第22回NHKマイルカップ(GI)の勝ち馬

アエロリット 牝 芦毛 2014.5.17生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・菊沢隆徳厩舎

アエロリット(2014.5.17)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.75
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
アステリックス
黒鹿毛 2010.4.22
仔受胎時活性値:0.75
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:0.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris 1976.3.23
Silken Way 1973
アイルドフランス
鹿毛 1995.3.30
仔受胎時活性値:1.50
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.25
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
ステラマドリッド
鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:1.75
Alydar
栗毛 1975.3.23
種付け時活性値:0.75
My Juliet
黒鹿毛 1972.5.7
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4、Nearctic5×5>

アエロリット(2014.5.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
ネオユニヴァース
(Halo系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
Alydar
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ
(Vice Regent)
5.50 従兄ミッキーアイル
(No. 6-a)
初仔

*

第22回NHKマイルカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 16アエロリット 牝3 55 横山典弘 1:32.3    34.3 478
[-2]
菊沢隆徳 2
2 14リエノテソーロ 牝3 55 吉田隼人 1:32.5 1 1/2 34.0 450
[-4]
武井亮 13
3 6ボンセルヴィーソ 牡3 57 松山弘平 1:32.9 2 1/2 35.0 462
[-2]
池添学 6
4 15レッドアンシェル 牡3 57 福永祐一 1:32.9 クビ 34.2 442
[-14]
庄野靖志 7
5 11オールザゴー 牡3 57 内田博幸 1:33.0 3/4 34.4 480
[+6]
矢作芳人 16

2017年の第22回NHKマイルカップ。第77回桜花賞(GI)でコンマ2秒差の5着だった、アエロリット。同4着だったカラクレナイ(2014.4.29)に続いて2番人気に推したのは、ファンの慧眼。その背景は東京芝1600mの第52回クイーンC(GIII)2着、従兄に第19回NHKマイルカップの勝ち馬ミッキーアイル(2011.3.12)、そして「フレンチデピュティの血」でしょうか。

東京芝1600mで生きる、フレンチデピュティの血。思えば、父クロフネが第6回NHKマイルカップを勝利した際、2分の1馬身差で逃げ粘ったのは、同じフレンチデピュティの仔グラスエイコウオー(1998.3.27)でした。また、クロフネの直仔クラリティスカイ(2012.3.7)は、2014年のいちょうS(現サウジアラビアロイヤルC、GIII)を東京芝1600m1分33秒5の2歳レコードで制し、2015年の第20回NHKマイルカップをそっくりそのまま1分33秒5で勝ったのでした。クラリティスカイの鞍上も、アエロリットと同じ、横山典弘騎手でした。

そうして、2017年の第22回NHKマイルカップを快勝した、アエロリット。仏語で「隕石」を意味するというアエロリット、抜群の発馬から道中外目の先行3番手で進めると、直線でも脚を緩めることなく、差し迫った第67回全日本2歳優駿(JpnI)の勝ち馬、13番人気を跳ね返して力走を見せたリエノテソーロ(2014.2.24)を振り切りました。アエロリット、レース史上3位となる1分32秒3の好時計勝ちを収めると共に、父クロフネとの父娘制覇を飾り、管理される菊沢隆徳調教師にも初めてのGIレース勝ちを贈りました。菊沢師は横山騎手の義弟ですので、義兄弟によるGI勝利と相成りました。おめでとうございました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。