第155回天皇賞・春(GI)の勝ち馬

キタサンブラック 牡 鹿毛 2012.3.10生 日高・ヤナガワ牧場生産 馬主・(有)大野商事 栗東・清水久詞厩舎

キタサンブラック(2012.3.10)の4代血統表
ブラックタイド
黒鹿毛 2001.3.29
種付け時活性値:0.50
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971.4.9
シュガーハート
鹿毛 2005.3.6
仔受胎時活性値:1.50
サクラバクシンオー
鹿毛 1989.4.14
種付け時活性値:1.75
サクラユタカオー
栗毛 1982.4.29
テスコボーイ 1963
アンジェリカ 1970.3.29
サクラハゴロモ
鹿毛 1984.4.13
ノーザンテースト 1971.3.15
クリアアンバー 1967.5.8
オトメゴコロ
栗毛 1990.4.18
仔受胎時活性値:1.50
ジャッジアンジェルーチ
栗毛 1983.2.22
種付け時活性値:1.50
Honest Pleasure 1973.3.28
Victorian Queen 1971.3.24
ティズリー
鹿毛 1981.4.27
仔受胎時活性値:2.00
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.75
Tizna(CHI)
鹿毛 1969
仔受胎時活性値:0.625

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×4、Northern Dancer5×5×5>

キタサンブラック(2012.3.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ブラックタイド
(Halo系)
サクラバクシンオー
(Princely Gift系)
ジャッジアンジェルーチ
(Bold Ruler系)
◆Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
サクラバクシンオー
(スターハイネス)
5.625 4代母はチリ産で米GI3勝
(No.9-g)
3番仔
(2連産目)

*

第155回天皇賞・春(GI)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 上り
3F
馬体重
[前走比]
調教師
1 3キタサンブラック 牡5 58 武豊 3:12.5レコード 35.3 536
[-4]
清水久詞 1
2 6シュヴァルグラン 牡5 58 福永祐一 3:12.7 1 1/4 35.2 468
[-6]
友道康夫 4
3 15サトノダイヤモンド 牡4 58 C.ルメール 3:12.7 クビ 35.0 506
[0]
池江泰寿 2
4 10アドマイヤデウス 牡6 58 岩田康誠 3:12.8 クビ 35.2 490
[+4]
梅田智之 10
5 7アルバート 牡6 58 川田将雅 3:13.3 3 35.3 480
[+2]
堀宣行 6

2017年の第155回天皇賞・春。鹿毛の流星、男前が一筋に駆けて、キタサンブラック。史上4頭目となる天皇賞・春連覇達成、鞍上の武豊騎手は史上初となる同一GI8勝目、そして京都芝3200mの走破時計は圧巻の「3分12秒5」。競馬は時計が全てではありませんが、勝ってきたレースの勝ち時計の遅さを一部で指摘されたキタサンブラック、すべてを沈黙させるスーパーレコード勝ちでした。ホンマに強い。

第155回天皇賞・春(GI)の1F毎のラップタイムとラップの累計タイム
1F毎の
ラップタイム
12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-
11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-
12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-
12.2
ラップの
累計タイム
12.9-24.4-35.6-46.9-58.3-
1:9.9-1:21.5-1:34.5-1:47.0-1:59.7-
2:12.3-2:24.8-2:37.0-2:48.6-3:0.3-
3:12.5

1000m通過が58秒3、2000m通過が2分を切る1分59秒7、3000m通過が現行の日本レコードを上回る3分0秒3、そして3分12秒5でのフィニッシュ。あまりに速過ぎる勝ち時計は、その後が心配になります。無事に戦い終えた17頭、今はただただ激戦の疲れを癒やして欲しいと願います。

そうして、キタサンブラック。真の現役最強馬として、2017年の「これから」を楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。