第30回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の勝ち馬

コパノリッキー 牡 栗毛 2010.3.24生 日高・ヤナガワ牧場生産 馬主・小林祥晃氏 栗東・村山明厩舎

コパノリッキー(2010.3.24)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
コパノニキータ
栗毛 2001.4.26
仔受胎時活性値:2.00

ティンバーカントリー
栗毛 1992.4.14
種付け時活性値:0.00
★Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Fall Aspen
栗毛 1976.3.9
Pretense 1963.4.19
Change Water 1969.4.7
ニホンピロローズ
栗毛 1996.5.22
仔受胎時活性値:1.00
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.00
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ウェディングブーケ
鹿毛 1990.5.13
仔受胎時活性値:1.25
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.50
アリーウイン
栗毛 1984.4.18
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

コパノリッキー(2010.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
★ティンバーカントリー
(Mr. Prospector系)
トニービン
(ゼダーン系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
トニービン
(ニホンピロローズ)
5.50 サンライズペガサスと同牝系
(No.1-o)
3番仔
(3連産目)

*

第30回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI。盛岡ダート1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 11コパノリッキー 牡7 57 田辺裕信 1:34.9    34.6 546
[+10]
村山明 1
2 3ノボバカラ 牡5 57 吉原寛人 1:35.5 4 35.8 500
[+4]
天間昭一 7
3 9キングズガード 牡6 57 中野省吾 1:35.5 クビ 35.1 468
[+10]
寺島良 5
4 14カフジテイク 牡5 57 福永祐一 1:35.7 1 35.1 489
[+3]
湯窪幸雄 3
5 13ゴールドドリーム 牡4 57 川田将雅 1:35.8 1/2 34.4 524
[+7]
平田修 2

2017年の第30回マイルチャンピオンシップ南部杯。昨年2016年の第29回における衝撃の1分33秒5から1年、齢重ねて、強さ重ねて、そして勝利を重ねて、コパノリッキー。マイルチャンピオンシップ南部杯連覇を果たすと共に、ホッコータルマエ(2009.5.26)に並ぶジーワン10勝目を飾りました。来春からは種牡馬入りするというコパノリッキー、果たして、さらにジーワン勝利を積み重ねることが出来るでしょうか。その栗毛の馬体よろしく、金字塔を打ち立てる姿を、楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。