第242回英セントレジャーS(GI)の勝ち馬-Kew Gardens(2015.1.20)-

Kew Gardens 牡 鹿毛 2015.1.20生 愛国・Barronstown Stud生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien 厩舎

Kew Gardens(2015.1.20)の4代血統表

Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.00(2.00)

Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28 ♀
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Allegretta
栗毛 1978.3.10
Lombard 1967
Anatevka 1969
Chelsea Rose
栗毛 2002.2.11
仔受胎時活性値:1.00
デザートキング
鹿毛 1994.3.31
種付け時活性値:1.75
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Sabaah
栗毛 1988.2.18
Nureyev 1977.5.2
Dish Dash 1979.4.14
Cinnamon Rose
栗毛 1994.4.20
仔受胎時活性値:1.75
Trempolino
栗毛 1984.3.17
種付け時活性値:0.25
Sharpen Up 1969.3.17
Trephine 1977.4.23
Sweet Simone
鹿毛 1977.3.18
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
種付け時活性値:1.00
Servilia
鹿毛 1967.4.23
仔受胎時活性値:0.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5×5、Special(♀)4×5>

Kew Gardens(2015.1.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デザートキング
(Nureyev系)
Trempolino
(エタン系)
Green Dancer
(Nijinsky系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デザートキング
(Native Dancer)
5.00 or 3.00 母が愛GI勝ち馬
(No. 7-e)
8番仔?

*

2018年の第242回英セントレジャーS(GI。ドンカスター芝14F115y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Kew Gardens 牡3 57.6 Ryan Moore 3:03.34 A P O’Brien 2
2 10 Lah Ti Dar 牝3 56.2 Frankie Dettori 2 1/4 John Gosden 1
3 11 Southern France 牡3 57.6 Seamie Heffernan 4 1/2 A P O’Brien 6
4 3 Dee Ex Bee 牡3 57.6 Silvestre De Sousa 2 1/4 Mark Johnston 5
5 12 Old Persian 牡3 57.6 William Buick 1 3/4 Charlie Appleby 4

2018年の第242回英セントレジャーS。1番人気は戦前まで3戦3勝の牝馬Lah Ti Dar(2015.3.22)に譲りましたが、勝利は譲りませんでした。そこはサスガに第153回パリ大賞(仏GI)の勝ち馬Kew Gardens。終わってみれば、昨年2017年の第241回のCapri(2014.2.7)に続く、馬主がデリック・スミス氏&ジョン・マグナー夫人&マイケル・テイバー氏、管理がエイダン・パトリック・オブライエン調教師、そして鞍上がライアン・ムーア騎手というおなじみの組み合わせによる英セントレジャー連覇という結末でした。

では、以下にKew Gardensの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Sweet Simone 1977.3.18 0勝
|Sweettuc 1984.3.2 2勝 ホイストザフラッグS(米GIII)ほか
|River Warden 1986.5.9 4勝 ユジェーヌアダム賞(仏GII)ほか
|Cinnamon Rose 1994.4.20 1勝
||Chelsea Rose 2002.2.11 5勝 モイグレアスタッドS(愛GI)ほか
|||Thawaany 2010.2.27 4勝 リゾランジス賞(仏GIII)ほか
|||Kew Gardens 2015.1.20 (本馬) 英セントレジャー(GI) パリ大賞(仏GI) クイーンズヴァーズ(英GII)ほか

欧米で継承されている7号族e分枝系。Kew Gardensの母Chelsea Roseが愛国のカラ芝7Fの2歳牝馬GIであるモイグレアスタッドSの第35回の勝ち馬です。また、Kew Gardensの半姉Thawaanyは仏国のドーヴィル芝1200mの3歳以上の牡牝混合GIIIであるリゾランジス賞の勝ち馬。本当に近いところでは短距離のグループレース勝ち馬が揃っていますが、Kew Gardensは2400m超級のGI勝ち馬となりました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。