第3回ペガサスワールドカップ招待S(米GI)の勝ち馬-City of Light(2014.5.7)-

City of Light(シティオブライト) 牡 鹿毛 2014.5.7生 米国・Ann Marie Farm生産 馬主・Warren, Jr., Mr. and Mrs. William K. 米国・Michael W. McCarthy厩舎

City of Light(2014.5.7)の4代血統表
Quality Road
鹿毛 2006.3.23
種付け時活性値:1.75
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West
鹿毛 1984.3.10
Mr. Prospector 1970.1.28
Secrettame 1978.3.15
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.30
Ivory Wand 1973.3.21
Kobla
鹿毛 1995.5.11
Strawberry Road(AUS)
鹿毛 1979.9.28
Whiskey Road 1972.2.19
Giftisa 1974.11.2
Winglet
鹿毛 1988.3.19
Alydar 1975.3.23
Highest Trump 1972.2.4
Paris Notion
黒鹿毛 1998.3.31
仔受胎時活性値:1.75
デヒア
鹿毛 1991.4.13
種付け時活性値:1.50
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Sister Dot
鹿毛 1985.2.11
Secretariat 1970.3.30
Sword Game 1976.3.5
Fabulous Notion
鹿毛 1980.4.23
仔受胎時活性値:0.25
Somethingfabulous
鹿毛 1972.4.20
種付け時活性値:1.75
Northern Dancer 1961.5.27
Somethingroyal 1952 ♀
Careless Notion
鹿毛 1970.3.18
仔受胎時活性値:0.25
Jester
鹿毛 1955.4.1
種付け時活性値:1.50
Miss Uppity
鹿毛 1956.5.6
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4×5、Secretariat5×4、Somethingroyal(♀)4×5、Raise a Native5×5>

City of Light(2014.5.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Quality Road
(Mr. Prospector系)
デヒア
(Deputy Minister系)
Somethingfabulous
(Northern Dancer系)
Jester
(Tom Fool系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Quality Road 3.50 祖母が米GI馬
(No. 2-e)
9番仔?
(3連産目?)

*

2019年の第3回ペガサスワールドカップ招待S(米GI。ガルフストリームパーク・ダート9F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 City of Light 牡5 56.2 Javier Castellano 1:47.71 Michael McCarthy 2
2 4 Seeking The Soul 牡6 56.2 John R Velazquez 5 3/4 Dallas Stewart 9
3 5Accelerate 牡6 56.2 Joel Rosario 1 1/2 John W Sadler 1
4 1 Bravazo 牡4 56.2 Luis Saez 4 3/4 D Wayne Lukas 5
5 10 Audible 牡4 56.2 Flavien Prat クビ Todd Pletcher 3

2019年の第3回ペガサスワールドカップ招待S。第1回のArrogate(2013.4.11)、第2回のGun Runner(2013.3.8)に続いて、2013年生まれ世代3頭目の「ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)&ペガサスワールドカップ招待SのW制覇」を狙ったAccelerate(2013.5.10)でしたが、そうは問屋がおろさないと、若年馬が奮起を見せました。ブリーダーズカップはブリーダーズカップでも、2018年の第12回ブリーダーズカップ・ダートマイル(米GI)を制していたCity of Light。番手先行から終始積極的に推し進め、4分の3マイルの手前あたりで「たまらん」とばかりにハビエル・カステリャーノ騎手と共に先頭に躍り出ると、後はCity of Lightとカステリャーノ騎手のふたり舞台。終わってみれば、ブリーダーズカップ・ダートマイルでも2着だったSeeking The Soul(2013.5.4)に5と4分の3馬身差の圧勝を以てCity of Light、賞金総額900万ドル、1着賞金400万ドルの大一番でGI4勝目を遂げました。

City of Lightは5歳馬ですが、今回のペガサスワールドカップ招待Sで11戦6勝、2着4回、3着1回という少キャリア。2017年の3歳時の7月にデビュー後、1勝2着3回で挑んだ初めてのグレードレースであるマリブS(米GI)でGI勝利を収めると、2018年の4歳時はブリーダーズカップ・ダートマイル、トリプルベンドS(米GI)、オークローンH(米GII)を勝つなど5戦3勝2着1回3着1回。大切に使われて、City of Light。一戦必勝の陣営に応えて、11戦目の大舞台で大仕事を果たしました。

では、以下にCity of Lightのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Fabulous Notion 1980.4.23 9勝 サンタスサーナS(米GI) リンダヴィスタH(米GIII)ほか
|Fabulous Goer 1992.4.15 0勝
||Fabulous Bonus 2001.4.30 1勝
|||Royal Lahaina 2008.2.25 7勝 ゴーフォーワンドH(米GII)
|Fabulously Fast 1994 4勝 テストS(米GI)ほか
|Paris Notion 1998.3.31 不出走
||City of Light 2014.5.7 (本馬) ペガサスワールドカップ招待S(米GI) ブリーダーズカップ・ダートマイル(米GI) トリプルベンドS(米GI) マリブS(米GI)ほか
|Paris Rose 2002.3.16 0勝
||Decelerator 2007.1.30 5勝 デビュータントS(米GIII)ほか
|||Nafaayes 2015.10.6 イピトンベチャレンジ(南阿GII)ほか
||Cool Blue Red Hot 2008.4.11 4勝 ドワイヤーS(米GII)3着ほか

City of Lightの牝系は2号族e分枝系。祖母、伯母にGI勝ち馬が見え、その他にもGレース好戦馬が見えます。活力がある近親馬の中でも一際光を放つCity of Light、積み重ねたGI4勝が燦然と輝いています。

齢と共に強さも重ねて、City of Light。距離9Fのペガサスワールドカップ招待Sを制して挑む2019年は、果たして、どのような路線になりますでしょうか。9Fから10Fの米国古牡馬の王道路線か、あるいは距離実績が豊富な8F以下の路線か。City of Light、その光が向かう先に幸多からんことを。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

2019年01月31日(木)追記。

ペガサスワールドカップ優勝馬シティオブライト、牧場に到着(アメリカ)[生産]
 1月28日の夜明け前、ペガサスワールドカップ招待S(G1)の優勝馬シティオブライト(City of Light)と3着馬アクセラレイト(Accelerate)は、新たな拠点となるレーンズエンド牧場(Lane's End Farm)に到着した。  ファリッシュ家が所有するレーンズエンド牧場(ケンタッキー州ヴァーサイル...

City of Light、Accelerateと共にレーンズエンドファームで今年2019年から種牡馬入りだったんですね。失礼いたしましたm(_ _)m