第29回かしわ記念(JpnI)の勝ち馬

コパノリッキー 牡 栗毛 2010.3.24生 日高・ヤナガワ牧場生産 馬主・小林祥晃氏 栗東・村山明厩舎

コパノリッキー(2010.3.24)の4代血統表
ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
コパノニキータ
栗毛 2001.4.26
仔受胎時活性値:2.00

ティンバーカントリー
栗毛 1992.4.14
種付け時活性値:0.00
★Woodman
栗毛 1983.2.17
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Fall Aspen
栗毛 1976.3.9
Pretense 1963.4.19
Change Water 1969.4.7
ニホンピロローズ
栗毛 1996.5.22
仔受胎時活性値:1.00
トニービン
鹿毛 1983.4.7
種付け時活性値:1.00
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ウェディングブーケ
鹿毛 1990.5.13
仔受胎時活性値:1.25
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.50
アリーウイン
栗毛 1984.4.18
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:なし>

コパノリッキー(2010.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
★ティンバーカントリー
(Mr. Prospector系)
トニービン
(ゼダーン系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
トニービン
(ニホンピロローズ)
5.50 サンライズペガサスと同牝系
(No.1-o)
3番仔
(3連産目)

*

第29回かしわ記念(JpnI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 1コパノリッキー 牡7 57 武豊 1:39.9    38.0 536
[-8]
村山明 2
2 2インカンテーション 牡7 57 岩田康誠 1:40.3 2 38.6 504
[0]
羽月友彦 5
3 3モーニン 牡5 57 C. ルメール 1:40.4 クビ 38.9 518
[-2]
石坂正 3
4 7ベストウォーリア 牡7 57 戸崎圭太 1:40.7 1.1/2 39.0 510
[-6]
石坂正 1
5 8ブラゾンドゥリス 牡5 57 内田博幸 1:40.8 1/2 39.1 518
[-7]
尾形和幸 4

2017年の第29回かしわ記念。2014年、昨年2016年、今年2017年と出走機会3連覇を果たしました、コパノリッキー。積み重ねてジーワン9勝目、そしてジーワン4年連続制覇。偉い。また、生産のヤナガワ牧場さんは第155回天皇賞・春(GI)のキタサンブラック(2012.3.10)に続いてのジーワン勝利。近年の日高の生産牧場では、その活躍が目立ちますね。素晴らしい。そして、コパノリッキーとキタサンブラックの鞍上は、共に武豊騎手。年男の今年2017年、改めて、その存在感を強く示されています。サスガ。

ジーワン9勝を遂げたコパノリッキー。その内訳を確認しておきます。

コパノリッキーのジーワン9勝の内訳
レース名 競馬場・距離 備考
2014フェブラリーS 東京・ダート1600m 16頭立て16番人気による勝利
2014 かしわ記念 船橋・ダート1600m
2014 JBCクラシック 盛岡・ダート2000m 勝ち時計2分0秒8(レコード)
2015フェブラリーS 東京・ダート1600m 2連覇
2015 JBCクラシック 大井・ダート2000m 2連覇
2016 かしわ記念 船橋・ダート1600m 出走機会2連覇
2016 帝王賞 大井・ダート2000m 5番人気も快勝
2016 マイルチャンピオンシップ南部杯 盛岡・ダート1600m 勝ち時計1分33秒5(レコード)
2017 かしわ記念 船橋・ダート1600m 出走機会3連覇

いつどこで走っても強いコパノリッキーですが、こうしてジーワン9勝の内訳を確認すると、左回りの競馬場(=東京、船橋、盛岡)で7勝、右回りの競馬場(=大井)で2勝となっています。特に盛岡のダート戦では出走機会2回で共にレコード勝ちを収めており、昨年2016年の第29回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)は、あのクロフネ(1998.3.31)の1分33秒3にコンマ2秒差まで迫る快時計勝ちでした。

0の理論的には「左回りに強いトニービン」を最優性先祖に配している、ということも言えるでしょうか。ともあれ、長く元気に強いところを見せ続けてくれている、コパノリッキー。ここまで来たら、ジーワン10勝を狙って欲しいものですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。