第35回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)の勝ち馬-Game Winner(2016.3.6)-

Game Winner(ゲームウィナー) 牡 鹿毛 2016.3.6生 米国・Summer Wind Equine生産 馬主・West, Gary and Mary 米国・Bob Baffert厩舎

Game Winner(2016.3.6)の4代血統表
Candy Ride(ARG)
鹿毛 1999.9.27
種付け時活性値:1.875
Ride the Rails
黒鹿毛 1991.3.5
Cryptoclearance
黒鹿毛 1984.4.9
Fappiano 1977.5.19
Naval Orange 1975
Herbalesian
鹿毛 1969.4.29
Herbager 1956
Alanesian 1954.4.28
Candy Girl
栗毛 1990.7.7
Candy Stripes
栗毛 1982.4.12
Blushing Groom 1974.4.8
バブルカンパニー 1977.4.5
City Girl
栗毛 1982
Farnesio 1974.10.15
Cithara 1975
Indyan Giving
黒鹿毛 2009.2.17
仔受胎時活性値:1.50
A.P. Indy
黒鹿毛 1989.3.31
種付け時活性値:0.75
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Weekend Surprise
鹿毛 1980.4.8
Secretariat 1970.3.30
Lassie Dear 1974.5.2
Fleet Indian
黒鹿毛 2001.3.8
仔受胎時活性値:1.75
Indian Charlie
鹿毛 1995.3.27
種付け時活性値:1.25
In Excess 1987.4.8
Soviet Sojourn 1989.4.4
Hustleeta
芦毛 1995.1.16
仔受胎時活性値:1.25
アフリート
栗毛 1984.4.10
種付け時活性値:0.50
Bravo Native
芦毛 1978.3.19
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×5>

Game Winner(2016.3.6)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Candy Ride
(Mr. Prospector系)
A.P. Indy
(Seattle Slew系)
Indian Charlie
(フオルテイノ系)
アフリート
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Candy Ride
(Cryptoclearance)
6.50祖母が米GI2勝馬
(No. 1-s)
3番仔?
(3連産目?)

*

2018年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI。チャーチルダウンズ・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
19Game Winner牡255.3Joel Rosario1:43.67Bob Baffert1
210Knicks Go牡255.3Albin Jimenez2 1/4Ben Colebrook7
313Signalman牡255.3Brian Joseph Hernandez Jr1Kenneth McPeek12
42Mr. Money牡255.3Gabriel Saez6 1/4W Bret Calhoun10
511Gunmetal Gray牡255.3Flavien Prat3Jerry Hollendorfer4

2018年の第35回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)。8月のデルマー・ダート6Fのメイドン、9月のデルマー・ダート7Fのデルマーフューチュリティ(米GI)、サンタアニタパーク・ダート8.5FのアメリカンファラオS(米GI)、そして11月のチャーチルダウンズ・ダート8.5Fのブリーダーズカップ・ジュヴェナイルとデビューから4連勝、GI3連勝を遂げました、Game Winner。鞍上のジョエル・ロザリオ騎手はJaywalk(2016.3.30)で制した第35回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)に続いての同日GI2勝目となりました。

では、以下にGame Winnerの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Hustleeta 1995.1.16 0勝
|Fleet Indian 2001.3.8 13勝 ベルデイムS(米GI) パーソナルエンスンS(米GI)ほか
||Indyan Giving 2009.2.17 不出走
|||Game Winner 2016.3.6 (本馬) ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI) アメリカンファラオS(米GI) デルマーフューチュリティ(米GI)

Game Winnerの牝系は米国で継承されている1号族s分枝系、つまりはおなじみのLa Troienne(1926)系。Game Winnerの祖母Fleet Indianは第68回ベルデイムS、第59回パーソナルエンスンS、デラウェアH(米GII)、ネクストムーヴH(米GIII)、シクスティセイルズH(米GIII)と米グレードレース5勝の活躍を以て、2006年のエクリプス賞最優秀古馬牝馬に選出されました。なお、Fleet Indianのグレードレース5勝は2005年末から2006年にかけての8連勝の中で遂げられました。

Game Winner。その名の通り、ここまで4戦4勝、試合の勝者であり続けました。Game Winner、祖母に続いてのエクリプス賞受賞は間違いないでしょう。2歳牡馬王者として臨む2019年の米国クラシック戦線、Game Winnerの戦績や如何に。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

Game Winnerの管理は、またまたボブ・バファート調教師ですね。

マイシンザン
マイシンザン

活躍馬はAmerican Pharoah(2012.2.2)Justify(2015.3.28)ほか多数やな。師のあの優しい微笑みに対して、たとえは良くないかも知れないが、周囲の調教師からしたら「銀髪鬼」に見えるんやなかろうか……。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

日本の競馬の世界では、第38回菊花賞(現GI)を制したプレストウコウ(1974.4.14)さんが「銀髪鬼」とあだ名されましたね。

マイシンザン
マイシンザン

「テンメイ先頭、トウメイが待っているぞ!!」の名調子、か。