第25回香港ヴァーズ(GI)の勝ち馬-Exultant(2014.3.24)-

Result

Exultant(エグザルタント) せん 鹿毛 2014.3.24生 愛国・Ballygallon Stud Limited生産 馬主・Eddie Wong Ming Chak & Wong Leung Sau Hing 香港・A S Cruz厩舎

Exultant(2014.3.24)の4代血統表
Teofilo
鹿毛 2004.2.9
種付け時活性値:0.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Speirbhean
鹿毛 1998.5.25
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Saviour
鹿毛 1987.5.17
Majestic Light 1973.3.29
Victorian Queen 1971.3.24
Contrary
栗毛 2007.3.4
仔受胎時活性値:1.50
Mark of Esteem
鹿毛 1993.3.26
種付け時活性値:1.25
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Homage
鹿毛 1989.4.4
Ajdal 1984.4.2
Home Love 1976.3.12
Crystal Gaze
栗毛 2001.5.10
仔受胎時活性値:1.25
Rainbow Quest
鹿毛 1981.5.15
種付け時活性値:0.75
Blushing Groom 1974.4.8
I Will Follow 1975.4.29
Jumilla
鹿毛 1992.2.11
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
El Gran Senor
鹿毛 1981.4.21
種付け時活性値:0.50
Refill
黒鹿毛 1981.3.24
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5×5×5、Mill Reef5×5>

Exultant(2014.3.24)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
Teofilo
(Sadler’s Wells系)
Mark of Esteem
(Mill Reef系)
Rainbow Quest
(Blushing Groom系)
El Gran Senor
(Northern Dancer系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Mark of Esteem
(Home Love)
5.25 or 3.25叔父に欧州GII勝ち馬2頭
(No. 22-c)
4番仔?
(4連産目?)

*

2018年の第25回香港ヴァーズ(GI。シャティン芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
110Exultantせん457Zac Purton2:26.56A S Cruz2
212リスグラシュー牝455.5J.モレイラクビ矢作芳人4
38Eziyra牝455.5C.ルメール2 1/2D K Weld10
49Eagle Wayせん657Silvestre De Sousa3/4John Moore6
54Waldgeist牡457Pierre-Charles Boudot1A Fabre1

2018年の第25回香港ヴァーズ。リスグラシュー(2014.1.18)、惜しい。道中後方3番手から進んで、直線外から脚色良く抜け出して、一瞬先んじたかのようにも見えましたが、最後は内のExultantにクビだけ差し返されました。

そんな勝負根性を見せたExultantの4代血統表を眺めると、3代父に「Sadler’s Wells、Darshaan、Rainbow Quest」の1981年生まれ世代の3頭が並んでいるところに、グッと来ますね。先日、Too Darn Hot(2016.3.27)に関する記事を書いた時にも示しましたが、

1984年の第144回ジョッケクルブ賞(仏GI)は1着Darshaan、2着Sadler’s Wells、3着Rainbow Quest。後に振り返れば、20世紀末の名種牡馬3頭がしのぎを削った一戦でした。レース後の流しで、3頭がくつわを並べて歩を進めていますが「むぅ、豪華メンバー」と唸ってしまいました^^;。そしてまた、Exultantの曾祖母父は、やはり1981年生まれ世代のEl Gran Senor。彼はヴィンセント・オブライエン厩舎の所属馬だったので、Sadler’s Wellsとはステーブルメイトでした。

Exultantの4代血統は、1981年生まれ世代の欧州の精鋭たちが送り出した仔孫の、集大成のような感じもいたします。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

1981年生まれ世代といえば、日本ではシンボリルドルフ(1981.3.13)さんですね。

マイシンザン
マイシンザン

シンボリルドルフさん。親父が挑んだけれど、まったく敵わんかった。まさに絶対皇帝やね。