第35回マイルチャンピオンシップ(GI)の勝ち馬-ステルヴィオ(2015.1.15)-

ステルヴィオ 牡 鹿毛 2015.1.15生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・木村哲也厩舎

ステルヴィオ(2015.1.15)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.50
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
ラルケット
青鹿毛 2005.3.5
仔受胎時活性値:0.25
ファルブラヴ
鹿毛 1998.2.28
種付け時活性値:1.50
Fairy King
鹿毛 1982.3.4
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Gift of the Night
黒鹿毛 1990.2.7
Slewpy 1980.3.28
Little Nana 1975.3.18
アズサユミ
黒鹿毛 1995.3.21
仔受胎時活性値:0.25
★サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.00
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ファーストクラス
栗毛 1989.3.1
仔受胎時活性値:1.25
トウシヨウボーイ
鹿毛 1973.4.15
種付け時活性値:1.75
スイートコンコルド
鹿毛 1978.3.13
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4>

ステルヴィオ(2015.1.15)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
ファルブラヴ
(Fairy King系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
トウシヨウボーイ
(Princely Gift系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
トウシヨウボーイ
(ラルケット)
2.25母の兄妹がジャンプ重賞勝ち馬
(No. 11-c ダンスタイム系)
3番仔
(不受胎後)

*

2018年の第35回マイルチャンピオンシップ(GI。京都芝外1600m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
11ステルヴィオ牡356W.ビュイック1:33.334.1478
[+10]
木村哲也5
22ペルシアンナイト牡457M.デムーロ1:33.3アタマ33.9492
[+8]
池江泰寿3
33アルアイン牡457川田将雅1:33.51 1/434.5520
[+8]
池江泰寿4
416カツジ牡356松山弘平1:33.5アタマ33.4488
[+6]
池添兼雄16
510ミッキーグローリー牡557戸崎圭太1:33.5クビ33.4554
[+4]
国枝栄8

2018年の第35回マイルチャンピオンシップ。決勝点前、アルアイン(2014.5.1)がジェニュイン(1992.4.28)やダイワメジャー(2001.4.8)に続いての「皐月賞(GI)&マイルチャンピオンシップ」の勝利を目指したところで、内ラチ沿いを駆けて来た馬が2頭。1枠1番の3歳牡馬ステルヴィオ、1枠2番の防衛王者ペルシアンナイト(2014.3.11)。クビの上げ下げの追い合いは、ステルヴィオとウィリアム・ビュイック騎手の若さがわずかに勝って「アタマ」だけ先着していました。終わってみれば、馬番1、2、3の馬たちが綺麗に揃っての1、2、3着。そうして、ステルヴィオ、ビュイック騎手、管理される木村哲也調教師と、いずれもJRA・GI初勝利となりました。

では、以下にステルヴィオのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

アズサユミ 1995.3.21 1勝
|クランエンブレム 2004.2.23 6勝 阪神ジャンプS(J・GIII)
|ラルケット 2005.3.5 4勝 クイーンC(GIII)3着
||ステルヴィオ 2018.1.15 (本馬) マイルチャンピオンシップ(GI) スプリングS(GII)ほか
|クリーバレン 2006.3.29 3勝 新潟ジャンプS(J・GIII)

ステルヴィオの牝系は、愛国産の牝馬ダンスタイム(1957)を日本の牝系祖とする11号族c分枝系。伯父クランエンブレムはその父ウォーエンブレム(1999.2.20)の初年度産駒としてJRA初勝利を収めた馬でもありました。まま、ともあれ、ダンスタイムの牝系で、ステルヴィオの高祖母が冠名「スイート」の付くスイートコンコルドであることからもお察しの通り、かのシンボリルドルフ(1981.3.13)と同牝系ですね。スイートコンコルドはシンボリルドルフの全姉であり、誕生日が同じ3月13日です。ステルヴィオは、スイートルナ(1972.5.4)の仔孫として、シンボリルドルフ以来久しぶりに輩出された平地GI勝ち馬となりました。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

種牡馬ロードカナロアは初年度から3冠牝馬アーモンドアイ(2015.3.10)に続いて、牡馬でもGI勝ち馬を送り込みましたね。

マイシンザン
マイシンザン

ああ。2年度産駒もファンタジスト(2016.4.22)ケイデンスコール(2016.2.11)とすでに2頭の重賞勝ち馬がいるな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

2年度産駒ではサートゥルナーリア(2016.3.21)というシーザリオ(2002.3.31)の仔もかなりの逸材の模様。

マイシンザン
マイシンザン

そうやね。ロードカナロアはサンデーサイレンスさんの血を持たないから、配合もしやすいんやろな。