第22回秋華賞(GI)の勝ち馬

ディアドラ 牝 鹿毛 2014.4.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・森田藤治氏 栗東・橋田満厩舎

ディアドラ(2014.4.4)の4代血統表
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.75
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
ライツェント
青鹿毛 2007.4.19
仔受胎時活性値:1.50
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.75
★サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー 1974.5.19
レデイーシラオキ 1978.4.3
ソニンク
黒鹿毛 1996.2.8
仔受胎時活性値:0.50
★Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:0.00
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Sonic Lady
鹿毛 1983.2.15
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.25
Stumped
鹿毛 1977.3.17
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Halo4×5(母方)>

ディアドラ(2014.4.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハービンジャー
(デインヒル系)
スペシャルウィーク
(Halo系)
★Machiavellian
(Mr. Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハービンジャー
(Penang Pearl)
4.25 従兄ロジユニヴァース
(No. B3)
3番仔
(3連産目)

*

第22回秋華賞(GI。京都芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 14ディアドラ 牝3 55 C.ルメール 2:00.2    35.7 490
[+12]
橋田満 3
2 7リスグラシュー 牝3 55 武豊 2:00.4 1 1/4 36.2 438
[+2]
矢作芳人 4
3 4モズカッチャン 牝3 55 M.デムーロ 2:00.4 ハナ 36.6 478
[-4]
鮫島一歩 5
4 2ラビットラン 牝3 55 和田竜二 2:00.9 3 36.9 448
[+4]
角居勝彦 6
5 8カワキタエンカ 牝3 55 北村友一 2:00.9 クビ 37.7 464
[+2]
浜田多実雄 8

2017年の第22回秋華賞。今回の秋華賞が14戦目だったディアドラ。ブラックオニキス(2014.2.26)-今回は15番人気だったものの6着に健闘-と並んで、出走18頭の中では最多となる出走歴、経験の豊富さが、雨と重馬場の大一番でモノをいったのでしょうか。道中は後方4番手に控えたものの、3角から4角にかけて内からするすると巧みにポジションを上げると、直線ではクリストフ・ルメール騎手の檄に応えて、唯1頭だけ上がり3ハロン35秒台の脚を使って、一筋に伸びました。どろんこになりながらも、鹿毛の流星、ディアドラ。第77回桜花賞(GI)6着、第78回優駿牝馬(GI)4着と来て、第22回秋華賞1着。前々走の古馬混合1000万下のHTB賞、前走の第2回紫苑S(GIII)、そして秋華賞と芝2000mのレースでは負け無しの3連勝を以て、牝馬3冠最終戦を見事に締め括りました。

ディアドラにはテン乗りとなったルメール騎手は、第12回ヴィクトリアマイル(GI)、第78回優駿牝馬、第84回東京優駿(GI)に続いて、今年2017年のJRAGI4勝目。管理される橋田満調教師は、2007年の第37回高松宮記念(GI)以来10年ぶりのGI制覇。日本調教師会の会長(2回目)も務められる橋田師、久しぶりのGI勝ちとなりました。また、馬主である森田藤治氏は馬主歴30年以上のベテランオーナーですが、GIは初勝利となりました。そして、生産は言わずもがなのノーザンファーム。それぞれにおめでとうございました。

併せて、ディアドラの父ハービンジャーにとっても、今回の秋華賞が産駒のGI初制覇となりました。待ち兼ねたGI、3世代目の孝行娘ディアドラにより果たされました。この現3歳の2014年生まれ世代は、ディアドラの他にもモズカッチャン(2014.2.27)、ペルシアンナイト(2014.3.11)がおり、徐々に真価を発揮しつつあるというところでしょうか。ハービンジャー、0の理論的には、満8歳時のミニモの遺伝を受けた現2歳の2015年生まれ世代にも注目です。

タレントが揃っている現3歳の牝馬陣、ディアドラもその一角に加わりました。ディアドラ、世代を代表するGI勝ち馬として、これからも活躍して欲しいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。