第35回ホープフルS(GI)の勝ち馬-サートゥルナーリア(2016.3.21)+α-

サートゥルナーリア 牡 黒鹿毛 2016.3.21生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・中竹和也厩舎

サートゥルナーリア(2016.3.21)の4代血統表
ロードカナロア
鹿毛 2008.3.11
種付け時活性値:1.75
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
レディブラッサム
鹿毛 1996.3.4
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
サラトガデュー
鹿毛 1989.4.3
Cormorant 1974.4.21
Super Luna 1982.4.5
シーザリオ
青毛 2002.3.31
仔受胎時活性値:1.25
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:1.50
★サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー 1974.5.19
レデイーシラオキ 1978.4.3
キロフプリミエール
鹿毛 1990.4.15
仔受胎時活性値:0.75
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:0.00
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Querida
黒鹿毛 1975.3.14
仔受胎時活性値:1.50
★Habitat
鹿毛 1966.5.4
種付け時活性値:0.00
Principia
鹿毛 1970.5.20
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

サートゥルナーリア(2016.3.21)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ロードカナロア
(Mr. Prospector系)
スペシャルウィーク
(Halo系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
★Habitat
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ロードカナロア4.50母と半兄2頭もGI馬
(No. 16-a)
9番仔
(7連産目)

*

2018年の第35回ホープフルS(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
15サートゥルナーリア牡255M.デムーロ2:01.635.3500
[+12]
中竹 和也1
28アドマイヤジャスタ牡255C.ルメール2:01.81 1/235.6504
[+4]
須貝 尚介2
31ニシノデイジー牡255勝浦 正樹2:01.93/435.3490
[+4]
高木 登3
413コスモカレンドゥラ牡255戸崎 圭太2:02.21 1/236.1444
[+2]
田中 博康8
52ブレイキングドーン牡255福永 祐一2:02.2ハナ35.9494
[+6]
中竹 和也4

2018年の第35回ホープフルS。4角で最内の4番手で回った際には厳しい競馬になったように見受けました。直線、狭いところを縫うようにして抜け出して来て、最後は流す余裕あり。サートゥルナーリア、6月の阪神芝1600mの新馬戦、10月の京都芝1800mの萩S(OP)、そして12月の中山芝2000mのホープフルSと3戦3勝。未来が広がる勝利を以て、2019年のクラシック戦線に向かいます。

では、以下にサートゥルナーリアのごく簡単でも豪華な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

キロフプリミエール 1990.4.15 5勝 ラトガーズBCH(米GIII)ほか
|シーザリオ 2002.3.31 5勝 アメリカンオークス招待S(米GI) 優駿牝馬(GI) フラワーC(GIII)ほか
||エピファネイア 2010.2.11 6勝 ジャパンカップ(GI) 菊花賞(GI) 神戸新聞杯(GII) ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)ほか
||リオンディーズ 2013.1.29 2勝 朝日杯フューチュリティS(GI)ほか
||グローブシアター 2014.2.14 ホープフルS(GII)3着
||サートゥルナーリア 2016.3.21 (本馬) ホープフルS(GI) 萩S(OP)
|Savannah's Choice 2007.9.10 3勝 ドゥームベンロージズ(豪GIII)2着
||Overshare 2014.9.20 ゼディタブS(豪GIII)

サートゥルナーリアの牝系は16号族a分枝系。母が「Japanese superstar Cesario!!」でおなじみのシーザリオ、半兄がGI2勝のエピファネイア、そしてやはり2歳GIを制したリオンディーズ。言わずもがなの超良血馬、サートゥルナーリア。

*

今回のホープフルSで2着に入った馬も紹介しておきます。

アドマイヤジャスタ 牡 鹿毛 2016.3.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏 栗東・須貝尚介厩舎

アドマイヤジャスタ(2016.3.19)の4代血統表
ジャスタウェイ
鹿毛 2009.3.8
種付け時活性値:1.50
ハーツクライ
鹿毛 2001.4.15
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
アイリッシュダンス
鹿毛 1990.3.26
トニービン 1983.4.7
ビユーパーダンス 1983.2.26
シビル
鹿毛 1999.5.16
Wild Again
黒鹿毛 1980.5.22
Icecapade 1969.4.4
Bushel-n-Peck 1958.3.21
シャロン
栗毛 1987.5.10
Mo Exception 1981.4.8
Double Wiggle 1978.2.4
アドマイヤテレサ
鹿毛 2000.3.3
仔受胎時活性値:1.75
エリシオ
鹿毛 1993.1.24
種付け時活性値:1.50
Fairy King
鹿毛 1982.3.4
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Helice
鹿毛 1988.4.4
Slewpy 1980.3.28
Hirondelle 1981.5.5
ヒード
鹿毛 1989.1.19
仔受胎時活性値:0.50
★Caveat
黒鹿毛 1980.3.16
種付け時活性値:0.00
★Cannonade 1971.5.12
Cold Hearted 1974.2.1
Swan
鹿毛 1976.3.3
仔受胎時活性値:1.00
★Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
種付け時活性値:0.00
Her Demon
黒鹿毛 1971
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Nearctic5×5>

アドマイヤジャスタ(2016.3.19)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ジャスタウェイ
(Halo系)
エリシオ
(Northern Dancer系)
★Caveat
(Bold Ruler系)
★Nijinsky
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
ジャスタウェイ4.25半兄アドマイヤラクティ
(No. 8-f)
10番仔
(10連産目)

2018年に初年度産駒がデビューしたジャスタウェイ。牡馬の産駒で1番最初に勝ち上がったのがアドマイヤジャスタでした。そんなアドマイヤジャスタ、牡馬の産駒で初めて2勝目を挙げた馬となり、そしてまた牡馬の産駒で初めて重賞連対を果たした馬にもなりました。なお、ジャスタウェイ産駒として最初に勝利を挙げたのが、牝馬アウィルアウェイ(2016.2.4)。アウィルアウェイはダリア賞(OP)を勝ち、京王杯2歳S(GII)2着と、やはり頑張っています。

では、以下にアドマイヤジャスタのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

ヒード 1989.1.19 6勝 ニジャナS(米GIII)ほか
|アドマイヤテレサ 2000.3.3 5勝
||アドマイヤラクティ 2008.2.20 7勝 コーフィールドC(豪GI) ダイヤモンドS(GIII)ほか
||サトノジュピター 2009.3.3 4勝 小倉日経オープン(OP)
||アドマイヤジャスタ 2016.3.19 (本馬) ホープフルS(GI)2着

アドマイヤジャスタの牝系は8号族f分枝系。半兄アドマイヤラクティが豪GI勝ち、祖母ヒードが米GIII勝ちと活力充分。アドマイヤラクティは最期が悲しかったですが、弟には兄の分も、長く元気に活躍してほしいと願います。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

マイシンザン
マイシンザン

このサイトの管理人、某サイトのPOGでサートゥルナーリアを指名しているそうな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ニッチな血統理論ファンの割に、ベタベタな良血馬を選んだものですね。

マイシンザン
マイシンザン

まま、サートゥルナーリアの母シーザリオが、0の理論的にも超良馬やからな。