第22回ドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬-Old Persian(2015.3.14)-

Result

Old Persian(オールドペルシアン) 牡 鹿毛 2015.3.14生 英国・Godolphin生産 馬主・Godolphin UAE・Charlie Appleby厩舎

Old Persian(2015.3.14)の4代血統表
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
種付け時活性値:1.00
Dubai Millennium
鹿毛 1996.3.20
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Colorado Dancer
黒鹿毛 1986.2.13
Shareef Dancer 1980.3.3
Fall Aspen 1976.3.9
Zomaradah
鹿毛 1995.2.21
Deploy
鹿毛 1987.5.15
Shirley Heights 1975.3.1
Slightly Dangerous 1979.4.8
Jawaher
鹿毛 1989.5.13
ダンシングブレーヴ 1983.5.11
High Tern 1982.5.1
Indian Petal
栗毛 2009.4.22
仔受胎時活性値:1.25

Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.00
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
Sadler’s Wells 1981.4.1
High Hawk 1980.3.17
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
Halo 1969.2.7
Ballade 1972.3.10
ウッドヴァイン
栗毛 1993.3.16
仔受胎時活性値:1.75
Woodman
栗毛 1983.2.17
種付け時活性値:0.25
Mr. Prospector 1970.1.28
プレイメイト 1975.4.12
Massaraat
鹿毛 1988.3.8
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:0.50
Pasadoble
鹿毛 1979.4.1
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Shirley Heights4×5、Northern Dancer5×5×5、Buckpasser5×5、Sunbittern(♀)5×5>

Old Persian(2015.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Dubawi
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
Woodman
(Mr. Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Dubawi
(Zomaradah)
6.00 曾祖母がMiesqueの全妹
(No. 20)
初仔?

*

2019年の第22回ドバイシーマクラシック(UAE・GI。メイダン芝2410m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Old Persian 牡4 56.5 William Buick 2:27.17 Charlie Appleby
2 1シュヴァルグラン  牡7 57 Hugh Bowman 1 1/2 友道 康夫
3 7スワーヴリチャード 牡5 57 Joao Moreira 1/2 庄野 靖志 
4 5 Hunting Horn 牡4 56.5 Wayne Lordan 8 1/4 A P O’Brien
5 3 Magic Wand 牝4 54.5 Ryan Moore ハナ A P O’Brien

2019年の第22回ドバイシーマクラシック。本邦期待のレイデオロ(2014.2.5)が逃げる格好となり、よもやの展開となったレースを制したのは、地の利を活かしてか、Old Persian。同コース同距離の前走ドバイシティーオブゴールド(UAE・GII)を制していた明け4歳馬が、先行3番手から鋭く抜け出すと、後を追った日本のハーツクライ(2001.4.15)産駒2頭、シュヴァルグラン(2012.3.14)とスワーヴリチャード(2014.3.10)の追撃を抑えて、見事GI初制覇を果たしました。

さて、Old Persianの最優性先祖である父Dubawiは、現役時代に通算8戦5勝、2着1回、3着1回。その主な競走成績として、

  1. 愛2000ギニー(GI)、ジャック・ル・マロワ賞(仏GI)、愛ナショナルS(GI)、スーパーレイティヴS(英GIII)
  2. クイーンエリザベス2世S(英GI)
  3. 英ダービー(GI)

があります。Dubawiの父であるDubai Millenniumは、急性グラスシックネスという奇病により、わずかに一世代を残しただけで早逝。「一子相伝」の感もある中、Dubawiは20世紀末の欧州最強馬の血を見事に次代へ伝えています。

そんなDubawiの産駒については、

Dubawi | Europe
The only British stallion to ever sire 100 Group winners. Sire of 40 G1 winners so far. 16% Stakes winners and 10% Group winners makes him one of the world’s gr...

にてガッチリまとめられていますので、よろしければご参照ください。

なお、この記事の作成時点である2019年4月5日において、Dubawi産駒にはGI勝ち馬が39頭います。その39頭のブルードメアサイアーを確認すると、Singspielが最多の4頭となっています。本稿の主役Old Persianのほかに、Left Hand(2013.3.17)、Wuheida(2014.2.21)、そして2019年のクラシック候補であるToo Darn Hot(2016.3.27)。Too Darn Hotの全姉であるLah Ti Dar(2015.3.22)も引き続き現役で走るようですので、「父Dubawi×母父Singspiel」の組み合わせによるGI勝ち馬の、さらなる上乗せがなされるかも知れませんね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。