第172回ナッソーS(英GI)の勝ち馬-ディアドラ(2014.4.4)-

Result

ディアドラ(Deirdre) 牝 鹿毛 2014.4.4生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・森田藤治氏 栗東・橋田満厩舎

ディアドラ(2014.4.4)の4代血統表
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.75
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering
栗毛 1983.3.20
Arctic Tern 1973
Beaune 1974.4.10
Guapa
鹿毛 1988.5.4
Shareef Dancer 1980.3.3
Sauceboat 1972
ライツェント
青鹿毛 2007.4.19
仔受胎時活性値:1.50
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.75
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー 1974.5.19
レデイーシラオキ 1978.4.3
ソニンク
黒鹿毛 1996.2.8
仔受胎時活性値:0.50
★Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
種付け時活性値:0.00
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Sonic Lady
鹿毛 1983.2.15
仔受胎時活性値:1.00
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.25
Stumped
鹿毛 1977.3.17
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Halo4×5(母方)>

ディアドラ(2014.4.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハービンジャー
(Danzig系)
スペシャルウィーク
(Halo系)
★Machiavellian
(Mr. Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハービンジャー
(Penang Pearl)
4.25 従兄ロジユニヴァース
(No. B3)
3番仔
(3連産目)

*

2019年の第172回ナッソーS(英GI。グッドウッド芝9F197y)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4ディアドラ 牝5 60.3 Oisin Murphy 2:02.93 橋田 満 7
2 3 Mehdaayih 牝3 56.7 Frankie Dettori 1 1/4 John Gosden 2
3 9 Rawdaa 牝4 60.3 Daniel Tudhope 1 1/4 Sir Michael Stoute 3
4 1 Sun Maiden 牝4 60.3 James Doyle 2 1/2 Sir Michael Stoute 6
5 7 Just Wonderful 牝3 56.7 Wayne Lordan 3/4 A P O’Brien 7

2019年の第172回ナッソーS。9頭立ての道中は7番手の内側でじっと我慢。直線でも内を突くと、脚を伸ばし始めてからは、ディアドラとオイシン・マーフィー騎手の世界。最後は、今年2019年のグロリアス・グッドウッド・ミーティングでも、やはり「無双」を続けていたフランキー・デットーリ騎手&ジョン・ゴスデン調教師のコンビのMehdaayih(2016.4.9)に1と4分の1馬身差の完勝。ディアドラ、日本の競馬界に不意に訪れた不世出の名馬の死の悲しみを振り払ってくれたかのような、見事な英GI勝利でした。

【ナッソーS全着順】ディアドラ優勝のナッソーS、人気の英愛1000ギニー馬ハモサは最下位 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 現地時間1日にイギリスのグッドウッド競馬場で行われたナッソーS(G1・芝1980m・9頭・1着賞金34万260ポンド=約4500万円)は、後方から進めたO.マーフィー騎手騎乗のディアドラ(牝5、栗東… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。