第34回フェブラリーS(GI)の勝ち馬

ゴールドドリーム 牡 鹿毛 2013.4.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・平田修厩舎

ゴールドドリーム(2013.4.19)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28 ♀
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
モンヴェール
鹿毛 2003.5.8
仔受胎時活性値:0.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
スペシャルジェイド
鹿毛 1993.2.16
仔受胎時活性値:0.25
Cox’s Ridge
鹿毛 1974.4.4
種付け時活性値:0.50
Best Turn 1966.5.7
Our Martha 1961.5.7
Statistic
鹿毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:1.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.25
Number
鹿毛 1979.5.5
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Special(♀)4×5、Turn-to5×5、Nijinsky5×5>

ゴールドドリーム(2013.4.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
Cox’s Ridge
(Turn-to系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nureyev)
3.50 or 1.50 母がJpnII3着馬
(No. 5-h)
4番仔
(4連産目)

*

第34回フェブラリーS(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3ゴールドドリーム 牡4 57 M.デムーロ 1:35.1    35.6 520
[+4]
平田修 2
2 9ベストウォーリア 牡7 57 戸崎圭太 1:35.1 クビ 35.7 516
[-4]
石坂正 5
3 10カフジテイク 牡5 57 津村明秀 1:35.2 3/4 34.9 486
[+2]
湯窪幸雄 1
4 13エイシンバッケン 牡5 57 岩田康誠 1:35.4 1 1/4 35.4 530
[+4]
中尾秀正 8
5 12ニシケンモノノフ 牡6 57 横山典弘 1:35.6 1 1/4 36.4 512
[-2]
庄野靖志 14

2017年の第34回フェブラリーS。昨日2月18日に心臓疾患のために急死した父ゴールドアリュールへの餞とばかりに、ゴールドドリーム。黄金の魅力は、黄金の夢に引き継がれるかのようにして、エスポワールシチー(2005.4.22)コパノリッキー(2010.3.24)に続いて3頭目のフェブラリーS父仔制覇と相成りました。鞍上のミルコ・デムーロ騎手は昨年2016年のモーニン(2012.4.14)に続いてのフェブラリーS連覇にして3週連続重賞勝利という相変わらずの勝負強さ、また管理される平田修調教師はカレンブラックヒル(2009.2.19)による2012年の第17回NHKマイルC(GI)以来のJRAGI2勝目でした。気が付けば、今日2017年2月19日は、カレンブラックヒル満8歳の誕生日でもありました。

さて、ゴールドドリームの最優性先祖である父ゴールドアリュールは現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍に第20回フェブラリーS、第48回東京大賞典(現GI)、第4回ジャパンダートダービー(現JpnI)、第17回ダービーグランプリ(当時統一GI)、アンタレスS(GIII)と重賞5勝があります。

サンデーサイレンス産駒の砂の筆頭とも言えるゴールドアリュール、種牡馬としての代表産駒には、

  1. エスポワールシチー(上述)
    →フェブラリーS、ジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ、GI)、JBCスプリント(JpnI)、マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)3回、かしわ記念(JpnI)3回ほか
  2. スマートファルコン(2005.4.4)
    →東京大賞典2回、JBCクラシック(JpnI)2回、帝王賞(JpnI)、川崎記念(JpnI)ほか
  3. オーロマイスター(2005.1.31)
    →マイルチャンピオンシップ南部杯ほか
  4. コパノリッキー(上述)
    →フェブラリーS2回、JBCクラシック2回、帝王賞、マイルチャンピオンシップ南部杯、かしわ記念2回ほか
  5. クリソライト(2010.2.2)
    →ジャパンダートダービー、コリアカップ(韓GI)ほか

等のジーワン勝ち馬を始め多くの重賞勝ち馬がおり、ゴールドドリームが6頭目のジーワン勝ち馬となりました。

  

「強い」と喧伝される現4歳世代で砂のJRAGI勝ち馬となったゴールドドリーム。夢の続きは、まだまだこれから。父が果たせなかった海外遠征もいつの日にか。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。