第49回高松宮記念(GI)の勝ち馬-ミスターメロディ(2015.3.29)-

ミスターメロディ 牡 鹿毛 2015.3.29生 米国・Bell Tower Thoroughbreds生産 馬主・グリーンフィールズ(株) 栗東・藤原英昭厩舎

ミスターメロディ(2015.3.29)の4代血統表
Scat Daddy
黒鹿毛 2004.5.11
種付け時活性値:0.50
ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
Storm Cat 1983.2.27
Island Kitty 1976.2.23
Myth
鹿毛 1993.2.26
▲オジジアン 1983.3.17
Yarn 1987.3.1
Love Style
栗毛 1999.3.22
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Likeable Style
鹿毛 1990.1.30
Nijinsky 1967.2.21
Personable Lady 1981.2.21
Trusty Lady
鹿毛 1998.4.30
仔受胎時活性値:2.00
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
種付け時活性値:0.50
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Klassy Kim
鹿毛 1991.4.26
仔受胎時活性値:1.50
Silent Screen
栗毛 1967.4.23
種付け時活性値:1.75
Prince John 1953.4.6
Prayer Bell 1954.3.7
クールアライヴァル
芦毛 1986.2.25
仔受胎時活性値:1.00
Relaunch
芦毛 1976.3.16
種付け時活性値:0.25
Irish Arrival
栗毛 1978.3.9
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5(父方)、Northern Dancer4×5>

ミスターメロディ(2015.3.29)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Scat Daddy
(Storm Cat系)
Deputy Minister
(Northern Dancer系)
Silent Screen
(Princequillo系)
Relaunch
(Intent系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Silent Screen
(Not Afraid)
6.25曾祖母が米GI馬
(No. 8-k)
9番仔+
(2連産目+)

*

2019年の第49回高松宮記念(GI。中京芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
13ミスターメロディ牡457福永 祐一1:07.34-533.6492
[-4]
藤原 英昭3
24セイウンコウセイ牡657幸 英明1:07.41/23-233.9504
[-4]
上原 博之12
37ショウナンアンセム牡657藤岡 康太1:07.4アタマ13-1133.4490
[0]
田中 剛17
413ダノンスマッシュ牡457北村 友一1:07.51/24-234.0472
[-2]
安田 隆行1
55ティーハーフ牡957国分 優作1:07.61/211-833.7468
[-6]
西浦 勝一11

2019年の第49回高松宮記念。終わってみれば、桶狭間の短距離戦の戦い方を知っている馬人の1着2着。中京芝1400mのファルコンS(GIII)の勝ち馬だったミスターメロディと、戦前まで高松宮記念2勝の福永祐一騎手が1着。そして一昨年2017年の第47回の勝ち馬であるセイウンコウセイ(2013.3.8)と、そのセイウンコウセイを含めてやはり戦前まで高松宮記念2勝の幸英明騎手が2着。3着にブービー人気だったショウナンアンセム(2013.4.10)と藤岡康太騎手が入って、3連単は「4,497,470円」という大波乱の結末でした。ショウナンアンセムも、左回りの東京芝1400mのパラダイスS(OP)勝ち馬でしたが、

【高松宮記念】ショウナンアンセム、千二で覚醒 3年3カ月ぶり短距離戦で刺激 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 「高松宮記念・G1」(24日、中京) ショウナンアンセムが長い眠りから覚醒だ-。前走のオーシャンSでは3年3カ月ぶりにスプリント戦に出走し、13番人気ながら5着と奮闘。久々に体感した“激流”に刺激を… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

この記事を知っていても、サスガに……、ですね^^;

芝ダート問わず短距離戦の上級競走に見られる傾向ではありますが、今回の高松宮記念はサンデーサイレンス(1986.3.25)を持たない、あるいはサンデーサイレンスを持っていても直父系ではない馬たちが上位を占めるという結果でした。そしてまた、種牡馬アドマイヤムーン(2003.2.23)は、2017年の第47回のセイウンコウセイ1着、2018年の第48回のファインニードル(2013.4.26)1着、そして2019年の第49回のセイウンコウセイ2着と、3年連続で産駒が連対を果たしました。

では、以下にミスターメロディの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

クールアライヴァル 1986.2.25 7勝 ラスヴァージネスS(米GI) ランチョベルナルドH(米GIII)ほか
|Klassy Kim 1991.4.26 9勝 エルエンシノS(米GII) モンロヴィアH(米GIII)ほか
||Trusty Lady 1998.4.30 不出走
|||ミスターメロディ 2015.3.29 (本馬) 高松宮記念(GI) ファルコンS(GIII)ほか
|クールネージュ 1996.3.14 葵S(OP)
||クインネージュ 2003.5.23 0勝
|||ゴーイングパワー 2009.5.30 5勝 兵庫ジュニアグランプリ(JpnII) 天保山S(OP)
|クーリンガー 1999.6.16 10勝 マーチS(GIII) 名古屋大賞典(統一GIII)2回 マーキュリーC(統一GIII) 佐賀記念(統一GIII) サラブレッドチャレンジC(統一GIII)ほか

ミスターメロディの牝系は8号族k分枝系。曾祖母クールアライヴァルは上図の通り米GI勝ち馬。そのクールアライヴァルは、繁殖牝馬としてダートGIII6勝のクーリンガーを送り込みました。ミスターメロディは芝の重賞2勝を挙げていますけれど、テレビ中継の勝利騎手インタビューでは、福永騎手から「ダートも走る馬」の声が発せられました。ミスターメロディ、デビューから3戦はダートで1勝、2着2回の成績。母方からはダートを充分にこなせますし、父が芝でもダートでも活躍馬を送り出した名種牡馬Scat Daddyという背景からも、サーフェイスを問わず、これからの活躍が楽しみです。

毎年毎年「強い4歳世代」とお伝えしている感もありますが、真に強力世代と思わされる2015年生まれ世代から現れた短距離王者候補、ミスターメロディ。ターフあるいはダート、彼がこれから立ち向かう戦いの場で奏でる蹄音が、どうぞ良き響きでありますように。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

今週はキングヘイロー(1995.4.28)が死亡のニュースもありましたが、彼が高松宮記念を制したのは2000年の第30回でした。

マイシンザン
マイシンザン

その第30回のクビ差2着が、元々キングヘイローの主戦でもあった福永騎手騎乗の、ディヴァインライト(1995.5.10)やったね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

第30回で負けた時は悔しかったでしょうけれど、今回のテレビ中継の勝利騎手インタビューでも「キングヘイローが、後押ししてくれた感じにはなりました」と発言されていました。

マイシンザン
マイシンザン

福永騎手にとっても、色んな意味で、思い出の1頭やろうしなぁ。良い手向けになったと思う。