第179回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-Sottsass(2016.3.24)-

Result

Sottsass(ソットサス) 牡 栗毛 2016.3.24生 仏国・S.A.S.U. Ecurie Des Moneaux生産 馬主・White Birch Farm 仏国・J-C Rouget厩舎

Sottsass(2016.3.24)の4代血統表

Siyouni
鹿毛 2007.2.14
種付け時活性値:0.00
Pivotal
栗毛 1993.1.19
Polar Falcon
黒鹿毛 1987.6.1
Nureyev 1977.5.2
Marie d’Argonne 1981.3.21
Fearless Revival
栗毛 1987.3.3
Cozzene 1980.5.8
Stufida 1981.3.12
Sichilla
鹿毛 2002.2.28
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Slipstream Queen
鹿毛 1990.6.2
Conquistador Cielo 1979.3.20
Country Queen 1975.3.26
Starlet’s Sister
栗毛 2009.4.7
仔受胎時活性値:1.50
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:0.50
★Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Premiere Creation
栗毛 1997.2.12
仔受胎時活性値:0.75
Green Tune
栗毛 1991.5.5
種付け時活性値:1.25
Green Dancer 1972.4.14
Soundings 1983.4.27
Allwaki
栗毛 1990.1.28
仔受胎時活性値:1.50
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.75
Alloy
栗毛 1981.4.12
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×4、Miswaki4×4(母方)、Special(♀)5×5、Mr. Prospector5×5×5×5>

Sottsass(2016.3.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★Siyouni
(Nureyev系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Green Tune
(Nijinsky系)
◆Miswaki
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Green Tune
(Mr. Prospector)
5.75 半姉が米芝牝馬王者
(No. 16-h)
3番仔?
(3連産目?)

*

2019年の第179回ジョッケクルブ賞(仏GI。シャンティイ芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 14 Sottsass 牡3 58.5 Cristian Demuro 2:02.90 J-C Rouget 5
2 6 Persian King 牡3 58.5 Pierre-Charles Boudot 2 A Fabre 1
3 2 Motamarris 牡3 58.5 Aurelien Lemaitre 2 F Head 4
4 9 Cape of Good Hope 牡3 58.5 Ryan Moore 3/4 A P O’Brien 10
5 5 Roman Candle 牡3 58.5 Mickael Barzalona 2 1/2 A Fabre 7

2019年の第179回ジョッケクルブ賞。↑の動画でもお分かりのように、晴天の絶好の馬場で行われたこの一戦。サスガに選ばれし優駿が集ったレース、速い流れが作り出した結果は、シャンティイ芝2100mの勝ち時計が2分2秒90というレコードタイム。2014年の第174回の勝ち馬The Grey Gatsby(2011.3.14)が持っていた2分5秒58を2秒68も更新して、2019年の仏クラシックの最高峰を制したのは、馬名はソットサスでも豪快に差したSottsass。……関西人なので許してください。

Northern Dancer系の中ではNureyev系も父系継承が先細り加減に感じますけれど、スプリントC(英GI)の勝ち馬Polar FalconからナンソープS(英GI)の勝ち馬Pivotalのスプリンターラインは、しぶとく生き残っています。そうして、ジャン・リュック・ラガルデール賞(仏GI)の勝ち馬Siyouniは、種牡馬として、

  1. Ervedya(2012.4.13)
    →仏1000ギニー(GI)、ムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、コロネーションS(英GI)ほか
  2. Laurens(2015.4.12)
    →ディアヌ賞(仏GI)、サンタラリ賞(仏GI)、サンチャリオットS(英GI)、愛メイトロンS(GI)、フィリーズマイル(英GI)ほか
  3. Sottsass(2016.3.24)
    →ジョッケクルブ賞(仏GI)。本稿の主役

と、既に3頭のGI勝ち馬を送り込んでおり、今後も活躍が期待されます。また、Sottsassは↑の4代血統表の通り、0の理論的にはSiyouniが8歳時交配のミニモの遺伝馬です。気が早いですが、0リフレッシュされた血を持つSottsassには、Nureyev系種牡馬の旗頭になって欲しいものです。

それでは、以下にSottsassのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Premiere Creation 1997.2.12 2勝 クロエ賞(仏GIII)2着 デルマーオークス(米GI)3着
|Anabaa's Creation 2004.4.15 3勝 クレメントLハーシュS(米GI)2着 サンタラリ賞(仏GI)3着ほか
|リオズスターレット 2005.4.4 3勝 クレオパトル賞(仏GIII)ほか
|Starlet's Sister 2009.4.7 0勝
||Sistercharlie 2014.3.13 ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(米GI) ビヴァリーD.S(米GI) ダイアナS(米GI) ジェニーワイリーS(米GI)ほか
||My Sister Nat 2015.3.21 ベルトランデタラゴン賞(仏GIII)ほか
||Sottsass 2016.3.24 (本馬) ジョッケクルブ賞(仏GI)

Sottsassの牝系は16号族h分枝系。半姉Sistercharlieは上図の通り米GI4勝の活躍馬で、2018年のエクリプス賞最優秀芝牝馬に選出されました。また、気が付けば第241回英オークス(GI)のAnapurna(2016.3.31)、第240回英ダービー(GI)のAnthony Van Dyck(2016.5.19)、そして第179回ジョッケクルブ賞のSottsass。今年2019年の5月31日から6月2日の3日間に渡り行われた英仏のクラシックレース、勝利を収めたのは、いずれもボトムラインが16号族の馬たちでした。……あ、第145回ケンタッキーオークス(米GI)を制したSerengeti Empress(2016.1.30)、そして本邦の第79回皐月賞(GI)を制したサートゥルナーリア(2016.3.21)、第86回東京優駿(GI)を制したロジャーバローズ(2016.1.24)も、ボトムラインが16号族ですね。2016年生まれ世代の活躍馬たち、生年の西暦の下2桁に合わせるかのように、16号族の馬が揃っています^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。