第176回仏ダービー(GI)の勝ち馬。

Almanzor 牡 鹿毛 2013.3.11生 仏国・Haras D’Etreham生産 馬主・Ecurie Antonio Caro & Gerard Augustin-Normand 仏国・Jean-Claude Rouget厩舎

Almanzor(2013.3.11)の4代血統表
Wootton Bassett
鹿毛 2008.2.4
種付け時活性値:1.00
Iffraaj
鹿毛 2001.1.22
Zafonic
鹿毛 1990.4.1
Gone West 1984.3.10
Zaizafon 1982.1.18
Pastorale
栗毛 1988.3.22
Nureyev 1977.5.2
Park Appeal 1982.4.9
Balladonia
鹿毛 1996.4.11
Primo Dominie
鹿毛 1982.4.15
Dominion 1972
Swan Ann 1971
Susquehanna Days
黒鹿毛 1990.4.17
Chief’s Crown 1982.4.7
Gliding By 1975.5.12
Darkova
栗毛 2008.2.29
仔受胎時活性値:1.00
Maria’s Mon
芦毛 1993.4.24
種付け時活性値:1.50
Wavering Monarch
鹿毛 1979.2.22
Majestic Light 1973.3.29
Uncommitted 1974.3.23
Carlotta Maria
芦毛 1984.3.8
★Caro 1967.4.11
Water Malone 1974.2.22
Darkara
鹿毛 2001.5.15
仔受胎時活性値:1.50
Halling
栗毛 1991.3.14
種付け時活性値:0.25
▲Diesis 1980.4.23
Dance Machine 1982.1.27
Daralbayda
鹿毛 1993.5.8
仔受胎時活性値:1.75
Doyoun
鹿毛 1985.3.8
種付け時活性値:1.75
Daralinsha
鹿毛 1984.4.17
仔受胎時活性値:2.00(0.00)

<5代血統表内のクロス:なし>

Almanzor(2013.3.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Wootton Bassett
(Mr.Prospector系)
Maria’s Mon
(Raise a Native系)
Halling
(エタン系)
Doyoun
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Doyoun
(Daralbayda)
6.25 or 4.25
(No.1-e)
?

*

第176回を迎えたジョッケクルブ賞を制したのは、ギシュ賞(仏GIII)を制してここに臨んだ、戦前9番人気のAlmanzorでした。Almanzor、重馬場ニモマケズ、追い込んで来た「Zarkava(2005.3.31)の息子」Zarak(2013.3.1)を1馬身半差抑えて、176代目の仏ダービー馬の栄冠を蹄中に収めました。Almanzor、シャンティイ競馬場ではフォンテンブロー賞(仏GIII)3着、ギシュ賞1着、ジョッケクルブ賞1着と、日本で言うところの複勝圏を外さない相性の良さを見せています。

1着のAlmanzorは直父系の曽祖父がZafonic、2着のZarakは母父がZamindar(1994.4.7)。つまりは「父Gone West×母Zaizafon」という全兄弟の血を持つ馬が1着2着だった訳です。また、Almanzorの母系を見れば、7代母ダラマ(1957.3.3)から母Darkovaまで続く、頭文字(イニシャル)Dのボトムライン。7代母ダラマの名前を見て「あれ?」と思われたファンの方がいらっしゃったならば、相当な血統通。ダラマは、孫に第46回優駿牝馬(GI)を制したノアノハコブネ(1982.5.10)がいます。そして、マルセル・ブサック由来の1号族を仏国で継承したのは、Almanzorのボトムラインに連綿と連なる頭文字(イニシャル)Dでも分かるように、アガ・カーン殿下だったのでした。そして、2着Zarakも、言うまでもなくアガ・カーン殿下の頭文字Zのボトムライン。

Harzand(2013.3.6)による第237回英ダービー(GI)&第151回愛ダービー(GI)制覇と合わせて、 2016年の英愛仏ダービー戦線は、アガ・カーン殿下の欧州競馬に対する影響力の大きさを、改めて知らしめた結果となったのでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。