第41回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬。

Result

クイーンズリング 牝 黒鹿毛 2012.5.25生 千歳・社台ファーム生産 馬主・吉田千津氏 栗東・吉村圭司厩舎

クイーンズリング(2012.5.25)の4代血統表
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society
黒鹿毛 1982.2.16
Alleged 1974.5.4
Bold Bikini 1969.4.11
Santa Luciana
黒鹿毛 1973
★Luciano 1964
Suleika 1954
アクアリング
鹿毛 2005.5.28
仔受胎時活性値:1.50
Anabaa
鹿毛 1992.3.13
種付け時活性値:1.00
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Balbonella
鹿毛 1984
★ゲイメセン 1975.5.16
Bamieres 1978.3.19
シーリング
鹿毛 1990.3.18
仔受胎時活性値:1.50
Bering
栗毛 1983.3.20
種付け時活性値:1.50
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Blue River
鹿毛 1980.5.28
仔受胎時活性値:0.25
Riverman
鹿毛 1969
種付け時活性値:0.50
Azurella
鹿毛 1971.4.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Riverman5×4>

クイーンズリング(2012.5.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
マンハッタンカフェ
(Halo系)
Anabaa
(Danzig系)
Bering
(Sea-Bird系)
◆Riverman
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Bering
(アクアリング)
5.25 or 3.25 伯母に仏1000ギニー馬
(No.1-t)
2番仔?
(2連産目?)

*

第41回エリザベス女王杯(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3クイーンズリング 牝4 56 M.デムーロ 2:12.9   33.2 460
[+10]
吉村圭司 3
2 9シングウィズジョイ 牝4 56 C.ルメール 2:12.9 クビ 33.7 474
[0]
友道康夫 12
3 1ミッキークイーン 牝4 56 浜中俊 2:13.1 1 1/4 33.6 442
[+10]
池江泰寿 2
4 15パールコード 牝3 54 川田将雅 2:13.2 3/4 34.0 504
[-4]
中内田充正 5
5 13プリメラアスール 牝4 56 幸英明 2:13.4 1 1/4 34.6 500
[+8]
鈴木孝志 14

勝負は1番人気と2番人気のディープインパクト(2002.3.25)産駒ではなく、3番人気と12番人気のマンハッタンカフェ産駒で決着しました。クイーンズリング、ここまで1800mの府中牝馬S(GII)、1400mのフィリーズレビュー(GII)、京都牝馬S(GIII)を勝利しており、非根幹距離のリズムは勝手知ったるもの。発馬はふわっとした感じになりましたが、それも却って良かったのかも知れません。最後は、上がり3ハロン33秒2のメンバー最速の鋭脚で、粘るシングウィズジョイ(2012.2.25)を「クビ」だけ差し切っていました。そうして終わってみれば、ミルコ・デムーロ騎手とクリストフ・ルメール騎手のワンツー。あれだけ勝ちまくっているデムーロ騎手は京都のGI初勝利、そして管理される吉村圭司調教師は開業5年目で嬉しいGI初勝利となりました。おめでとうございました。

それでは、以下にクイーンズリングのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。

Blue River 1980.5.28 1勝 オマール賞(仏GIII)3着
||Stani River 1989.3.3 1勝
|||マンダリンママ 1996.4.12 2勝
||||テイエムタイホー 2009.4.29 現役 六甲S(OP) タンザナイトS(OP) 京都金杯(GIII)2着
||シーリング 1990.3.18 2勝
|||Torrestrella 2001.5.6 3勝 仏1000ギニー(GI)
||||Farmah 2011.3.20 カルロ&フランチェスコアロイジ賞(伊GIII)
||||Intilaaq 2012.4.12 ローズオブランカスターS(英GIII)
|||アクアリング 2005.5.28 1勝
||||クイーンズリング 2012.5.25 (本馬) エリザベス女王杯(GI) 府中牝馬S(GII) フィリーズレビュー(GII) 京都牝馬S(GIII)ほか
||Shirley Blue 1994.5.18 0勝
|||Just Devine 2003.4.4 0勝
||||Secret Weapon 2010.2.18 センテナリーヴァーズ(香GIII)
|||Airmail Special 2004.4.12 2勝 リス賞(仏GIII)

近親に活躍馬が見られる1号族。伯母Torrestrellaが仏1000ギニー馬、そのTorrestrellaの仔も2頭が欧州のGIIIを制しています。社台さんは、このあたり、勢いづく牝系を持って来られるのが、本当にお上手。

クイーンズリング、古馬女王を戴冠してGI馬として臨む「これから」が楽しみとなりました。非根幹距離上手とは言うものの、秋華賞(GI)2着もありますし、伊達や酔狂で重賞4勝は出来ません。その確かな地力を以て挑む先に、幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。