第35回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)の勝ち馬-Accelerate(2013.5.10)-

Accelerate(アクセラレート) 牡 栗毛 2013.5.10生 米国・Mike Abraham生産 馬主・Hronis Racing LLC 米国・John W. Sadler厩舎

Accelerate(2013.5.10)の4代血統表
Lookin at Lucky
鹿毛 2007.5.27
種付け時活性値:1.25
Smart Strike
鹿毛 1992.5.21
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Classy ‘n Smart
鹿毛 1981.5.20
Smarten 1976.4.17
No Class 1974.3.30
Private Feeling
鹿毛 1999.2.14
Belong to Me
鹿毛 1989.3.20
Danzig 1977.2.12
Belonging 1979.5.28
Regal Feeling
鹿毛 1986.3.21
Clever Trick 1976.3.10
Sharp Belle 1975.2.23
Issues
栗毛 2003.5.4
仔受胎時活性値:0.25

Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
種付け時活性値:0.00
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Primal Force
鹿毛 1987.4.27
Blushing Groom 1974.4.8
Prime Prospect 1978.3.20
Darlin Echo
栗毛 1996.2.14
仔受胎時活性値:1.50
Eastern Echo
鹿毛 1988.3.4
種付け時活性値:1.75
Damascus 1964.4.14
Wild Applause 1981.5.4
Darlin Lindy
栗毛 1986.4.22
仔受胎時活性値:0.25
Cox’s Ridge
鹿毛 1974.4.4
種付け時活性値:0.75
スマートダーリン
黒鹿毛 1982.5.19
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector3×5、Smartaire(♀)5×5、Northern Dancer5×5×5>

Accelerate(2013.5.10)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Lookin at Lucky
(Mr. Prospector系)
★Awesome Again
(Deputy Minister系)
Eastern Echo
(Damascus系)
Cox’s Ridge
(Turn-to系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Eastern Echo
(Darlin Echo)
2.75キョウエイギアと同牝系
(No. A13)
4番仔?
(2連産目?)

*

2018年の第35回ブリーダーズカップ・クラシック(米GI。チャーチルダウンズ・ダート10F)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
114Accelerate牡557.2Joel Rosario2:02.93John W Sadler1
24Gunnevera牡457.2Irad Ortiz Jr1Antonio Sano10
31Thunder Snow牡457.2Christophe Soumillon3/4Saeed bin Suroor7
410Yoshida牡457.2Jose L OrtizハナWilliam Mott7
59Mendelssohn牡355.3Ryan Moore2 1/4A P O’Brien6

2018年の第35回ブリーダーズカップ・クラシック。当年の米国最強馬を決めるこの一戦、2018年のレースを制したのはAccelerate。Accelerate、今年に入ってからその名の通り成績を加速させて行き、サンパスカルS(米GII)1着、第80回サンタアニタH(米GI)1着、オークローンH(米GII)2着、第79回ゴールドCアットサンタアニタS(米GI)1着、第28回パシフィッククラシックS(米GI)1着、第37回オーサムアゲインS(米GI)1着、そして第35回ブリーダーズカップ・クラシック1着と7戦6勝、2着1回。米国西海岸の古馬主要路線を中心として、見事な走りを見せ続けました。また、Accelerateの鞍上のジョエル・ロザリオ騎手はJaywalk(2016.3.30)Game Winner(2016.3.6)による「フューチャー・スターズ・フライデー」のジュヴェナイル競走連勝に続き、「チャンピオンシップ・サタデー」のクラシックも勝利して、連日のメイン競走制覇となりました。

では、以下にAccelerateの近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

スマートダーリン 1982.5.19 1勝
|Darlin Lindy 1986.4.22 5勝
||Taine 1991.4.20 3勝
|||Puzzlement 1999.1.14 6勝 サラトガBCH(米GII) ハルズホープH(米GIII)ほか
||Wagon Limit 1994.5.16 ジョッキークラブゴールドC(米GI) ウエストチェスターH(米GIII)ほか
||Darlin Echo 1996.2.14 2勝
|||Issues 2003.5.4 4勝
||||Amarish 2010.5.4 5勝 ジャージーショアS(米GIII)2着
||||Daddy D T 2012.2.23 5勝 ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ(米GI)3着
||||Accelerate 2013.5.10 (本馬) ブリーダーズカップ・クラシック(米GI) サンタアニタH(米GI) ゴールドCアットサンタアニタS(米GI) パシフィッククラシックS(米GI) オーサムアゲインS(米GI)ほか
|ローレルアンジュ 1999.5.29 7勝 エンプレス杯(統一GII)
||キョウエイギア 2013.2.16 ジャパンダートダービー(JpnI)ほか

Accelerateの牝系は米国で継承されているA13号族。Accelerateの高祖母スマートダーリンはカタカナ表記の通り日本に輸入されており、2006年のエンプレス杯を制したローレルアンジュの母となり、2016年の第18回ジャパンダートダービーを制したキョウエイギアの祖母となりました。余談となりますが、アメリカンナンバーをボトムラインに持つ馬のブリーダーズカップ・クラシック制覇は、1994年の第11回を制したConcern(1991.2.14)-A5-、2014年の第31回を制したBayern(2011.5.3)-A4-に続いて、Accelerateが3例目でした。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

Accelerateとキョウエイギア、同じ2013年生まれ世代の同牝系馬。洋の東西、離れていても血統はつながるものですね。

マイシンザン
マイシンザン

キョウエイギアは、ジャパンダートダービーでケイティブレイブ(2013.5.11)ゴールドドリーム(2013.4.19)を負かしているからなぁ。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ジャパンダートダービー当日(2016年7月13日)が田中晴夫オーナーのお誕生日で、前立腺がんの手術前だった矢作芳人調教師に勇気を与えたという浪花節でした。

マイシンザン
マイシンザン

青森県産のジーワン勝ち馬、なんとか復活してほしいものやね。