第23回香港ヴァーズ(GI)の勝ち馬。

サトノクラウン 牡 黒鹿毛 2012.3.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・里見治氏 美浦・堀宣行厩舎

サトノクラウン(2012.3.10)の4代血統表
Marju
黒鹿毛 1988.3.12
種付け時活性値:1.75
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト
鹿毛 1975.4.28
Northern Dancer 1961.5.27
Sex Appeal 1970.5.12
Mill Princess
鹿毛 1977.5.21
★Mill Reef 1968.2.23
Irish Lass 1962
Flame of Tara
鹿毛 1980.4.20
アーティアス
鹿毛 1974.2.26
Round Table 1954.4.6
Stylish Pattern 1961.3.16
Welsh Flame
鹿毛 1973
Welsh Pageant 1966.4.3
Electric Flash 1962
ジョコンダ
鹿毛 2003.3.28
仔受胎時活性値:2.00
Rossini
鹿毛 1997.2.17
種付け時活性値:1.25
Miswaki
栗毛 1978.2.22
Mr. Prospector 1970.1.28
Hopespringseternal 1971.5.27
Touch of Greatness
鹿毛 1986.4.30
Hero’s Honor 1980.4.28
Ivory Wand 1973.3.21
La Joconde
鹿毛 1999.2.8
仔受胎時活性値:0.75
Vettori
鹿毛 1992.2.18
種付け時活性値:1.50
Machiavellian 1987.1.31
Air Distingue 1980.4.30
Lust
栗毛 1994.6.3
仔受胎時活性値:1.00
Pursuit of Love
鹿毛 1989.3.12
種付け時活性値:1.00
Pato
鹿毛 1982.4.15
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5、Mr. Prospector4×5(母方)、Buckpasser5×5、Sir Ivor5×5(母方)>

サトノクラウン(2012.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Marju
(Northern Dancer系)
Rossini
(Mr. Prospector系)
Vettori
(Mr. Prospector系)
Pursuit of Love
(Blushing Groom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Marju 4.50 全姉が英2歳GI勝ち馬
(No.20-c)
5番仔+
(5連産目+)

*

第23回香港ヴァーズ(GI。沙田芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
馬体重 調教師
1 4 サトノクラウン 牡4 57 J.モレイラ 2:26.2 484 堀 宣行 7
2 1 Highland Reel 牡4 57 R.ムーア 1/2 484 A.オブライエン 1
3 7 One Foot in Heaven 牡4 57 C.スミヨン 7 1/4 472 A.ドゥロワイエデュプレ 6
4 13 ヌーヴォレコルト 牝5 55.5 岩田 康誠 8 465 斎藤 誠 2
5 14 スマートレイアー 牝6 55.5 武 豊 8 1/4 466 大久保 龍志 11

2016年の第23回香港ヴァーズ。結果を知っているのに、思わず「偉い!!」と叫んだ、HKJCのオフィシャルYoutube動画における決勝点。逃げ込みを図るのは、今年2016年の“キング・ジョージ”(英GI)勝ち馬にして、ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の勝ち馬Highland Reel(2012.2.21)と「世界の名手」ライアン・ムーア騎手。普通ならば圧倒的1番人気馬の快勝と思われたところで、鋭脚を見せて追い込んで来た馬が唯1頭だけいました。緑と黄色の染め分け帽、「緑、黄菱山形、袖黄縦縞」の勝負服を乗せて、黒鹿毛も鮮やかにサトノクラウン。「Magic Moreira」ジョアン・モレイラ騎手の鼓舞に応えて、一歩一歩差を詰めると、最後の最後、半馬身だけしっかり差し切っていました。むぅ、サトノクラウン、偉い!!

日本馬による香港ヴァーズの勝利は、2001年の第8回、ステイゴールド(1994.3.24)以来15年ぶり2頭目のことでした。思えば、ステイゴールドと武豊騎手が制した香港ヴァーズも、先に行ったEkraar(1997.2.13)とランフランコ・デットーリ騎手を、最後の最後で捉えたというレースでした。

むぅ、黄金旅程の華麗なる結末。こちらも、シビれますね(^^)

*

超大物と言って過言ではないHighland Reelを破っての香港ヴァーズ制覇により、GIの王冠を蹄中に収めたサトノクラウンの、来年の進路が気になるところです。同馬主のサトノダイヤモンド(2013.1.30)と共に、凱旋門賞(仏GI)遠征という夢も膨らみます。

ともあれ、いまは夢を夢の只中に置いて、サトノクラウン。

激戦の疲れを癒やして、また次走、元気に走ってくれる姿を楽しみに待ちたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。