第38回ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬2頭について

第38回ジャパンカップ(GI)に出走予定の外国馬2頭について
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
4代血統構成
母父祖母父曾祖母父
GIカプリ
(2014.2.7)
[8-d]
3番仔?
(3連産目?)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Anabaa
(Danzig系)
Linamix
(Lyphard系)
Akarad
(Blenheim系)
GIIサンダリングブルー
(2013.4.26)
[5-i]
3番仔?
(3連産目?)
Exchange Rate
(Danzig系)
Forestry
(Storm Cat系)
Pass the Tab
(Blenheim系)
One for All
(Northern Dancer系)

2018年の第38回ジャパンカップに出走予定の外国馬は、カプリとサンダリングブルーという芦毛の2頭。近時、このサイトにお見えの方の検索キーワードを拾いますと「カプリ 愛ダービー,オリオンザサンクス馬,カプリ馬セントレジャー,カプリ セントレジャー,2017英セントレジャー」と、明らかにカプリに関するキーワードが揃っています。そんなキーワードの中にオリオンザサンクス(1996.4.10)が入っているところがシブい^^;

カプリ。第152回愛ダービー(GI)第241回英セントレジャーS(GI)と愛国と英国のクラシックを制した強豪。


愛ダービーを制した際のサムネイルがカッコいいですね。At The RacesのYoutubeチャンネル、良い仕事です。カプリは今までに6勝を遂げていますが、その愛ダービーが良馬場での唯一の勝利で、その他の5勝は稍重、重、不良と馬場が湿った際に好走しています。軽快な日本の馬場への適正が問われますが、2歳時に8FのベレスフォードS(愛GII)を制し、3歳時に上述のクラシック2勝、そして4歳時の今年2018年は10FのアレッジドS(愛GIII)を勝利と、伊達や酔狂で3年連続のグループレース制覇は遂げられません。おなじみのクールモア、そして鞍上は「名手」ライアン・ムーア騎手。

サンダリングブルー。今年2018年に入って10F56yのヨークS(英GII)、2400mのストックホルムCインターナショナル(瑞GIII)とグループレース2勝。

地道に力を付けてきたサンダリングブルー。8月の第47回英インターナショナルS(GI)でRoaring Lion(2015.3.11)の3着と健闘した時点で、

「カナディアンインターナショナルは常に考えていたし、ジャパンカップに招待してほしいね。フラン(ベリー騎手)は向こうで騎乗経験が豊富だし、サンダリングブルーにもとても合うのではないかと思うんだ。1マイル半(12ハロン)にも対応できるようになると思っている」

英インターナショナルS3着のサンダリングブルー陣営、ジャパンC参戦に前向き | JRA-VAN Ver.World

と、管理されるダヴィッド・ムニュイジエ調教師が述べられていました。サンダリングブルー、前走の第81回カナディアンインターナショナルS(GI)は2着でしたが、近5走は左回りばかりで[2-2-1-0]。戦前、伏兵の域は出ないでしょうけれど、東京芝2400mでの快走が見られますでしょうか。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

第38回ジャパンカップに出走予定の外国馬は2頭。これは2006年の第26回と並んで史上最少の頭数やね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

12月に香港国際競走が組まれていますので、欧州勢はどうしてもそちらに回りがちです。

マイシンザン
マイシンザン

まま、日本馬が本当に強くなって、外国馬がなかなか勝てなくなったという背景もあるけれど、な……。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ひと昔前は、その年の世界最速の選手権距離王者を決めるレースという趣きもありました。

マイシンザン
マイシンザン

トウカイテイオー(1988.4.20)さんが勝った1992年の第12回とか、ホンマに豪華メンバーやったもんね。