第2回ジ・エベレストの勝ち馬-Redzel(2012.9.19)-

Redzel(レッドゼル) せん 鹿毛 2012.9.19生 豪州・Mr. LJ Fleming生産 馬主・Triple Crown Syndicate, Walfam No 2 Et Al 豪州・Peter & Paul Snowden厩舎

Redzel(2012.9.19)の4代血統表
スニッツェル(AUS)
鹿毛 2002.8.24
種付け時活性値:0.25
Redoute’s Choice
鹿毛 1996.8.15
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Shantha’s Choice
鹿毛 1992.10.28
Canny Lad 1987.9.1
Dancing Show 1983.3.19
Snippets’ Lass
鹿毛 1993.9.16
★Snippets
鹿毛 1984.11.1
Lunchtime 1970
Easy Date 1977.10.12
Snow Finch
鹿毛 1984.4.21
Storm Bird 1978.4.19
A Realgirl 1976.3.22
Millrich(AUS)
黒鹿毛 1992.8.14
仔受胎時活性値:0.75

Rubiton(AUS)
黒鹿毛 1983.10.18
種付け時活性値:0.00
Century
黒鹿毛 1969
Better Boy 1951
Royal Suite 1960
Ruby
鹿毛 1977.8.19
Seventh Hussar 1966
Briar’s Toddy 1971
Mill Rani(AUS)
鹿毛 1981.9.20
仔受胎時活性値:0.50
Millionaire(IRE)
鹿毛 1974
種付け時活性値:1.625
Mill Reef 1968.2.23
State Pension 1967
Sana Rani(NZ)
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:0.50
Pakistan II(GB)
栗毛 1958
種付け時活性値:0.625
Skewe(NZ)
鹿毛 1950
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

Redzel(2012.9.19)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
スニッツェル
(デインヒル系)
Rubiton
(My Babu系)
Millionaire
(Mill Reef系)
Pakistan II
(Fair Trial系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Millionaire
(Life Sentence)
2.50母が豪GIII勝ち馬
(No. 27)
9番仔?

*

2018年の第2回ジ・エベレスト(ロイヤルランドウィック芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破時計
・着差
調教師
11Redzelせん658.5Kerrin McEvoy1:12.03Peter & Paul Snowden3
26Trapeze Artist牡458.5Tye Angland1 1/4Gerald Ryan6
35Osborne Bullsせん558.5Tommy Berry1 1/2James Cummings11
411Le Romainせん658.5Glyn Schofield1Kris Lees4
510Graff牡353Brenton Avdulla1/2Kris Lees2

2018年の第2回ジ・エベレスト。昨年2017年の第1回の勝ち馬Redzel、防衛王者の意地を見せて、連覇成る。Redzel、今回は終始先頭を走り最後まで譲りませんでした。これはサスガというところを見せてくれました。追いすがった2着のTrapeze Artist(2014.9.17)と共にスニッツェル産駒のワンツーフィニッシュ。豪州の短距離では、やはりデインヒル系のスニッツェルの血が活きるというところでしょうか。なお、昨年の3着以上を期待されたブレイブスマッシュ(2013.3.22)は、今年は8着でした。

昨年は580万豪ドル、今年は600万豪ドルを荒稼ぎしたRedzel。生涯獲得賞金は1537.2万豪ドルということですから、ジ・エベレストの2回だけで約76.8%を占めています^^;。6歳せん馬のスプリンター、Redzel。来年の第3回でも荒稼ぎとなりますでしょうか。元気に駒を進められるよう、今から楽しみにしています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

3着に入ったOsborne Bulls(2013.9.21)。走りが気になりましたね。

マイシンザン
マイシンザン

バンブービギン(1986.4.19)さんが勝った第50回菊花賞(GI)における、サクラホクトオー(1986.4.3)さんかと思ってしまったわ。