第159回天皇賞・春(GI)の勝ち馬-フィエールマン(2015.1.20)+α-

Result

フィエールマン 牡 鹿毛 2015.1.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・手塚貴久厩舎

フィエールマン(2015.1.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
リュヌドール
黒鹿毛 2001.4.22
仔受胎時活性値:1.25
Green Tune
栗毛 1991.5.5
種付け時活性値:0.25
▲Green Dancer
鹿毛 1972.4.14
Nijinsky 1967.2.21
Green Valley 1967
Soundings
鹿毛 1983.4.27
Mr. Prospector 1970.1.28
Ocean’s Answer 1976.4.12
Luth D’Or
黒鹿毛 1983.2.28
仔受胎時活性値:0.25
Noir Et Or
鹿毛 1975.5.6
種付け時活性値:1.75
ラインゴールド 1969.5.11
Pomme Rose 1968.4.5
Viole d’Amour
鹿毛 1972.3.28
仔受胎時活性値:0.50
Luthier
黒鹿毛 1965.3.22
種付け時活性値:1.50
Mandolinette
鹿毛 1963.5.22
仔受胎時活性値:2.00

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

フィエールマン(2015.1.20)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
Green Tune
(Nijinsky系)
Noir Et Or
(Princely Gift系)
Luthier
(Clarion系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
Noir Et Or4.00母が伊GI馬
(No. 20-d)
8番仔?
(2連産目)

*

2019年の第159回天皇賞・春(GI。京都芝3200m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
110フィエールマン牡458C.ルメール3:15.07-5-4-134.5480
[0]
手塚 貴久1
27グローリーヴェイズ牡458戸崎 圭太3:15.0クビ9-8-7-234.4456
[+2]
尾関 知人6
38パフォーマプロミス牡758北村 友一3:16.066-5-4-535.2452
[-8]
藤原 英昭8
42エタリオウ牡458M.デムーロ3:16.0クビ13-13-9-535.2472
[+6]
友道 康夫2
59ユーキャンスマイル牡458岩田 康誠3:16.5311-11-11-735.5492
[+8]
友道 康夫3

2019年の第159回天皇賞・春。平成最後のJRAGIを締めたのは、強力世代である2015年生まれ世代の菊花賞(GI)馬、フィエールマン。1番人気に応えたフィエールマンは、史上最少キャリアの4戦目で制した第79回菊花賞に続いて、天皇賞・春史上最少キャリアとなる6戦目での勝利を収めました。そしてまた、フィエールマンの天皇賞・春優勝により、種牡馬ディープインパクトは八大競走完全制覇、鞍上のクリストフ・ルメール騎手も八大競走完全制覇となりました。ディープインパクト産駒は天皇賞・春をなかなか勝てませんでしたが、平成最後の天皇賞・春において、1着フィエールマン、2着グローリーヴェイズ(2015.3.2)によるワンツーフィニッシュで締め括りました。

2019年4月のJRAGIは、結局ルメール騎手が1番人気で3連勝を遂げた訳ですが、その相棒はいずれも出走間隔を開けた馬たちでした。

  1. 第79回桜花賞(GI)
    グランアレグリア(2016.1.24)は、2018年末の朝日杯フューチュリティS(GI)3着から中111日
  2. 第79回皐月賞(GI)
    サートゥルナーリア(2016.3.21)は、2018年末のホープフルS(GI)1着から中106日
  3. 第159回天皇賞・春(GI)
    →フィエールマンは、2019年1月のAJCC(GII)2着から中98日

まま、とどのつまりは「ノーザンファーム生産馬+ノーザンファームの外厩施設+ルメール騎手」の組み合わせということになりますけれど。そしてまた、今回の天皇賞・春で2着だったグローリーヴェイズも、1月の日経新春杯(GII)1着から中104日。同馬はレイクヴィラファームの生産馬ですが、外厩はノーザンファーム天栄を使用している模様。むぅ、結局は、ですか^^;

*

グローリーヴェイズについて「レイクヴィラファームの生産馬」と書いて、昭和から平成の天皇賞と言えば、やはりメジロ牧場の生産馬であったことを思うところです。

グローリーヴェイズ 牡 黒鹿毛 2015.3.2生 洞爺湖・レイクヴィラファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・尾関知人厩舎

グローリーヴェイズ(2015.3.2)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.00
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
メジロツボネ
芦毛 2008.2.8
仔受胎時活性値:1.50
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997.2.6
種付け時活性値:0.50
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
フォーティナイナー 1985.5.11
Broom Dance 1979.4.10
Sheer Ice
芦毛 1982.5.26
Cutlass 1970.4.26
Hey Dolly A. 1974.3.2
メジロルバート
鹿毛 2003.4.21
仔受胎時活性値:1.00
メジロライアン
鹿毛 1987.4.11
種付け時活性値:1.75
アンバーシヤダイ 1977.3.10
メジロチエイサー 1977.3.2
メジロラモーヌ
青鹿毛 1983.4.9
仔受胎時活性値:0.75
モガミ
青鹿毛 1976.5.18
種付け時活性値:1.50
メジロヒリユウ
鹿毛 1972.5.9
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×5>

グローリーヴェイズ(2015.3.2)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
ディープインパクト
(Halo系)
スウェプトオーヴァーボード
(Mr. Prospector系)
メジロライアン
(Northern Dancer系)
モガミ
(Lyphard系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
メジロライアン3.75曾祖母が3冠牝馬
(No. 9-f アマゾンウオリアー系)
初仔

*

フィエールマンの前走AJCC、グローリーヴェイズの今回の鞍上である戸崎圭太騎手を見れば、先日志半ばに逝ってしまったシャケトラ(2013.3.17)を想ってしまいます。不思議な感慨にとらわれた天皇賞・春でしたが、堂々と1番人気で天皇賞・春を制したフィエールマンは、今秋には第98回凱旋門賞(仏GI)の遠征も計画に上がっているそうな。フィエールマン、気高く、勇ましく戦う彼の未来に、どうぞ幸多からんことを。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

マイシンザン
マイシンザン

八大競走完全制覇を遂げた種牡馬は、ヒンドスタン(1946)ひいじいちゃん、パーソロン(1960)じいちゃん、サンデーサイレンスさんに続いて、ディープインパクトが4頭目。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

八大競走完全制覇を遂げた騎手は、保田隆芳さん、武豊騎手に続いて、ルメール騎手が3人目。

マイシンザン
マイシンザン

馬も人も、どちらもスゴイな。