第31回かしわ記念(JpnI)の勝ち馬-ゴールドドリーム(2013.4.19)-

ゴールドドリーム 牡 鹿毛 2013.4.19生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・吉田勝己氏 栗東・平田修厩舎

ゴールドドリーム(2013.4.19)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28 ♀
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
モンヴェール
鹿毛 2003.5.8
仔受胎時活性値:0.25
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
スペシャルジェイド
鹿毛 1993.2.16
仔受胎時活性値:0.25
Cox’s Ridge
鹿毛 1974.4.4
種付け時活性値:0.50
Best Turn 1966.5.7
Our Martha 1961.5.7
Statistic
鹿毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:1.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
種付け時活性値:0.25
Number
鹿毛 1979.5.5
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Special(♀)4×5、Turn-to5×5、Nijinsky5×5>

ゴールドドリーム(2013.4.19)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
Cox’s Ridge
(Turn-to系)
Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ゴールドアリュール
(Nureyev)
3.50 or 1.50 母がJpnII3着馬
(No. 5-h)
4番仔
(4連産目)

*

第31回かしわ記念(JpnI。船橋ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 10ゴールドドリーム 牡6 57 C.ルメール 1:40.2    37.7 518
[-10]
平田修 2
2 6インティ 牡5 57 武豊 1:40.4 1.1/2 38.2 518
[+4]
野中賢二 1
3 7アポロケンタッキー 牡7 57 戸崎圭太 1:40.8 2 37.6 563
[-1]
山内研二 7
4 9オールブラッシュ 牡7 57 田辺裕信 1:41.1 1.1/2 38.8 488
[+1]
村山明 4
5 2キタサンミカヅキ 牡9 57 森泰斗 1:41.3 1 38.5 522
[0]
佐藤賢二 6

2019年の第31回かしわ記念。第36回フェブラリーS(GI)のリベンジ、成る。道中、発馬イマイチですぐさまの逃げの手を打てなかったインティ(2014.4.8)をマークするように進み、早め先頭から押し切ろうとするインティを決勝点前でキッチリ差し切りました。サスガは2017年のJRA最優秀ダートホース、ゴールドドリーム。これで第34回フェブラリーS(GI)第18回チャンピオンズカップ第41回帝王賞(JpnI)、そして第30回&第31回のかしわ記念連覇とジーワン5勝目。ゴールドドリームは、帝王賞を制しているように、もちろん右回りでも強いのですが、制した重賞6勝を見れば内5勝が左回り。フレンチデピュティの血が入ると「芝ダート問わず、左回りのマイルで良さそう」という印象になりますね(^^)

#余談。本日2019年05月12日(日)に行われる第14回ヴィクトリアマイル(GI)。出走馬に、母父にフレンチデピュティの仔であるクロフネ(1998.3.31)を持つノームコア(2015.2.25)がいます。鞍上が腕達者ぶりを見せられている豪州のダミアン・レーン騎手。はてさて、果たして。

今回のかしわ記念は11頭立てでしたけれど、サンデーサイレンスの血を持っているのは、ゴールドドリームと笠松代表のコスモマイギフト(2009.2.20)の2頭だけでした。ダート戦線は芝路線と比べると血統構成がバラけがちに見えますね。バラエティに富むという感じがします。

ゴールドドリームの次走は、やはり連覇を狙う第42回帝王賞の模様。帝王賞ではインティとの再戦と共に、ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)との再戦にもなりそうです。古馬ダート路線の上半期の王者を決める一戦、これは楽しみなレースです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

2019年05月12日(日)追記。第14回ヴィクトリアマイル。もっと素直にクロフネの直仔がいましたね。アエロリット(2014.5.17)