第51回スプリンターズS(GI)の勝ち馬

レッドファルクス 牡 芦毛 2011.4.12生 千歳・社台ファーム生産 馬主・(株)東京ホースレーシング 美浦・尾関知人厩舎

レッドファルクス(2011.4.12)の4代血統表
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:1.25
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr.Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass
鹿毛 1970.4.26
Damascus 1964.4.14
Aphonia 1962.4.19
Hey Dolly A.
芦毛 1974.3.2
Ambehaving 1954.2.27
Swift Deal 1969.3.19
ベルモット
栗毛 1997.6.5
仔受胎時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.50
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
レガシーオブストレングス
栗毛 1982.5.7
仔受胎時活性値:1.50
Affirmed
栗毛 1975.2.21
種付け時活性値:1.50
Exclusive Native 1965.4.17
Won’t Tell You 1962
Katonka
鹿毛 1972.3.7
仔受胎時活性値:0.25
Minnesota Mac
鹿毛 1964.4.26
種付け時活性値:1.75
Minnetonka
鹿毛 1967.4.4
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Raise a Native5×5>

レッドファルクス(2011.4.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スウェプトオーヴァーボード
(Mr.Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Affirmed
(Raise a Native系)
Minnesota Mac
(Rough’n Tumble系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Minnesota Mac
(レガシーオブストレングス)
4.00 伯母スティンガー
(No.9-c)
7番仔
(2連産目)

*

第51回スプリンターズS(GI。中山芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8レッドファルクス 牡6 57 M.デムーロ 1:07.6   33.0 474
[0]
尾関知人 1
2 2レッツゴードンキ 牝5 55 岩田康誠 1:07.6 クビ 33.1 496
[0]
梅田智之 5
3 6ワンスインナムーン 牝4 55 石橋脩 1:07.7 1/2 33.8 452
[0]
斎藤誠 7
4 1スノードラゴン 牡9 57 大野拓弥 1:07.7 クビ 33.0 510
[+6]
高木登 16
5 12ブリザード せん6 57 G.モッセ 1:07.8 クビ 33.4 504
[-6]
P.イウ 12

2017年の第51回スプリンターズS。レッドファルクス、昨年2016年の第50回に続いて、見事に連覇達成。スプリンターズSの連覇は、GIレースとなって以後では、第27回と第28回のサクラバクシンオー(1989.4.14)、第46回第47回のロードカナロア(2008.3.11)に続く、史上3頭目の快挙でした。

春の第67回安田記念(GI)3着で距離に対する融通性も見せたレッドファルクス。芝もダートも走ることが出来、なおかつ距離もこなせる名短距離馬の地位を確立したレッドファルクス、この後に向かう進路や如何に。いずれに向かうにせよ、その勝負強さをまた再び見せて欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。