第19回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬-ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)-

ルヴァンスレーヴ 牡 鹿毛 2015.1.26生 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 馬主・(株)G1レーシング 美浦・萩原清厩舎

ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)の4代血統表
シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:1.75
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Sharp Queen
鹿毛 1965.4.19
★Princequillo 1940
Bridgework 1955.3.23
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian
黒鹿毛 1982.4.14
Seattle Slew 1974.2.15
Queen Louie 1968.4.9
Tri Argo
黒鹿毛 1982.5.18
Tri Jet 1969.4.3
Hail Proudly 1969.3.5
マエストラーレ
鹿毛 2006.1.12
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
ネオユニヴァース
鹿毛 2000.5.21
種付け時活性値:1.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ポインテッドパス
栗毛 1984.4.27
Kris 1976.3.23
Silken Way 1973
オータムブリーズ
鹿毛 1998.2.18
仔受胎時活性値:1.75
ティンバーカントリー
栗毛 1992.4.12
種付け時活性値:1.25
★Woodman 1983.2.17
Fall Aspen 1976.3.9
セプテンバーソング
鹿毛 1991.5.5
仔受胎時活性値:1.50
リアルシヤダイ
黒鹿毛 1979.5.27
種付け時活性値:0.75
ダイナフエアリー
鹿毛 1983.4.30
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Roberto3×5、Hail to Reason4×5>

ルヴァンスレーヴ(2015.1.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
シンボリクリスエス
(Roberto系)
ネオユニヴァース
(Halo系)
ティンバーカントリー
(Mr. Prospector系)
リアルシヤダイ
(Roberto系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
シンボリクリスエス
(Kris S.)
7.00 or 5.00 高祖母が重賞5勝馬
(No. 9-f フアンシミン系)
2番仔
(不受胎後)

*

第19回チャンピオンズカップ(GI。中京ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 2ルヴァンスレーヴ 牡3 56 M.デムーロ 1:50.1    35.6 490
[+2]
萩原清 1
2 12ウェスタールンド せん6 57 藤岡佑介 1:50.5 2 1/2 34.4 480
[-2]
佐々木晶三 8
3 9サンライズソア 牡4 57 J.モレイラ 1:50.5 クビ 35.9 522
[+8]
河内洋 3
4 1アンジュデジール 牝4 55 横山典弘 1:50.7 1 1/4 36.5 486
[+6]
昆貢 9
5 11オメガパフューム 牡3 56 C.デムーロ 1:51.1 2 1/2 36.0 452
[-2]
安田翔伍 4

2018年の第19回チャンピオンズカップ。「シンボリクリスエス×ネオユニヴァース牝馬」産駒のルヴァンスレーヴが制し、ネオユニヴァース産駒のせん馬ウェスタールンド(2012.2.11)が乾坤一擲の末脚で2着に入り、そしてシンボリクリスエス産駒のサンライズソア(2014.3.9)が3着。終わってみれば、勝ち馬を軸として、シンボリクリスエス、ネオユニヴァースの血を持つ馬が上位を占めました。

そんな中で際立つ強さを見せたのは、3歳馬ルヴァンスレーヴ。毎年毎年「今年の3歳馬はレベルが高い」とかまびすしく叫ばれますが、2018年の3歳馬は本当にレベルが高く、先々週の第35回マイルチャンピオンシップ(GI)を制したステルヴィオ(2015.1.15)、先週の第38回ジャパンカップ(GI)をスーパーレコードで制したアーモンドアイ(2015.3.10)、そして今週の第19回チャンピオンズカップを制したルヴァンスレーヴと、2015年生まれ世代が3週連続でJRA・GIを勝利しました。

また、今秋の一連のジーワンレースで悔しい思いをされていたミルコ・デムーロ騎手。エタリオウ(2015.2.13)第79回菊花賞(GI)2着、ラビットラン(2014.3.18)の第8回JBCレディスクラシック(JpnI)2着、モズカッチャン(2014.2.27)第43回エリザベス女王杯(GI)3着、ペルシアンナイト(2014.3.11)のマイルチャンピオンシップ2着、スワーヴリチャード(2014.3.10)のジャパンカップ3着。ルヴァンスレーヴのチャンピオンズカップ優勝によって、溜飲を下げられたというところでしょうか。

そしてまた、「デムーロ騎手は、やはりネオユニヴァースの血と縁があるのだな」と、改めて思いました。ネオユニヴァースによる第70回東京優駿(GI)&第63回皐月賞(GI)の牡馬クラシック2冠、ネオユニヴァースの仔ヴィクトワールピサ(2007.3.31)による第16回ドバイワールドカップ(UAE・GI)&第55回有馬記念(GI)の勝利、ヴィクトワールピサの仔ジュエラー(2013.1.17)による第76回桜花賞(GI)制覇。そうして、ネオユニヴァースをブルードメアサイアーに持つルヴァンスレーヴでジーワン4勝。その背中には、いずれもデムーロ騎手の姿がありました。

伸び行く3歳馬ルヴァンスレーヴ。若き砂の王のさらなる活躍を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。