第17回チャンピオンズカップ(GI)の勝ち馬。

サウンドトゥルー せん 栗毛 2010.5.15生 新ひだか・岡田スタツド生産 馬主・山田弘氏 美浦・高木登厩舎

サウンドトゥルー(2010.5.15)の4代血統表
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
種付け時活性値:0.25
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent
栗毛 1967.4.29
Northern Dancer 1961.5.27
Victoria Regina 1958.5.18
Mint Copy
黒鹿毛 1970.2.24
★Bunty’s Flight 1953.4.26
Shakney 1964
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace
鹿毛 1969.1.24
▲Speak John 1958.2.7
Blue Moon 1948
Laredo Lass
黒鹿毛 1971.3.19
★Bold Ruler 1954.4.6
Fortunate Isle 1959.4.24
キョウエイトルース
栗毛 1997.2.16
仔受胎時活性値:1.00
フジキセキ
青鹿毛 1992.4.15
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ミルレーサー
鹿毛 1983.5.20
Le Fabuleux 1961
Marston’s Mill 1975.5.31
キョウエイヨシノ
鹿毛 1990.4.26
仔受胎時活性値:1.50
プラウドデボネア
鹿毛 1982.4.25
種付け時活性値:1.75
Lyphard 1969.5.10
Proud Delta 1972.3.11
キョウエイミート
栗毛 1983.4.21
仔受胎時活性値:1.50
クラウンドプリンス
栗毛 1969.1.31
種付け時活性値:1.25
キョウエイオリーブ
栗毛 1979.3.8
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

サウンドトゥルー(2010.5.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
フレンチデピュティ
(Deputy Minister系)
フジキセキ
(Halo系)
プラウドデボネア
(Lyphard系)
クラウンドプリンス
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
プラウドデボネア
(Nimble Doll)
4.75 遡ればサンツェッペリンと同牝系
(No.22-b)
5番仔
(3連産目)

*

第17回チャンピオンズカップ(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 8サウンドトゥルー せん6 57 大野拓弥 1:50.1    35.8 474
[0]
高木登 6
2 2アウォーディー 牡6 57 武豊 1:50.1 クビ 37.0 514
[+10]
松永幹夫 1
3 4アスカノロマン 牡5 57 和田竜二 1:50.2 1/2 37.4 522
[-10]
川村禎彦 10
4 1カフジテイク 牡4 57 津村明秀 1:50.3 クビ 36.0 482
[-2]
湯窪幸雄 11
5 14アポロケンタッキー 牡4 57 松若風馬 1:50.5 1 1/4 36.9 566
[+4]
山内研二 7

2016年の第17回チャンピオンズカップを制したのは、サウンドトゥルーと大野拓弥騎手。目が覚めるような末脚で、アウォーディー(2010.5.10)と武豊騎手を、決勝点で「クビ」だけ差し切りました。上がり3ハロンの推定35秒8は、出走15頭中唯1頭だけとなる35秒台。レース自体の上がり3ハロンが37秒7ですから、いかに鋭く伸びて来たか、というところですね。サウンドトゥルーと大野騎手、サスガに伊達や酔狂で国際GIである東京大賞典(GI)を制していません。本物の末脚を、この大一番で改めて見せてくれました。

岡田スタツド及び岡田牧雄氏と高木登厩舎、そして大野拓弥騎手の組み合わせ。今回のサウンドトゥルーもですが、2014年のスプリンターズS(GI)を制したスノードラゴン(2008.4.6)もそうですね。外国人騎手への乗り替わりが日常茶飯事の昨今、「このウマと言えばこの騎手」という印象を持てる、数少ない例のように思います。また、今回のチャンピオンズカップ勝利により、大野騎手はキャリアハイとなるJRA年間49勝目を挙げられました。三十路に入られた今年2016年、地道に粘り強く精進を続けられている結果が、出ている感があります。

サウンドトゥルーが次に向かうのは、恐らく、連覇を狙う東京大賞典でしょう。日本の国際GIにおける年末の締めは、有馬記念(GI)ではありません。2016年12月29日木曜日に行われる大井ダート2000mの一戦、また再び繰り広げられるであろう熱戦を楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。