第34回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI)の勝ち馬

Forever Unbridled 牝 鹿毛 2012.4.24生 米国・Charles Fipke生産 馬主・Charles E Fipke 米国・Dallas Stewart厩舎

Forever Unbridled(2012.4.24)の4代血統表
Unbridled’s Song(USA)
芦毛 1993.2.18
種付け時活性値:0.50
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
Fappiano
鹿毛 1977.5.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Killaloe 1970.3.17
Gana Facil
栗毛 1981.2.9
Le Fabuleux 1961
Charedi 1976.4.12
Trolley Song
芦毛 1983.4.13
Caro
芦毛 1967.4.11
フォルティノ 1959.4.19
Chambord 1955
Lucky Spell
鹿毛 1971.1.28
★Lucky Mel 1954.3.7
Incantation 1965
Lemons Forever(USA)
栗毛 2003.5.24
仔受胎時活性値:2.00
Lemon Drop Kid(USA)
鹿毛 1996.5.26
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
Charming Lassie
黒鹿毛 1987.3.6
Seattle Slew 1974.2.15
Lassie Dear 1974.5.2
Critikola(ARG)
栗毛 1995.9.18
仔受胎時活性値:1.625
Tough Critic(USA)
鹿毛 1979.4.21
種付け時活性値:1.875
★Grey Dawn 1962.3.13
In Devotion 1971.2.3
Hola Keats(ARG)
栗毛 1984
仔受胎時活性値:0.50
Keats(ARG)
鹿毛 1971.2.28
種付け時活性値:1.125
Hello Love(USA)
鹿毛 1971.4.7
仔受胎時活性値:1.125

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4>

Forever Unbridled(2012.4.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Unbridled’s Song
(Mr. Prospector系)
Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
Tough Critic
(Herbager系)
Keats
(Phalaris系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Tough Critic
(Alanesian)
5.25 母がケンタッキーオークス馬
(No. 4-m)
4番仔?
(4連産目?)

*

第34回ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI。デルマー・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Forever Unbridled 牝5 56.2 John R Velazquez 1:50.25 Dallas Stewart 3
2 4 Abel Tasman 牝3 54.9 Mike E Smith 1/2 Bob Baffert 4
3 7 Paradise Woods 牝3 54.9 Flavien Prat 3 Richard E Mandella 5
4 5 Elate 牝3 54.9 Jose L Ortiz 1 William Mott 1
5 3 Mopotism 牝3 54.9 Frankie Dettori 2 Doug O’Neill 8

2017年の第34回ブリーダーズカップ・ディスタフ。昨年2016年の第33回は、名牝Beholder(2010.5.9)がGI11勝目と共に引退の花道を飾りました。その第33回で3着だったForever Unbridled、1年経った第34回では1着となり、主役を勝ち取りました。Forever Unbridled、8頭立てで発馬直後は抑えて7番手。道中は6番手を進み、3角から4角では外から悠然と進出して、直線では先にやらせたParadise Woods(2014.4.7)を捉えると、後はForever Unbridledとジョン・ヴェラスケス騎手の世界。今年2017年の第143回ケンタッキーオークス(米GI)を制したAbel Tasman(2014.3.12)とマイク・スミス騎手が外から鋭脚で迫りましたが、「おいでおいで」とばかりに、決勝点では2分の1馬身差を着けての快勝でした。

そんなForever Unbridledの、ごくごく簡単な近親牝系図を示しておきますと、

Critikola 1995.9.18 8勝 ゲリーコ賞(亜GII) マルコスレヴァリェ賞(亜GII) イネスVロカ賞(亜GIII)ほか
|Lemons Forever 2003.5.24 4勝 ケンタッキーオークス(米GI)ほか
||Unbridled Forever 2011.4.23 4勝 バレリーナS(米GI)ほか
||Forever Unbridled 2012.4.24 (本馬) ブリーダーズカップ・ディスタフ(米GI) パーソナルエンスンS(米GI)、ベルデイムS(米GI)、アップルブラッサムH(米GI)ほか

良血、ですね。母がケンタッキーオークス馬、よく似た名前の全姉がやはり米GI勝ち馬。なお、母が制したケンタッキーオークス、全姉は3着でしたが、Forever Unbridledは11着でした。その悔しさをバネにしたのか、Forever Unbridled。積み重ねて米GI4勝、その果てが、ブリーダーズカップ・ディスタフの勝利でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする