第46回フィリーズマイル(英GI)の勝ち馬-Quadrilateral(2017.4.11)-

Result

Quadrilateral(クアドリラテラル) 牝 栗毛 2017.4.11生 英国・Juddmonte Farms Ltd生産 馬主・K Abdullah 英国・Roger Charlton厩舎

Quadrilateral(2017.4.11)の4代血統表

Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:0.00
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
Nimble Thimble
栗毛 2009.4.3
仔受胎時活性値:1.75
Mizzen Mast
芦毛 1998.4.10
種付け時活性値:0.50
▲Cozzene
芦毛 1980.5.8
Caro 1967.4.11
Ride the Trails 1971.5.28
Kinema
鹿毛 1983.4.10
Graustark 1963.4.7
Mrs. Peterkin 1965.5.21
Skiable
栗毛 1990.2.22
仔受胎時活性値:0.50
Niniski
鹿毛 1976.2.15
種付け時活性値:1.25
Nijinsky 1967.2.21
Virginia Hills 1971.3.15
Kerali
栗毛 1984.3.4
仔受胎時活性値:1.25
High Line
栗毛 1966
種付け時活性値:0.25
Sookera
黒鹿毛 1975.5.15
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5>

Quadrilateral(2017.4.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Sadler’s Wells系)
Mizzen Mast
(フオルテイノ系)
Niniski
(Nijinsky系)
High Line
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Niniski
(Ridin’ Easy)
5.50 曾祖母からの分枝に活躍馬多数
(No. 11)
4番仔?
(4連産目?)

*

2019年の第46回フィリーズマイル(英GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Quadrilateral 牝2 57.2 Jason Watson 1:37.75 Roger Charlton 1
2 6 Powerful Breeze 牝2 57.2 James Doyle アタマ Hugo Palmer 4
3 5 Love 牝2 57.2 Ryan Moore 1 1/2 A P O’Brien 3
4 4 Cayenne Pepper 牝2 57.2 Shane Foley 1 1/4 Mrs John Harrington 2
5 3 Boomer 牝2 57.2 Richard Kingscote クビ Tom Dascombe 5

2019年の第46回フィリーズマイル。近年の勝ち馬を見てもIridessa(2016.1.14)、Laurens(2015.4.12)、Rhododendron(2014.2.11)、そしてマインディング(2013.2.10)と3歳時以降もGI勝ちを重ねた名牝たちがいます。そんな出世レースを制したのはQuadrilateral。ニューベリー芝7ハロンのメイドン、同じくニューベリー芝7ハロンのステークス勝ちと2連勝を収めたQuadrilateral、その2戦目で見せた9馬身差勝ちのインパクトは大きく、ここも単勝1番人気に応えて見せました。Quadrilateral、3戦3勝の無敗を以て、2019年のカルティエ賞最優秀2歳牝馬に選出されました。Quadrilateral、その馬名意味は日本語の名詞で言えば「四辺形」です。

では、以下にQuadrilateralのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Skiable 1990.2.22 4勝
|Back Pass 1998.2.8 1勝
||Sharkbite 2003.8.16 5勝 コーフィールドギニープレリュード(豪GIII)3着 ロリーズジェスターS(豪GIII)3着
||Scissor Kick 2011.9.17 4勝 エスキモープリンスS(豪GIII) アップアンドカミングS(豪GIII)ほか
|Three Valleys 2001.2.19 5勝 デルマーBCH(米GII) コヴェントリーS(英GIII) オーシャンポートS(米GIII)ほか
|Nimble Thimble 2009.4.3 1勝
||Quadrilateral 2017.4.11 (本馬) フィリーズマイル(英GI)

Quadrilateralの牝系は11号族。祖母Skiableからの分枝ではQuadrilateralが初めてのGI勝ち馬となりました。Quadrilateralの牝系を見れば、曾祖母にKeraliの名前が見えます。ということは、祖母Skiableは、ジャドモントファームのスーパーブルードメアHasili(1991.3.12)の半姉ですね。Hasiliの繁殖成績は「言うに及ばず」という感もありますが、Hasiliの直仔の成績を改めて振り返っておきますと、、、

  1. Dansili(1996.1.27)
    →ミュゲ賞(仏GII)、エドモンブラン賞(仏GIII)、メシドール賞(仏GIII)ほか。2006年の仏国首位種牡馬であり、ハービンジャー(2006.3.12)の父
  2. Banks Hill(1998.2.24)
    →コロネーションS(英GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI)ほか
  3. Heat Haze(1999.3.12)
    →ビヴァリーD.S(米GI)、メイトリアークS(米GI)ほか
  4. Intercontinental(2000.3.19)
    →ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI)、メイトリアークS(米GI)ほか
  5. Cacique(2001.5.2)
    →マンノウォーS(米GI)、マンハッタンH(米GI)ほか
  6. Champs Elysees(2003.3.21)
    →カナディアンインターナショナルS(GI)、ノーザンダンサーターフS(加GI)ほか
  7. Deluxe(2007.2.12)
    →カーディナルH(米GIII)ほか

じ、実にGI勝ち馬5頭、GII勝ち馬1頭、GIII勝ち馬1頭。GIを勝っていないDansiliは仏2000ギニー(GI)2着、Deluxeもサンタラリ賞(仏GI)2着と、日本で言うところのGI連対があります。恐るべしはスーパーブルードメアHasili。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。