第47回高松宮記念(GI)の勝ち馬

セイウンコウセイ 牡 栗毛 2013.3.8生 新ひだか・桜井牧場生産 馬主・西山茂行氏 美浦・上原博之厩舎

セイウンコウセイ(2013.3.8)の4代血統表
アドマイヤムーン
鹿毛 2003.2.23
種付け時活性値:0.25
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell 1973.3.29
Witching Hour 1960.3.31
マイケイティーズ
黒鹿毛 1998.5.18
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ケイティーズファースト
鹿毛 1987.3.6
▲Kris 1976.3.23
Katies 1981.4.22
オブザーヴァント
黒鹿毛 2000.4.27
仔受胎時活性値:1.00
Capote
黒鹿毛 1984.3.25
種付け時活性値:1.75
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Too Bald
黒鹿毛 1964.4.29
★Bald Eagle 1955.3.29
Hidden Talent 1956.4.25
パテントリークリア
鹿毛 1988.4.19
仔受胎時活性値:0.75
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.25
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Badge of Courage
鹿毛 1983.4.5
仔受胎時活性値:1.00
Well Decorated
黒鹿毛 1978.3.30
種付け時活性値:1.00
Tamerett
黒鹿毛 1962.2.17
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4>

セイウンコウセイ(2013.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アドマイヤムーン
(Mr. Prospector系)
Capote
(Seattle Slew系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
Well Decorated
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Capote
(Royal Gem)
3.75 伯父タイキフォーチュン
(No. 2-f)
8番仔
(不受胎後)

*

第47回高松宮記念(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 6セイウンコウセイ 牡4 57 幸英明 1:08.7   34.5 500
[0]
上原博之 5
2 3レッツゴードンキ 牝5 55 岩田康誠 1:08.9 1 1/4 33.9 506
[+4]
梅田智之 2
3 7レッドファルクス 牡6 57 M.デムーロ 1:09.0 クビ 34.6 472
[+7]
尾関知人 1
4 1ティーハーフ 牡7 57 国分優作 1:09.3 1 3/4 34.6 468
[0]
西浦勝一 16
5 2フィエロ 牡8 57 内田博幸 1:09.3 ハナ 34.1 504
[+2]
藤原英昭 7

2017年の第47回高松宮記念。今年2017年のドバイワールドカップナイトにおいて、ヴィブロス(2013.4.9)が日本生産調教馬4頭目となるドバイターフ(UAE・GI)制覇を遂げました。そのドバイターフがまだドバイデューティーフリーだった頃、日本生産調教馬として初めて勝利を収めたのが、アドマイヤムーン。そのアドマイヤムーンが種牡馬として送り込んだ初めてのGI勝ち馬となったのが、セイウンコウセイ。

そんなセイウンコウセイ。好スタートから先行4番手、前を行く馬たちを見ながら馬場の良いところを進んで、直線。馬場中央を雄々しく抜け出すと、1頭だけ脚勢が違いました。内ラチ沿いから上がり3ハロン33秒9の鋭脚を見せた2番人気のレッツゴードンキ(2012.4.6)、1番人気に応えようとするレッドファルクス(2011.4.12)というGI馬2頭を尻目に、決勝点では1と4分の1馬身差を着けていました。セイウンコウセイ、完勝によるGI初制覇が重賞初制覇となりました。これで芝1200mでは4戦3勝、2着1回。2着1回も前走シルクロードS(GIII)でダンスディレクター(2010.3.20)とタイム差なしのクビ差。なお、ダートを含めても、1200mでは6戦4勝2着2回と100%連対です。

強い4歳世代に遅れて現れた、短距離王者候補セイウンコウセイ。初勝利を挙げた7戦目、2016年3月21日の未勝利戦から1年で登り詰めてGI馬となったセイウンコウセイ。馬名意味の通り、光り輝く恒星として、短距離戦線の中心であり続けて欲しいと願います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。