第48回英インターナショナルS(GI)の勝ち馬-Japan(2016.2.22)+α-

Result

Japan(ジャパン) 牡 鹿毛 2016.2.22生 英国・Newsells Park Stud生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Japan(2016.2.22)の4代血統表
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.25

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26 ♀
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
▲Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
▲Lombard 1967
Anatevka 1969
Shastye
鹿毛 2001.4.5
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.50
★Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Saganeca
黒鹿毛 1988.3.8
仔受胎時活性値:1.00
Sagace
鹿毛 1980.5.26
種付け時活性値:1.75
Luthier 1965.3.22
Seneca 1973.2.16
Haglette
鹿毛 1978.4.30
仔受胎時活性値:0.25
Hagley
鹿毛 1967.4.13
種付け時活性値:0.50
Sucrette
鹿毛 1958.4.17
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×4、Natalma(♀)4×5×5、Buckpasser5×5>

Japan(2016.2.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Sagace
(Luthier系)
Hagley
(Relic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Sagace
(Pantheon)
3.50 伯父Sagamix
(No. 11-d)
9番仔?
(7連産目)

*

2019年の第48回英インターナショナルS(GI。ヨーク芝10F56y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7Japan 牡3 56.7 Ryan Moore 2:07.77 A P O’Brien 3
2 4Crystal Ocean 牡5 59.9 James Doyle アタマ Sir Michael Stoute 1
3 2 Elarqam 牡4 59.9 Jim Crowley 1 Mark Johnston 4
4 1 King of Comedy 牡3 56.7 Frankie Dettori 3/4 John Gosden 2
5 8 Regal Reality 牡4 59.9 Richard Kingscote 1 3/4 Sir Michael Stoute 6

2019年の第48回英インターナショナルS。日本から挑戦したシュヴァルグラン(2012.3.14)は健闘したものの8着。勝利を収めたのは3歳馬Japan。古馬との勝負は初めてとなった今回の一戦は、斤量差があったとはいえ、負かした相手がCrystal Ocean(2014.2.8)だったことは大いに価値があります。エイダン・パトリック・オブライエン厩舎の2016年生まれ世代の3歳勢にはAnthony Van Dyck(2016.5.19)Magna Grecia(2016.2.25)Sovereign(2016.4.9)等もいますが、この夏からの上昇度ではJapanがエースの存在と目されてもおかしくはありません。

そんなJapan、この後の進路が気になりますけれど、

英インターナショナルS制したジャパン、次走は凱旋門賞か愛チャンピオンSが有力 | JRA-VAN Ver.World
 現地21日に英ヨーク競馬場にて行われたG1英インターナショナルステークスは、3歳馬のジャパンが1番人気のクリスタルオーシャンをゴール寸前で差し切って勝利。秋のG1戦線に向けていっそう注目を集める存在

によると、凱旋門賞(仏GI)への直行か愛チャンピオンS(GI)への出走か、ということ。今年2019年の第98回凱旋門賞には日本からキセキ(2014.5.13)フィエールマン(2015.1.20)ブラストワンピース(2015.4.2)の3頭が出走を予定しており、場合によってはディアドラ(2014.4.4)の参戦もあるかも知れません。

そしてまた、近時流れたニュースでは、

武豊が凱旋門賞参戦 名門A・オブライエン厩舎、英ダービー4着ブルームとタッグ | 競馬ニュース - netkeiba.com
 武豊騎手(50)=栗東・フリー=が、アイルランドの名門A・オブライエン厩舎所属で、今年の英ダービー4着馬ブルーム(牡3歳)とコンビを組み、凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン)に参戦すること… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

武豊騎手がJapanのステーブルメイトであるBroome(2016.2.8)で挑戦と、今年はいろいろと日本色が強い凱旋門賞になりそうですね。そんな訳で、第240回英ダービー(GI)においてJapanとは短アタマ差の4着だったBroomeの4代血統表もアップしておきます。

Broome(ブルーム) 牡 鹿毛 2016.2.8生 愛国・Epona Bloodstock Ltd生産 馬主・Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier 愛国・A P O’Brien厩舎

Broome(2016.2.8)の4代血統表
Australia
栗毛 2011.4.8
種付け時活性値:1.00
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Ouija Board
黒鹿毛 2001.3.6
Cape Cross
黒鹿毛 1994.3.13
Green Desert 1983.4.16
Park Appeal 1982.4.9
Selection Board
鹿毛 1982.4.21
Welsh Pageant 1966.4.3
Ouija 1971
Sweepstake
鹿毛 2005.3.10
仔受胎時活性値:0.50
Acclamation
鹿毛 1999.4.26
種付け時活性値:1.25
Royal Applause
鹿毛 1993.2.24
ワージブ 1983.5.20
Flying Melody 1979.5.17
Princess Athena
鹿毛 1985.3.30
Ahonoora 1975.4.12
Shopping Wise 1965
Dust Flicker
栗毛 1999.3.6
仔受胎時活性値:1.25
Suave Dancer
鹿毛 1988.2.7
種付け時活性値:0.50
Green Dancer 1972.4.14
Suavite 1981.5.2
Galaxie Dust
栗毛 1982.5.4
仔受胎時活性値:2.00
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:1.75
High Galaxie
栗毛 1974.4.3
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Ahonoora5×4>

Broome(2016.2.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Australia
(Sadler’s Wells系)
Acclamation
(Northern Dancer系)
Suave Dancer
(Nijinsky系)
Blushing Groom
(Red God系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Blushing Groom
(Galaxie Dust)
5.50 母が米GIII2着馬
(No. 1-c)
6番仔?
(5連産目?)

馬名の「Broome」については、その由来は定かではありませんが、

Broome(ブルーム)の意味 - goo国語辞書
ブルーム【Broome】とは。意味や解説、類語。オーストラリア、西オーストラリア州北部の港町。インド洋に面する。20世紀初頭に日本人などのアジア人が真珠養殖に携わった。チャイナタウン、日本人墓地、日本人移民の暮らしを紹介するブルーム博物館がある。 - goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新...

によると、

オーストラリア、西オーストラリア州北部の港町。インド洋に面する。20世紀初頭に日本人などのアジア人が真珠養殖に携わった。チャイナタウン、日本人墓地、日本人移民の暮らしを紹介するブルーム博物館がある。

とあり、その父Australiaからの連想でオーストラリアの地名を付けられたのでしょうか。日本人の関わりもあった地ということで、Broomeにユタカさんが騎乗されるとなると、不思議な縁を思うところです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。