第157回オーストラリアンダービー(GI)の勝ち馬+α

Pedigree

Levendi 牡 鹿毛 2014.9.8生 豪州・R Anderson生産 馬主・E Gelagotis, B M & W Racing Et Al 豪州・Peter Gelagotis厩舎

Levendi(2014.9.8)の4代血統表
Pierro(AUS)
鹿毛 2009.10.5
種付け時活性値:1.00
Lonhro
黒鹿毛 1998.12.10
Octagonal
黒鹿毛 1992.10.8
Zabeel 1986.10.25
Eight Carat 1975.3.7
Shadea
黒鹿毛 1988.10.1
Straight Strike 1977.2.23
Concia 1978.9.18
Miss Right Note
芦毛 2003.4.24
Daylami
芦毛 1994.4.20
★Doyoun 1985.3.8
Daltawa 1989.4.23
Sky Song
鹿毛 1997.3.18
Sadler’s Wells 1981.4.11
Criquette 1990.4.7
Lipari(AUS)
鹿毛 2008.10.18
仔受胎時活性値:1.25
Redoute’s Choice(AUS)
鹿毛 1996.8.15
種付け時活性値:0.75
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Shantha’s Choice
鹿毛 1992.10.28
Canny Lad 1987.9.1
Dancing Show 1983.3.19
Tully Thunder(AUS)
鹿毛 1998.9.7
仔受胎時活性値:0.25
サンダーガルチ(USA)
栗毛 1992.5.23
種付け時活性値:1.375
Gulch 1984.4.16
Line of Thunder 1987.5.27
Fleur de Chine(NZ)
黒鹿毛 1993.11.25
仔受胎時活性値:1.00
Centaine(AUS)
黒鹿毛 1980.9.25
種付け時活性値:1.00
Sellou(NZ)
黒鹿毛 1982
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×5、Northern Dancer5×5>

Levendi(2014.9.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Pierro
(Sir Tristram系)
Redoute’s Choice
(デインヒル系)
サンダーガルチ
(Mr. Prospector系)
Centaine
(My Babu系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サンダーガルチ
(Tully Thunder)
3.00 祖母が豪GI勝ち馬
(No. 4-b)
2番仔?
(2連産目?)

*

2018年の第157回オーストラリアンダービー(GI。ランドウィック芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Levendi 牡3 56.5 Mark Zahra 2:28.73 Peter Gelagotis 3
2 2 Ace High 牡3 56.5 Tye Angland ハナ David Payne 1
3 9 Tangled 牡3 56.5 Michael Walker 5 3/4 Chris Waller 11
4 4 Vin De Dance せん3 56.5 Jason Waddell 1/2 Murray Baker & Andrew Forsman 4
5 10 Main Stage せん3 56.5 Blake Shinn クビ Trent Busuttin & Natalie Young 1

2018年の第157回オーストラリアンダービー。終始先行6番手の位置で良い感じで走っていた1番人気の第163回ヴィクトリアダービー(豪GI)勝ち馬Ace High(2014.8.31)とタイ・アングランド騎手、ランドウィックの直線410mに入ると、外から堂々と抜け出しました。そのAce Highとアングランド騎手を更に外から追い掛けたのが、道中11番手あたりから虎視眈々だったLevendiとマーク・ザーラ騎手。残り200mを切ってからは2頭の一騎討ちとなり、激しいつば競り合いが最後の最後まで続き、決勝点でもどちらが先着しているのか全く分からず。……そうして、軍配は、僅かに外のLevendiとザーラ騎手に上がりました。Levendiは、昨年2017年の第156回を制したJon Snow(2013.9.21)と同様、前走タロックS(豪GII)から日本で言うところの「連闘」でのオーストラリアンダービー制覇。また、鞍上のザーラ騎手、管理されるピーター・ゲラゴティス調教師共にオーストラリアンダービー初勝利と相成りました。それぞれにおめでとうございました。

*

近年は日本からダウンアンダーへの血統縦断が頻繁になされており、日本から豪州に渡ったトーセンスターダム(2011.3.14)が第149回エミレーツS(豪GI)、第137回トゥーラックH(豪GI)のGI2勝を手土産として、豪州のウッドサイドパークスタッドで種牡馬入りします。Levendiの血統表を見ても、デインヒル、サンダーガルチと日本で供用されたことのあるカタカナ表記の種牡馬の姿も見えます。今回のオーストラリアンダービーの上位勢は日本ゆかりの種牡馬の血を持つ馬も多く、

  • Ace High(2014.8.31)
    →祖母父がサンデーサイレンス(1986.3.25)
  • Tangled(2014.10.9)
    →父がスニッツェル(2002.8.24)、母父がシンコウキング(1991.4.24)。母Bramble Rose(1999.11.17)は第35回ニュージーランドオークス(GI)の勝ち馬
  • Vin De Dance(2014.9.13)
    →父がロックドゥカンブ(2003.9.29)。第143回ニュージーランドダービー(GI)の勝ち馬

と、カタカナ馬名が並びます。

という訳で、勢い余って、今回のオーストラリアンダービーで2着だった、ヴィクトリアダービーの勝ち馬Ace Highの4代血統表もご紹介しておきます。

Ace High 牡 青鹿毛 2014.8.31生 豪州・Bruce Reid Racing生産 馬主・Summertime Thoroughbreds Syndicate 豪州・David Payne厩舎

Ace High(2014.8.31)の4代血統表
High Chaparral(IRE)
鹿毛 1999.3.1
種付け時活性値:1.625
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Kasora
鹿毛 1993.4.17
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Kozana
黒鹿毛 1982.2.27
Kris 1976.3.23
Koblenza 1966.2.9
Come Sunday(AUS)
鹿毛 2006.9.23
仔受胎時活性値:1.75
Redoute’s Choice(AUS)
鹿毛 1996.8.15
種付け時活性値:0.25
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.212
Razyana 1981.4.18
Shantha’s Choice
鹿毛 1992.10.28
Canny Lad 1987.9.1
Dancing Show 1983.3.19
Sunday Service(AUS)
黒鹿毛 1999.8.22
仔受胎時活性値:1.50
サンデーサイレンス(USA)
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.125
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
レディズデライト(SAF)
鹿毛 1992.8.16
仔受胎時活性値:1.50
Local Talent(USA)
鹿毛 1986.5.9
種付け時活性値:1.375
You’re My Lady(USA)
鹿毛 1980.4.19
仔受胎時活性値:0.875

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer3×5×5、Hail to Reason5×5、Spring Adieu(♀)5×5>

Ace High(2014.8.31)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
High Chaparral
(Sadler’s Wells系)
Redoute’s Choice
(デインヒル系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Local Talent
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
High Chaparral 5.625 デインヒルと同牝系
(No. 2-d)
4番仔?
(4連産目?)

Thoroughbred Horse Pedigree Queryにおけるレディズデライトのページによると、

Raced in South Africa
Sent to Australia in April 1998
Sent to Japan in July 1998
Sent to Australia in November 1998 in foal to SUNDAY SILENCE

ということでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

<参考WEB>