第161回ディアナ賞(独GI)の勝ち馬-Diamanta(2016.3.14)-

Result

Diamanta(ディアマンタ) 牝 黒鹿毛 2016.3.14生 独国・Gestüt Brümmerhof生産 馬主・Gestüt Brümmerhof 独国・Markus Klug厩舎

Diamanta(2016.3.14)の4代血統表
Maxios
鹿毛 2008.4.5
種付け時活性値:1.75
Monsun
黒鹿毛 1990.3.4
Konigsstuhl
黒鹿毛 1976.5.17
Dschingis Khan 1961
Konigskronung 1965
Mosella
鹿毛 1985.3.25
Surumu 1974.2.26
Monasia 1979
Moonlight’s Box
鹿毛 1996.2.2
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Coup de Genie
鹿毛 1991.5.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Diamantgottin
鹿毛 2005.2.26
仔受胎時活性値:0.50

ファンタスティックライト
鹿毛 1996.2.13
種付け時活性値:0.00
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
Jood
鹿毛 1989.4.17
Nijinsky 1967.2.21
Kamar 1976.5.13
Dunnellon
鹿毛 1990.2.27
仔受胎時活性値:1.50
Shareef Dancer
鹿毛 1980.3.3
種付け時活性値:0.25
Northern Dancer 1961.5.27
Sweet Alliance 1974.5.14
Dunoof
芦毛 1983.5.8
仔受胎時活性値:1.50
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:1.75
Sunbittern
芦毛 1970
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×4×5、Halo5×5>

Diamanta(2016.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Maxios
(Bahram系)
ファンタスティックライト
(Blushing Groom系)
Shareef Dancer
(Northern Dancer系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Maxios 4.50 母が独GIII2着馬
(No. 9-e)
5番仔
(2連産目)

*

2019年の第161回ディアナ賞(独GI。デュッセルドルフ芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Diamanta 牝3 58 Maxim Pecheur 2:15.78 Markus Klug 11
2 2 Naida 牝3 58 Bauyrzhan Murzabayev 1 3/4 Yasmin Almenrader 7
3 10 Durance 牝3 58 Andrasch Starke 短アタマ P Schiergen 1
4 11 Satomi 牝3 58 Rene Piechulek ハナ Markus Klug 8
5 7 Akribie 牝3 58 Adrie de Vries 1 1/4 Markus Klug 3

2019年の第161回ディアナ賞。北半球の主要国における、英オークス(GI)を範とした3歳牝馬限定のクラシックレースの掉尾を飾るのは、ディアナ賞。2019年の第161回は、発馬直後に日本でもおなじみのフィリップ・ミナリク騎手を乗せたIsmene(2016.4.7)が落馬競走中止となった波乱の一戦。波乱は最後まで続き、Ismeneは空馬のまま走り続け、13頭の中では真っ先に決勝点を駆け抜けました。芝2200mのGIレースによる空馬の先頭ゴールといえば、やはり、2008年の第33回エリザベス女王杯(GI)のポルトフィーノ(2005.3.14)を思い出します。

閑話休題。2019年の第161回ディアナ賞において、騎手をその背に乗せた12頭の争いを制したのは、戦前11番人気を跳ね返したDiamanta。最内枠から終始ラチ沿いの3~4番手を進み、直線では真ん中内側をしっかりと抜け出しました。Diamanta、その馬名は恐らくダイヤモンドを意味すると思うのですが、夏の大一番で見事な輝きを見せました。殊勲を遂げた鞍上のマキシム・ペシュール騎手、管理されるマルクス・クルーク調教師は共にディアナ賞初制覇。Danedream(2008.5.7)の生産牧場としても知られるオーナーブリーダーのブリュンマーホフ牧場も、私が調べた限りではディアナ賞初勝利でした。皆様、おめでとうございました。

さて、Diamantaの最優性先祖と判断した父Maxiosは、現役時代に8勝を挙げ、その主な勝ち鞍にムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GI)、イスパーン賞(仏GI)、アルクール賞(仏GII)、ラクープ・ド・メゾンラフィット(仏GIII)、トーマスブライアン賞(仏GIII)と仏国のグループレース5勝がある活躍馬でした。Maxiosは母がMoonlight’s Boxということで、日本にも縁のある血です。Maxiosの半兄が、凱旋門賞(仏GI)馬にして輸入種牡馬のバゴ(2001.2.3)ですね。DiamantaはMaxiosの2年度産駒であり、初めてのグループレース勝ち馬となりました。

では、以下にDiamantaのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Dunoof 1983.5.8 1勝
|Dunnellon 1990.2.27 4勝
||Diamantgottin 2005.2.26 1勝 ヴィンターケーニギン賞(独GIII)2着
|||Diamanta 2016.3.14 (本馬) ディアナ賞(独GI)
||Delsun 2001.4.30 1勝 ドクトルブッシュ記念(独GIII)3着
|Dundel 1994.4.29 1勝
||Charlotte O Fraise 2004.1.15 2勝 カルヴァドス賞(仏GIII)
||Luck Money 2005.2.15 3勝 コヴェントリーS(英GII)3着
|Seltitude 1996.2.5 3勝 セーネワーズ賞(仏GIII)ほか

Diamantaの牝系は9号族e分枝系。上図には示していませんが、Diamantaの半兄Diamant(2010.4.7)は諾国(ノルウェー)と瑞国(スウェーデン)で7勝を挙げ、スカンジナビア最優秀2歳牡馬に選出されています。渋い。

また、Diamantaの曾祖母であるDunoofは「父Shirley Heights×母Sunbittern」よりHigh Hawk(1980.3.17)の全妹です。High Hawkは6勝を挙げ、その主な勝ち鞍にローマ賞(伊GI)、リブルスデイルS(英GII)、パークヒルS(英GII)、ロワイヤリュー賞(仏GIII)と欧州グループレース4勝があり、1983年の第3回ジャパンカップにも出走して1番人気に推されたことでも知られています。そんなHigh Hawkは世代を重ねる時に真価を見せ、

  1. In the Wings(1986.1.17)
    →ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、サンクルー大賞(仏GI)、コロネーションC(英GI)、フォワ賞(仏GIII)、プランスドランジュ賞(仏GIII)ほか
  2. ハンティングホーク(1990.4.17)
    →グレフュール賞(仏GII)ほか。輸入種牡馬としてGII2勝のホットシークレット(1996.5.14)を輩出
  3. Hawker’s News(1991.4.27)
    →リングフィールドダービートライアルS(英GIII)
  4. Morozov(1999.3.9)
    →ユベール・ド・ショードネイ賞(仏GII)、バルブヴィル賞(仏GIII)、リス賞(仏GIII)ほか

と4頭のGレース勝ち馬を送りました。上記4頭はいずれも父Sadler’s Wells(1981.4.11)の全兄弟です。この全兄弟4頭において最年長で競走成績も筆頭であるIn the Wingsは、1996年の第16回ジャパンカップ(GI)を制したSingspiel(1992.2.25)の父としても知られています。シェイク・モハメド、High Hawkでジャパンカップを破れた借りを、その血が流れる孫で、13年の星霜を経て返したというところでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。