第37回フェブラリーS(GI)の勝ち馬-モズアスコット(2014.3.31)-

Result

モズアスコット 牡 栗毛 2014.3.31生 米国・Summer Wind Farm生産 馬主・(株)キャピタル・システム 栗東・矢作芳人厩舎

モズアスコット(2014.3.31)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:1.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
India
栗毛 2003.4.2
仔受胎時活性値:0.50
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
種付け時活性値:0.25
▲Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Island Kitty
栗毛 1976.2.23
Hawaii 1964
T. C. Kitten 1969.3.30
Misty Hour
鹿毛 1995.2.23
仔受胎時活性値:1.75
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.00
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Our Tina Marie
鹿毛 1978.3.15
仔受胎時活性値:2.00
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.50
Java Moon
鹿毛 1970.5.6
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Miswaki3×4、Northern Dancer4×5×5×5>

モズアスコット(2014.3.31)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Frankel
(Sadler’s Wells系)
ヘネシー
(Storm Cat系)
★Miswaki
(Mr. Prospector系)
Nijinsky
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Frankel
(デインヒル)
6.00母が米Gレース2勝
(No. 4-r)
5番仔?
(2連産目?)

*

2020年の第37回フェブラリーS(GI。東京ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
112モズアスコット牡657C.ルメール1:35.28-835.4494
[0]
矢作 芳人1
215ケイティブレイブ牡757長岡 禎仁1:35.62 1/29-935.6524
[+4]
杉山 晴紀16
39サンライズノヴァ牡657松山 弘平1:35.81 1/412-1335.3534
[+10]
音無 秀孝3
416ワンダーリーデル牡757横山 典弘1:35.8ハナ12-1135.5530
[0]
安田 翔伍7
54タイムフライヤー牡557S.フォーリー1:36.11 3/43-337.0472
[-2]
松田 国英10

モズアスコット。アグネスデジタル(1997.5.15)イーグルカフェ(1997.2.10)クロフネ(1998.3.31)アドマイヤドン(1999.5.17)に続く、史上5頭目のJRA芝&ダートのデュアルGI制覇、成る。そしてまた、管理される矢作芳人調教師は2019年の第64回有馬記念(GI)のリスグラシュー(2014.1.18)、第36回ホープフルS(GI)のコントレイル(2017.4.1)に続く、JRAGI出走機会3連勝、成る。そうして、鞍上のクリストフ・ルメール騎手は、意外な感もありますが、フェブラリーS初制覇。それぞれに、おめでとうございました。

偉業を果たしたモズアスコット。この2戦はダートで連勝を果たしましたが、報道によりますと、この後は4月に豪州で行われるドンカスターマイル(豪GI)に出走する模様。

2020オーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」に日本馬が予備登録 JRA

JRAの芝&ダートのGIに続いて、モズが次についばむ獲物が海外GIとなれば、これもまた偉業。モズアスコットの次走、楽しみにしたいと思います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ケイティブレイブ(2013.5.11)、JpnI3勝馬が16頭立てのシンガリ人気とは馬鹿にされすぎましたね。JRAGI初騎乗となった長岡禎仁騎手も期するところはあったでしょう。

マイシンザン
マイシンザン

ああ。終わってみればフェブラリーSの3着までは、戦前までにジーワン勝ちを収めている馬たちやったからな。芝ダート問わずやけれど。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。またこの週末は、土曜日のダイヤモンドS(GIII)でミライヘノツバサ(2013.4.27)がやはり16頭立てシンガリ人気で勝利を収めており、2013年生まれ世代の馬たちが頑張りました。

マイシンザン
マイシンザン

ケイティブレイブ、ミライヘノツバサ。2頭共に「まだまだ若いもんには負けんぜよ」という気概を見たね。素晴らしい。

G1フェブラリーS前日に重賞を制した白い馬の数奇な運命とは……(平松さとし) - Yahoo!ニュース
22日に行われたダイヤモンドS(G3)を制したミライヘノツバサの購入時から直前までの数奇な運命を伊藤大士調教師に語っていただいた