第19回UAEダービー(GII)の勝ち馬

Mendelssohn 牡 鹿毛 2015.5.17生 米国・Clarkland Farm生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Mendelssohn(2015.5.17)の4代血統表
Scat Daddy
黒鹿毛 2004.5.11
種付け時活性値:0.50
ヨハネスブルグ
鹿毛 1999.2.23
ヘネシー
栗毛 1993.3.25
Storm Cat 1983.2.27
Island Kitty 1976.2.23
Myth
鹿毛 1993.2.26
▲オジジアン 1983.3.17
Yarn 1987.3.1
Love Style
栗毛 1999.3.22
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Likeable Style
鹿毛 1990.1.30
Nijinsky 1967.2.21
Personable Lady 1981.2.21
Leslie’s Lady
鹿毛 1996.3.10
仔受胎時活性値:0.50
Tricky Creek
鹿毛 1986.4.19
種付け時活性値:0.25
▲Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
Icecapade 1969.4.4
Kankakee Miss 1967
Battle Creek Girl
鹿毛 1977.3.10
★His Majesty 1968.4.15
Far Beyond 1972.2.13
Crystal Lady
鹿毛 1990.5.12
仔受胎時活性値:1.25
Stop the Music
鹿毛 1970.3.23
種付け時活性値:0.75
Hail to Reason 1958.4.18
Bebopper 1962.3.11
One Last Bird
栗毛 1980.4.30
仔受胎時活性値:0.25
One for All
鹿毛 1966
種付け時活性値:1.25
Last Bird
栗毛 1973.3.22
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×3、Nijinsky4×5、Northern Dancer5×5>

Mendelssohn(2015.5.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Scat Daddy
(Storm Cat系)
Tricky Creek
(Nearctic系)
Stop the Music
(Hail to Reason系)
One for All
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
One for All
(One Last Bird)
3.50 半姉Beholder
(No. 23-b)
11番仔?
(前年産駒なし後?)

*

2018年の第19回UAEダービー(GII。メイダン・ダート1900m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Mendelssohn 牡3 57 Ryan Moore 1:55.18 A P O’Brien
2 1 Rayya 牝3 55 Pat Dobbs 18 1/2 Doug Watson
3 3 Reride 牡3 57 Javier Castellano 3 Steven Asmussen
4 5 Gold Town せん3 57 William Buick 1 3/4 Charlie Appleby
5 6 Seahenge 牡3 57 Donnacha O’Brien 2 3/4 A P O’Brien

2018年の第19回UAEダービー。昨年2017年の第11回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ(米GI)を制していたMendelssohn。「Beholderの半弟」という血筋を見せるのは、やはり、砂の上だったのでしょうか。初のダート戦となったUAEダービーにおいて、2着の紅一点、UAEオークス(GIII)の勝ち馬Rayya(2015.2.3)に「18と2分の1馬身差」という大圧勝を見せました。Mendelssohnと同じくScat Daddyを父に持つミスターメロディ(2015.3.29)の紹介をした時、”「芝ダート兼用」は、日本で走るStorm Cat系のお家芸なのかも知れませんね。”なんて書きましたが、世界で走るStorm Cat系は、兼用ぶりの桁が違いました^_^;

レース後、クールモア首脳陣のほくそ笑む姿を想起してしまいましたが、ダートでこの走りを見せられては、米国のクラシック路線を意識せざるを得ないでしょう。GI11勝の名牝Beholderの半弟であるMendelssohn、その進路を楽しみにしたいと思います。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。