第20回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬-クリソベリル(2016.2.10)-

Result

クリソベリル 牡 鹿毛 2016.2.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・音無秀孝厩舎

クリソベリル(2016.2.10)の4代血統表

ゴールドアリュール
栗毛 1999.3.3
種付け時活性値:0.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ニキーヤ
鹿毛 1993.4.4
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28 ♀
Reluctant Guest
鹿毛 1986.2.21
Hostage 1979.2.13
Vaguely Royal 1974.3.7
クリソプレーズ
黒鹿毛 2002.4.7
仔受胎時活性値:1.25
エルコンドルパサー
黒鹿毛 1995.3.17
種付け時活性値:1.50
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
サドラーズギャル
鹿毛 1989.4.29
Sadler’s Wells 1981.4.11
Glenveagh 1986.3.9
キャサリーンパー
青鹿毛 1987.4.22
仔受胎時活性値:1.50
Riverman
鹿毛 1969
種付け時活性値:0.25
★Never Bend 1960.3.15
River Lady 1963.5.17
Regal Exception
鹿毛 1969.5.22
仔受胎時活性値:0.25
Ribot
鹿毛 1952.2.27
種付け時活性値:0.00
Rajput Princess
栗毛 1961
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Nureyev3×5、Northern Dancer4×5>

クリソベリル(2016.2.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ゴールドアリュール
(Halo系)
エルコンドルパサー
(Mr. Prospector系)
Riverman
(Never Bend系)
Ribot
(Havresac系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エルコンドルパサー
(Bold Reason)
4.75 半姉マリアライト
(No. 16-a)
7番仔
(2連産目)

*

2019年の第20回チャンピオンズカップ(GI。中京ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5クリソベリル 牡3 55 川田 将雅 1:48.5 3-3-4-4 35.4 550
[+11]
音無 秀孝 2
2 11ゴールドドリーム 牡6 57 C.ルメール 1:48.5 クビ 4-5-4-4 35.4 536
[+10]
平田 修 1
3 4インティ 牡5 57 武 豊 1:48.7 1 1/4 1-1-1-1 35.9 516
[-4]
野中 賢二 3
4 3チュウワウィザード 牡4 57 福永 祐一 1:48.8 1/2 6-6-8-7 35.5 482
[+1]
大久保 龍志 5
5 12キングズガード 牡8 57 秋山 真一郎 1:49.1 1 3/4 15-15-15-15 35.0 466
[-4]
寺島 良 13

2019年の第20回チャンピオンズカップ。内ラチ沿いを逃げたインティ(2014.4.8)、外から追ったゴールドドリーム(2013.4.19)。その2頭のJRAGI勝ち馬の間を縫うようにして伸びたのは無敗の3歳馬クリソベリル。550kgの巨漢がダート戦とは思えないほどの矢のような鋭い伸びを見せて、最後はゴールドドリームにクビ差を着けたところが決勝点。クリソベリル、その煌めきを以て6戦6勝。無敗でのJRAダートGI制覇は史上初、6戦目の古馬混合GI制覇はファインモーション(1999.1.27)に並ぶ最少キャリアタイ記録。そしてまた中京ダート1800mの勝ち時計1分48秒5はレースレコードタイムでした。

伸び行く3歳馬クリソベリル、その蹄跡にさらなる輝きが加わりますように。祈っておきます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。