯一の例。エイトクラウンさん、名競走馬にして名繁殖牝馬やね。