第210回英2000ギニー(GI)の勝ち馬-Saxon Warrior(2015.1.26)-

Saxon Warrior 牡 鹿毛 2015.1.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Saxon Warrior(2015.1.26)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
メイビー
鹿毛 2009.2.9
仔受胎時活性値:1.25
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.50
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Sumora
鹿毛 2002.2.23
仔受胎時活性値:1.50
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
種付け時活性値:1.75
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Rain Flower
栗毛 1997.5.11
仔受胎時活性値:1.00
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.75
Rose of Jericho
鹿毛 1984.3.14
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4×5>

Saxon Warrior(2015.1.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Indian Ridge
(Clarion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デインヒル 4.75 母が愛GI勝ち馬
(No. 1-t)
2番仔
(2連産目)

*

2018年の第210回英2000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 9 Saxon Warrior(JPN) 牡3 57.2 Donnacha O’Brien 1:36.55 A P O’Brien 2
2 10 Tip Two Win 牡3 57.2 David Probert 1 1/2 Roger Teal 11
3 14 Masar 牡3 57.2 William Buick アタマ Charlie Appleby 1
4 11 Elarqam 牡3 57.2 Jim Crowley 1/2 Mark Johnston 4
5 12 Roaring Lion 牡3 57.2 Oisin Murphy クビ John Gosden 6

2018年の第210回英2000ギニー。史上初の日本産馬による英2000ギニー制覇、成る。馬場中央を逃げるかたちで、そのまま押し切る強い競馬。4戦4勝、洋の東西の違いはあれど、父と同じく無敗でクラシック初戦を制したSaxon Warrior。これは6月2日に行われる第239回英ダービー(GI)が、本当に楽しみになりました。

以前の記事でも示しましたが、Saxon Warriorの簡単な近親牝系図を再掲しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Rose of Jericho 1984.3.14 不出走
|Archway 1988.2.23 3勝 グリーンランズS(愛GIII)ほか
|ドクターデヴィアス 1989.3.10 6勝 英ダービー(GI) 愛チャンピオンS(GI) デューハーストS(英GI) ヴィンテージS(英GIII)ほか
|シンコウキング 1991.4.24 8勝 高松宮杯(GI)ほか
|ローズオブスズカ 1992.4.18 不出走
||ローマンスズカII 1997.4.1 不出走
|||スズカローラン 2002.5.13 4勝
||||スズカデヴィアス 2011.5.8 現役 京都記念(GII)2着 金鯱賞(GII)3着ほか
||スズカフェニックス 2002.3.29 8勝 高松宮記念(GI) 阪神カップ(GII) 東京新聞杯(GIII)ほか
|Royal Court 1993.4.12 3勝 オーモンドS(英GIII)
|Rain Flower 1997.5.11 不出走
||Sumora 2002.2.23 2勝
|||メイビー 2009.2.9 5勝 モイグレアスタッドS(愛GI) デビュータントS(愛GII) シルバーフラッシュS(愛GIII)ほか
||||Saxon Warrior 2015.1.26 (本馬) 英2000ギニー(GI) レーシングポストT(英GI) ベレスフォードS(愛GII)
|||Promise to Be True 2014.5.18 2勝 シルバーフラッシュS(愛GIII)
||Dancing Rain 2008.4.24 4勝 英オークス(GI) ディアナ賞(独I) ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズS(英GII)

日本に馴染み深い馬たちの名前も見える1号族t分枝系。近親に第213回英ダービー馬ドクターデヴィアス、第233回英オークス馬Dancing Rainとエプソムダウンズ芝12F6yの勝ち馬が見えるところも、スタミナのバックボーンとして心強い。

Saxon Warrior、日本産の英クラシックホースの進路に幸多からんことを。日本の空の下から祈っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

#2018年05月06日(日)追記。「同一牝系馬の連動する活躍」は、よくよく見られる現象ですが、西洋のSaxon Warriorの第210回英2000ギニー勝利を受けて、東洋のスズカデヴィアスが第40回新潟大賞典(GIII)で嬉しい重賞初制覇を遂げました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする