第241回英オークス(GI)の勝ち馬-Anapurna(2016.3.31)-

Result

Anapurna(アナプルナ) 牝 鹿毛 2016.3.31生 英国・Meon Valley Stud生産 馬主・Helena Springfield Ltd 英国・John Gosden厩舎

Anapurna(2016.3.31)の4代血統表
Frankel
鹿毛 2008.2.11
種付け時活性値:1.75
Galileo
鹿毛 1998.3.30
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Kind
鹿毛 2001.4.21
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rainbow Lake
鹿毛 1990.4.10
★Rainbow Quest 1981.5.15
Rockfest 1979.3.12
Dash To The Top
鹿毛 2002.2.20
仔受胎時活性値:1.25
Montjeu
鹿毛 1996.4.4
種付け時活性値:1.25
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Floripedes
鹿毛 1985.5.11
★Top Ville 1976.4.5
Toute Cy 1979.5.4
Millennium Dash
栗毛 1997.4.10
仔受胎時活性値:1.00
Nashwan
栗毛 1986.3.1
種付け時活性値:0.50
Blushing Groom 1974.4.8
Height of Fashion 1979.4.14
Milligram
栗毛 1984.4.3
仔受胎時活性値:1.00
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
種付け時活性値:1.75
One in a Million
鹿毛 1976.4.25
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Sadler’s Wells3×3、Northern Dancer4×5×4、Blushing Groom5×4>

Anapurna(2016.3.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Frankel
(Sadler’s Wells系)
Montjeu
(Sadler’s Wells系)
Nashwan
(Blushing Groom系)
Mill Reef
(Never Bend系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Frankel 5.00 曾祖母と高祖母がGI勝ち馬
(No. 16-h)
6番仔?

*

2019年の第241回英オークス(GI。エプソムダウンズ芝12F6y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Anapurna 牝3 57.2 Frankie Dettori 2:36.09 John Gosden 4
2 12 Pink Dogwood 牝3 57.2 Ryan Moore クビ A P O’Brien 2
3 10 Fleeting 牝3 57.2 Wayne Lordan 1 1/4 A P O’Brien 9
4 1 Manuela De Vega 牝3 57.2 Harry Bentley 1 Ralph Beckett 6
5 13 Delphinia 牝3 57.2 Seamie Heffernan 1 1/2 A P O’Brien 12

2019年の第241回英オークス。Anapurna、前走リングフィールドオークストライアル(英L)勝ちから挑んだこの大一番。Frankel産駒の英クラシック初制覇は、同じFrankel産駒のCracksman(2014.4.9)の調教師と騎手のコンビにより成されました。管理されるジョン・ゴスデン調教師は2014年の第236回のTaghrooda(2011.1.27)、2017年の第239回のEnable(2014.2.12)に続いて英オークス3勝目。鞍上のランフランコ・デットーリ騎手は1994年の第216回のBalanchine(1991.4.16)、1995年の第217回のMoonshell(1992.2.20)、2002年の第224回のKazzia(1999.4.12)、そして2017年の第239回のEnableに続いて英オークス5勝目。デットーリ騎手、今年で49歳ですが、僅差の勝負で見せる勝負強さは健在。サスガです。また、Enableの名前を出してみれば、Enableが「Sadler’s Wells3×2」、Anapurnaが「Sadler’s Wells3×3」と、Sadler’s Wellsの強いインブリードを持つ牝馬による英オークス制覇。Enable、Anapurna2頭共に、0の理論的には直系祖父であるGalileoがSadler’s Wellsの16歳時の0交配馬であることにより、近親交配の弊害を除去しているという判断です。

では、以下にAnapurnaの簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Milligram 1984.4.3 4勝 クイーンエリザベス2世S(英GI) コロネーションS(英GII) クリスタルマイル(英GII)ほか
|Alligram 1990.3.9 0勝
||Kissogram 1995.2.14 3勝 サンチャリオットS(英GII)
|Millennium Dash 1997.4.10 1勝
||Dash to the Top 2002.2.20 2勝 ヨークシャーオークス(英GI)2着 フィリーズマイル(英GI)3着
|||Anapurna 2016.3.31 (本馬) 英オークス(GI)
||Dash to the Front 2003.3.8 2勝
|||Miss Dashwood 2009.2.17 1勝
||||Dashing Willoughby 2016.4.28 チェスターヴェーズ(英GIII)3着
|||Speedy Boarding 2012.2.10 5勝 オペラ賞(仏GI) ジャンロマネ賞(仏GI) コリーダ賞(仏GII)ほか

Anapurnaの牝系は16号族h分枝系。上図の範囲外ですが、Anapurnaの高祖母One in a Millionは第166回英1000ギニー(GI)、コロネーションS(英GII)、ネルグウィンS(英GIII)と英グループレース3勝のクラシックホースです。One in a Millionは、0の理論的には、その父Rarityが8歳時のミニモの遺伝を受けています。そんなOne in a Millionに名馬Mill Reefを配されて送り込まれたのが、GI昇格初回となった1987年のクイーンエリザベス2世Sを制した、Anapurnaの曾祖母Milligramでした。

  

それでは、これから走る馬、人全てにさち多からんことを。